ピックで太い音を出す方法 ベースのピッキングについて考える

指弾きと同じ

 

サウンドとスタイルの好みは別としても考えるべきことは同じでしょう。

 

「弦をどう振動させるか?」

 

結局はこれになる。

 

音が細いなら弦が振動していない、そもそ楽器本体が鳴ってない、まずそこから疑った方がいい。

 

ギター的手法を取ったり、電気的な強化を目指したり、それも一つの正解なのかもしれませんが、まぁ正直、もうちょいベースを愛してあげてほしいところ。

 

「ピックじゃ太い音は出せない!低い音なんかいらない!」なんて割り切ったり諦めず、もっと根本的に真剣に向き合ってみても良いんじゃないかと。

 

大金をかけずともベースを弾くのがもっともっと面白くなります。

 

強烈な打音=太い音は違和感がある

 

スラップのごとくピック弾きをすることで、太く大きな音、迫力を出そうとするやり方もあるこの世の中。

 

実際、ゴリゴリしたサウンドを出したり、ドライブさせるには非常に効果的な弾き方であり、インパクトのあるスタイルにもなるはず。

 

ただ、自分の好みと認識の問題から言うと疑問な点もあります。

それだとちょっと、サウンドとしては限定的なものになってしまうように感じたり。

 

そのアタックとサウンドが好きであり、自分にとってメインの奏法でもあるのなら、それは何の間違いでもない。

しかし、「太い音を出したい!」と意識しての弾き方だとしたら、少々問題な気もするところ。

 

力強い打音を加えたサウンドが格好いいのも確かですが、それとはまた違う他のやり方を模索してみるのも良いんじゃないかと思います。

 

その方が「ピック=ロック!」みたいなイメージからも解放され、スタイルに幅が生まれることも期待できるし、ベースにおけるソフトなピック弾きの可能性なども発見できるかもしれません。

 

弦を鳴らすための準備をする

 

ピックで弾く場合、振りかぶったり遠心力をつけて弦にぶつけようとしたり、どうしても弦をはじこうと意識しがちなものです。

 

または、最小の動きでタイトに均一に弾こうとして、こする一歩手前ぐらいかの弾き方にもなりがち。

 

しかしそれでは充実した弦振動を得ることは厳しい印象。

これはピックに限定した話ではなく指弾きにおいてもそうですね。

 

このあたりは『太い音の出し方』の記事の方でも話していますし、やはり、ピックでも指でも考えるべきことは同じだと感じます。

 

※参照記事

【ベース談義】太い音の出し方を考える (3) 指のスタート地点を意識してみる - ポングとベース

 

先日の縦振動のタッチの考察についても同じですが、まずは弦を振動させるための準備をすること、それが大切。

極端な話、ピックを弦に密着させた状態からスタートするのもいいんじゃないかと思います。

 

もちろん、実際の演奏では連続した超高速な処理が求められるので、いちいち溜めをつくってる暇なんかなかったりもするのが現実ですが、でもそこで諦めていては話が先に進まない。

 

華麗な演奏を目指すことはひとまず置いておいて、まずは一音一音ゆっくりと確認しながら弾き、どうやったら音が太くなるのか向き合ってみることをおすすめします。

 

【スポンサーリンク】

 

 

ピックの角度・弦振動の角度を意識する

 

話してるだけではあれなので実験動画を撮ってみました。

分かりやすいようにちょっと極端目にやっています。

 

ピッキングを変化させる順番は以下の通り。

 

【弦をはじくように上斜め方向→弦を押し込むように下方向→ミュートを加えて横方向→ミュートを加えて押し込むように下方向】

 

www.youtube.com

 

初心者にありがちなのが、弦をただはじいてしまう感じ。

しかも弦を持ち上げてしまうような弾き方になっている場合、確実に低音は痩せてしまいますし、音量も落ちてしまいます。

 

楽器本体に圧力がかからなくなる弾き方、 弦がPUから遠くなってしまう弾き方、そう考えれば、音が痩せてしまうのも普通に納得できるんじゃないかと。

 

横を意識して弾く場合、音はちょっと軽くなりますが、もっと倍音の方を際立たせたり、サスティーンを利かせるには良い奏法になると感じるところ。

 

ただ、動画の通り、押し込むことを意識したピッキングとでは、重さも太さも違うものになってしまいます。

 

ミュートを加えて弾いてる時点で、そこまで低音が痩せたり立ち上がりが悪くなるわけではないけれど、「ズン!」と重く響かせたいのであればやはり、弦を押し込むように弾いた方が効果的。

 

最後のグリスなんかにしても、そこで「ズグゥォオオ!」となるか、「ぷお~ん・・」になってしまうか、ピッキングの意識でまったくの別物に。

 

使ったのはミニアンプ。

 

動画で使用したのは重さ1kgで2Wの小さなアンプ。

まぁ言ってみればオモチャですね。

音量を上げるとすぐ歪んだり割れてしまいます。

 

しかしそんなアンプでも弾き方によって音は確実に変わる。

太さも音量もアタックも全くの別物になってしまう。

 

これがどういうことかと言うと、大きなアンプを通したり、PAも含めて増幅した場合、さらにとんでもない差となり、それが音として表れることを意味しているわけですね。

 

ネット上で超圧縮された音源を聴くとか、ヘッドホンの世界だけではいまいち効果が分かりづらいかもしれませんが、想像以上どころの話ではなく、桁外れに違ってくると言っても過言ではない。

 

一方、不思議なもので、小さな音ではすごく良いようでも、大きくすると全然だめなんてこともあるから面白い。

 

嫌味でも説教でもなんでもなく、現実問題、エフェクターやプリアンプ任せで素の鳴りも鳴らし方もしょぼいようだと、そんな状態になりがちです。

 

指弾きだから偉いとか有り得ないし関係ない

 

素でガツン!と来る音を目指すにせよ、電気的に効率よく増幅できる振動を見つけるにせよ、やはり、ピッキングの研究はかかせないでしょう。

 

そして弦楽器である以上、やるべきことは指でもピックでも同じです。

どちらが上も下もありません。

 

スタイルやサウンドの好みとして使い分けをするのは普通に有りですが、まったく別の存在としてあつかい取り組むというのは非効率に思える。

 

ましてや、一方を見下すなんてのは実にばかばかしい話。

 

太い音、重い音、軽い音、繊細な音、ゆったり伸びる音、キレ良く決まる音、指でもピックでも意識することに変わりはない。

 

以下は先日撮った動画ですが、この1フィンガーとかにしたって、ピックで得た感覚が活きてるからこそ、自分なりの感覚で身に付けた奏法になっていると言えます。

 

役に立たない変な壁を作ったり妙な先入観がなければ、何をするにしても応用が利きますね。

 

www.youtube.com

 

ま~ほんと、ベースってのは面白い楽器です。

いくらでも研究できるし、いくらでも遊べます。

 

また何か思いついたら、ピックの記事の方も更新していきたい次第。