【JB】 ジャズベースはなぜ良いのかを考える

ジャズベースについて 目次

 

 

PU位置が良い

 

これがとにかく重要なポイントでしょう。

好みの違いはあれど、使えない音というのはほぼ存在しない印象。

フロントでもリアでもミックスしても「使える音」が確実に出てくれます。

 

このあたりやはり、『レオ・フェンダー』って人の凄さを感じるところですね。

2PUのミックスというのは非常に厄介なわけです。

下手すればどのポジションもグズグズになる可能性もある中、「全部使える」ってのが見事。

 

リアPUにしても、カリカリに痩せ細ってたりピーキーで使い物にならないとかそういうことがない。

それが気になるようならトーンを絞って調整すればいいし、甘い音も繊細な音も自在。

 

フロントについても、超ブーミーでボワボワなんてことにはなりません。

ミックス前提でもあり単体でも使えるという、このバランスが本当に素晴らしい。

 

このPU位置が好きになってしまうとなかなか他に手が出なくなりますね。

もう弾くまでもなくPUの位置を見ただけで自分に合わないことが分かるようになるかもしれません。

 

ボディがでかい

 

ソリッドボディでフェンダー系を遥かに超える大きさとか、恐らくほとんど存在していないはず。

あってもボディは高確率で薄くしてあると予想します。

 

やっぱり、ラージサイズのボディの鳴り方とサウンドって良いんですよね。

余裕があると言うか、ふくよかと言うか、変にブーストするような必要を感じない。

弾きこめば弾きこむほど、またさらに良い音になっていくのも醍醐味。

 

で、ラージと言っても、その大きさ具合が実に絶妙。

小型にするほど楽かと思いきや、意外とそうでもない。

しっかり体を預けられる意味では、ラージの方がむしろ安定したりもするから奥が深い。

 

後、プレベとはまたちょっとシェイプが違うのもポイントなのかな?

あの非対称シェイプが独特の弾き心地と鳴りを生んでいるのかもしれません。

  

問答無用で「美味しい」って感じ。

 

ヘッドが長い・重い

 

過剰な共振やデッドポイントの原因にもなったり、設計が難しいのがヘッドという部分。

完璧なバランスを求めるのであれば、フェンダースタイルは正直、欠点も多いものだと思います。

 

ただ、その欠点がまた何とも「味わい」をもたらしている気がするから困ってしまう。

良い感じに減衰すると言うか、絶妙にふくよかになると言うか、そんな面が絶対にある。

 

片側だけにペグがある、1弦側がやたら長くなる。

そんなの本当は良いはずがないんだけど、そこも含めて美味しさが生まれてることが考えられます。

 

逆にヘッドがコンパクトな場合、なんとなく淡白になる印象があったり、鳴り方が綺麗にすっきりしちゃう感じがあったりしますよね。ヘッドレスなんかはその究極。

 

ヘッド落ちを防ぐのはもちろん、全体の鳴りのバランスを取る意味でも、ヘッドが大きく重いことが不利になりそうなのは間違いありません。

 

でも、そこが絶妙に絡み合うからこそ、真似のできない魅力にも成り得るのだから面白い。

 

欠点ではなく「個性」になっちゃうのがずるいですね。

 

【スポンサーリンク】

 

 

コストダウンできる

 

もう『定番』ですからね。

膨大なデータから設備から何から、作る方としても楽なはず。

 

変わった木材を使うとか付加価値があまり求められていない面もあってか、世の中の受容的に超高級にできなそうなのも面白いポイント。

 

変なところに手を出さない分、良心的な工房などであれば材も厳選したり精度を高めたり、まず「優れた楽器」を作ろうとするでしょう。

 

もっと淡白に言うなら「優れた道具」を作ることに集中するのではないかと。

 

実用的でありお買い得でもあるベースを探すとなると、これはやはり、まずはジャズベースから探すのが正解ですよね。

 

実際、自分が通っていた音楽学校の恩師などは、フェンダーのアメスタで普通に仕事をしてました。

それで超ゴン太なサウンド、グルーブを叩き出すからびっくり。

 

20万円前後だったのかな?

特別なことなど何もないベースでしたが、でもそれでもう十分なんですね。

 

あれで完全ハンドメイドだの超限定仕様だの、そういうおかしな方向に進んでいった場合、すぐ倍の値段とかになっちゃうから困ります。 

 

「高くするために色々する」

 

これは駄目ですね。

 

もしも『超高級ジャズベース』なんてものがあったとしたら、普通に疑問を持った方が良いでしょう。

 

「何がそんな高いの?」って。

 

ルックスが良い

 

これは大事ですよね~。

 

「それが全て!」と言ってすら良い気がします。

 

まぁ、それは半分冗談としても、あの完成度はやはり只事ではない。

「機能美の到達点」というものなのかもしれませんよね。

ベースを演奏する上で必要なものが全部そこにある。

 

一つの楽器とジャンルとして完成されすぎていると言うか、それ一本使いこなせたらもう何でもできるであろう、そんなポテンシャルが詰まってるから凄い。

 

そしてそれが『ルックス』としても表れているのだと感じます。

 

その音と一緒に生きてきちゃってる

 

世の中の大勢の人が、

 

「これは良い音だ!」

 

と認めちゃってる事実には逆らいようがありません。

問答無用でそういう歴史がもう出来上がっちゃってますよね。

 

どんなに「ジャズベは嫌いだ!」と言っても、「ジャズベが使われている音楽」というのを普通に聴いているはずですし、もっと言えば、それを知らずとも勝手に耳に入ってしまっているはず。

 

『人類規模』

 

で認められている楽器と言っても過言じゃないかもしれません。

 

エレクトリック楽器を使用している音楽を聴いている人。

しかし、ジャズベが使われているものに一度たりとも触れたことがない、耳に入れたことがない。

そんなことはほぼ絶対的に有り得ないんじゃないかと想像します。

 

人間のために突然変異的に現れた楽器、具現化した存在。

 

それが『ジャズベース』

 

元アンチフェンダーだった人間としては悔しい限り。

弾きたくないけど認めるしかない素晴らしい楽器ですね。