スラップベース サムピングの研究 コツを考える

サムピング研究 目次

 

 

打音と弦振動

 

スラップと言うと基本動作は「弦を叩くこと」になるでしょう。

弦を撫でるようにぬるっと弾いてもスラップらしくはなりません。

 

一方、音程をしっかり出すためにはやはり、弦を振動させなければいけないわけです。

どんなに強く叩きつけたところで、指が弦にくっつきっぱなしでは実音は出ない。

 

そう考えると「ガチッ!」と鳴る部分と「ブン!」と鳴る部分は実は別物であり、それを一瞬と言うか同時に出すための奏法がスラップだと考えることもできるのかもしれません

 

演奏方法・表現方法として自然にやってるのであまり実感がないですが、異なる二つの音がひとかたまりになって聴こえるという、それぐらい超高速な処理を実はやってることになるではないかと。

 

言葉だけだといまいち伝わりにくい気がするので、試しに極端目に弾いた実験動画を撮ってみました。

 

今持ってるカメラでは変にリミッターがかかることに加えて低い部分は拾わない為、ちょっと不本意な内容になってはいますが、それでも言ってることは分かりやすくなるはず。

 

弾いている順番は今回の見出しと同様になります。

【振り抜き型サム→押し込み型サム→ホットサム→ファンクフィンガー】

www.youtube.com

 

これを考えると、打音を出してからの処理が遅くなってしまうほど、弦は振動しなくなるものだと想像します。

 

そして当然、音のキレも悪く音程感もなくなってしまうことが予想される。

 

いくら強力な打音が出せてもバンドの中ではいまいち存在感がない、ボトムがないから軽くなる、ドラムに食われてしまうか邪魔になる、そんなことが起きる可能性が高くなってしまいそうです。

 

振り抜き型サム

 

動画の最初のパターンでやっているのがこれ。

叩いた後、そのまま弦を押し込むなり親指を通過させて鳴らす方法ですね。

 

打音の強さはほどほどに弦を振動させるようにする場合、このタイプのサムが活躍するのではないかと思います。

ただ叩くだけではないパーカッシブなだけではない、メロディックなアプローチもやりやすいはず。

 

ただその分、歯切れよく弾くのが意外と難しい面があるのかもしれません。

前述の通り、打音と実音のバランスを考えたり、高速に同時に鳴らすようにしないと「ガツ!」「ブン!」が分離してしまうことになる。

 

細かいテクニックやスピードばかりを意識してると音も軽くなりがちだし、電気的な味付けと加工が過剰にもなりやすい。

 

アップダウンも使用するならなおさら、音がひとつの塊となって出ないといけません。

叩くことばかりに気を取られてしまうとなかなかスラップは上手くいかないから奥が深い。

 

このあたりのコントロールについては、以前にも話したレフトハンドミュートの活躍も期待できますし、実際、スラップの達人は握り込むフォームの使い方が上手い印象があります。

 

楽器本体のブレを押さえることでより強力な打撃を叩き込む意味もあるのだと想像しますが、不要な音のミュートや歯切れの良さを出すためのコントロールがやっぱり大事ですよね。

 

スラップで良い音を出したいのであれば、不要なブレや弦振動の暴れを押さえる強力な左手も必要だと考えるべきでしょう。

 

押し込み型サム

 

弦を垂直に押し込み、そのまま真上に戻すようなサムピング。

強烈な打音+縦振動による重低音を得られる為、キレ良くかつガツン!と弾くには最高なんじゃないかと。

 

ミュートしたサウンドでも重い音がバンバン前に出てきますね。 

分かりやすく言うとバスドラみたいな感じ。

動画じゃぜんぜん聴こえませんが、実際はスピーカーがやばいってぐらいに低い音が出ています。

 

しかし、一瞬で弦を押し込むのだけでも難しいところ、そこからがまた難関。

弦が元の位置に戻ろうとするスピードよりも速く、一瞬で指が弦から離れなければいけないという。

 

弦をおそるおそる軽く叩くだけじゃろくな音にはならないし、強く叩いても深く押し込んでも、そこから指がモタモタと弦に張り付いてるんじゃ音にならない。

 

弦を押し込むのと指が離れるのとを超高速に同時にやる、それがこのサムピングのポイントでしょうか。

そういう意味では叩くスピードもさることながら、離すスピードと引くスピードが問われてくるとも言えそうですね。

 

奏法として発展させるならば、打音はほどほどに弦を瞬間的に押し込み、そして一瞬で戻して重低音を得るという方法もできるのかもしれません。

 

ただ、小さな音で重い音・迫力のある充実した音を出すのは本当に難しい。

あまり深く考えるよりもイメージとサウンド先行でやった方が良い気がします。

 

【スポンサーリンク】

 

 

ホットサム

 

親指を弦とを平行にするような形ではなく、親指を下に向け弦と十字になるようなフォームで叩く方法。

たとえば、レッド・ホット・チリ・ペッパーズのフリーなんかがこのスタイルを用いる代表格ではないかと。

 

正式名称とかは知りませんが、レッチリから取ってこの場ではとりあえず、「ホットサム」と呼ぶことにしようかと思います。

 

このホットサム、ストラップの位置が低い人などがスラップをやろうとするなら、必須のテクニックとフォームになるはず。

楽器を構える高さによっては振り抜き型のサムが物理的に不可能になってくる為、こちらの方がむしろ自然な奏法になるとも言えそう。

 

そして、親指を振り抜くことができないとなると、必然的に押し込み型のサムと同じタイプの振動方法になるのではないかと想像。

 

親指を弦にぶつけて高速で押し込みそのまま戻すという、非常にパワフルでガツン!と来るスラップスタイルをつくりやすい。

また、このスタイルの場合、サムだけでなくプルの方もパーカッシブで独特のサウンドになる印象。

 

腕を「ぐっ!」と構えず、脱力したフォームのままスラップしやすい点も魅力かなと。

 

3弦~1弦を叩くのにはコツが必要そうな為、オールラウンドという形にするのは難しそうですが、ロックを感じさせるようなガッツと熱さが自然と出る奏法ですね。

 

ファンクフィンガー

 

勝手に適当につくった言葉。前述の動画の最後にやったのがこれです。

人差し指で叩いていますが、まぁ、「もう音が出りゃ何でもいいじゃん!」ってことで。

 

これも押し込み型と同じく、弦を垂直に押し込んで一瞬で戻すというタイプ。

要するに、ちゃんとアタックを出して弦も振動するようにすれば、それらしいサウンドになるんですよね。

試行錯誤すれば振り抜き型のようなタイプにすることも可能だと思います。

 

『スラップ』と一言でまとめてしまうと、一種類の奏法や一種類のタッチに限定しがちになるんじゃないかと想像。 

 

でも、それも結局、弦をどうやって扱うかというのが問題なわけで、タッチコントロールのひとつだと認識すれば、「特殊な弾き方」とか「派手な人専用」みたいに考える必要もなくなってくるはずです。

 

「才能のない自分にはできない弾き方だ・・」とか思う必要も考える必要もない。

 

スラップサウンドが好きだったり強い憧れががあるならば、まずはいろいろ試してみるのが一番でしょう。

 

世の中には右利き用の弦の張り方のまま、レフティスタイルで親指を使わずにスラップする人なんかもいたりしますし、 諦める必要なんかありません。

 

言葉にするよりこの動画を見た方が早い!

「何でもいいからとりあえず叩いて音出してみろ!」って感じです。

www.youtube.com

 

 スラップと言ってもこのブログでやること考えることは同じですね。

 

「いかに弦を振動させるか?」

 

指弾きでもピックでも一緒。

ベースは弦楽器なんですから弦をどう扱うかが勝負。

 

振り抜き型と押し込み型をアルアイレとかアポヤンドみたいに考えたり分類しても面白いし、全部まとめて「ファンクフィンガー!」とかって感じに済ますのも有りかもしれません。