ベースと左手 (16) レフトハンドミュートについて考える

超おすすめのテクニック

 

何か正式名称があるのかどうかは知りませんが、とりあえず言葉として分かりやすいのとロマサガが好きな為、このブログではこの名前を使います。

 

このレフトハンドミュート。

先日から話を続けている手を閉じるフィンガリング、その極致と言えるかもしれません。

 

大袈裟ではなく2フレット4フィンガーという感じの運指になると言うか、それよりさらにシンプルにメインで使うのは人差し指だけと考えることができます。

 

具体的にどうやるか解説しますと、

 

・まず音程を決めてそこを人差し指で抑える

・そして他の指を弦にかぶせるようにして弾く

 

これだけです。

 

人差し指はほぼいつも通り押さえ、中・薬・小指で弦振動を抑制します。 

ブリッジ付近の位置で右手の側面を弦に当ててミュートして弾く方法、要はあれを左手側でやろうと言うことですね。

 

もしくは左手をスポンジやクッションの代わりにするみたいな?

 

「え?それの何が良いの?非効率じゃね?」

 

なんて思いそうなところですが、音質はもちろん、立ち上がりとサスティーンをより繊細に緻密にコントロールするのであれば、このテクニックはマジで超絶役に立つ奏法に化ける。

 

また、弦の暴れを抑えられる分、太い音の実現にも貢献してくれる印象。

 

たとえばこのウィル・リーの映像。

左手が忙しそうに動いているのが分かるはず。

一見は非効率にしか見えないやり方だけど、あえてそう弾くことには意味があるわけですね。

 

www.youtube.com

 

左手のタッチコントロール

 

「強力なタッチ」と言うと、どうしても右手の方に意識がいってしまいがちです。

実際、右手でコントロールした方が分かりやすい変化も得られる。

 

一方、音程や長さの選択権というのは左手の方に大きく委ねられているもの。

 

どんなに力強く立ち上がりの良いタッチで弾いたところで、左手の歯切れが悪かったりスタッカートが表現できないのでは、思ったようなキレやグルーブを手に入れることは難しい。

 

左手のコントロールが甘い場合、想像以上に深刻な影響があるものだと自分は考えるところ。

 

他の楽器で例えるならば、

 

「タアァーーーァァァン」とスネアが鳴り響きっぱなし。

バスドラが「ドゥゥウウウン」と響きっぱなし。

 

そんなドラムをイメージしてみれば良いのではないかと思います。

 

単純な言葉の響きとしても「スタッタッタッ!」というのに対し、「ぶべぇ~べ~べ~~・・」ではまぁ、どちらの方がキレ良く感じるかなんて言うまでもないでしょう。

 

未来永劫、後者の方がキレ良くかっこいい響きに聴こえることはないはず。

 

自分のベースサウンドとグルーブを前者にするか後者にするか?

それをより強く具体的に意識するにも実現するにも、レフトハンドミュートは重要なテクニックとして役立ちます。

 

【スポンサーリンク】

 

 

ファンクでもメタルでも使える

 

『タワー・オブ・パワー』『ロッコ・プレスティア』に代表されるように、ファンクの世界でこのミュートクニックを使用する人は多いんじゃないかと想像。

 

前述のウィル・リーはもちろん、先日のチャック・レイニーなども使用しているはずですし、やはり、それだけ音の立ち上がりを速くしたりリズムにキレを出すことが求められる音楽と言えるでしょう。

 

そして、その効果を考えればこのレフトハンドミュート、ロックでの活躍も期待できるしメタルの刻みなんかでもそれは同様。

 

実際、力強い刻みや高速な刻みが求められる場合、自分だったら左手のミュート具合でも立ち上がりや音のキレをコントロールするようにしています。

 

当然、そういった要素は右手の方にも求められますが、問題は指弾きがメインということなんですよね。

ピックだったら前述のようにブリッジミュートが使えるんだけど、指でそれをやるというのはかなり困難な話。

 

しかし、音のキレも長さも何も考えずに単純に弾いてしまうと、これまた前述の鬱陶しいドラムのような刻みになりかねない為、そこが難しい。

 

と、そこでやはり、レフトハンドミュートが活躍してくれるわけです。

 

指弾きでも高速な立ち上がりでタイトに弾ける、ピックにおいても弾く位置をブリッジ付近にだけ限定する必要がなくなる。

 

つまりはサウンドにもプレイにもより幅を出せるようにもなるし、シンプルな刻みでも驚くほどバリエーション豊かにすることが可能になる。

 

指を開くフィンガリングだけに限定する必要はないという好例ですね。

地味な様だけど効果絶大、立派な表現方法と言えるでしょう。

 

あまりミュートを強くしてしまうとモコモコな感じだったり、「ぽすん・・」という響きになってしまう為、その美味しい加減を見つけることが難しくもありますが、取り組む価値が絶対にあるテクニックだと確信する次第。