1フィンガーについて考える (3) アップストロークの強化のために

横振動を拾うPUを選ぶ

 

前回の通り、アップストロークで縦振動を実現するのはほぼ不可能だろうというのが自分の見解。

 

と言うことは、振動方向に対してシビアなPUを選択した場合、オルタネイト1フィンガーの実用がそれだけ難しくなることも意味しているはず。

 

シングルコイルのジャズベはもちろん、シンプルの極致であるOPBなど、アップストロークで鳴らすのは至難の業です。

 

そもそも、2フィンガーだって良い音を出すのは難しい。

 

1フィンガーを実践する意味でも先人に学ぶ意味でも、一番分かりやすい楽器を選ぶなら、まずはプレベがおすすめ。

 

または磁界の広いハムバッカーを搭載している楽器でも良いですし、アップストロークを活かしたいのであればとにかく、横方向に対する振動を拾ってくれるPUを選択することが重要である印象。

 

コンプを通す

 

これは見解や好みが分かれそうなところですが、通した方が実用的で良い演奏ができるんだったら、べつにそれでもいいんじゃないかと。

 

もちろん、そもそもの音が貧弱だったり、まったく抜けてこない、音像がぐちゃぐちゃに潰れて遠いなんてのは論外ですが、「コンプは誤魔化し!」なんていうイメージだけで拒絶するのもどうかと思うわけです。

 

『エレクトリックベース』なんですから、電気的な力を借りることに対して過剰な抵抗を持つのもちょっと違いますよね。 

 

どうしても足りないところを補ったり、不安な部分の解消を図ったり、そうやってトータルで考えていくのも、奏法・表現方法として成立させるポイントでしょう。

 

逆に言えば、それだけ素の状態での実践が難しいのが、1フィンガーの厳しい現実だと感じる次第。

 

【スポンサーリンク】

 

 

ブーストする

 

これも上記と同様、見解・好みが分かれそうなところ。

内容的にもほとんど同じと言えるかもしれません。

 

ただ、「ブーストする」と一口に言っても、単純に音量やEQを上げろというだけの話ではなく、軽く弾くだけでも十分なサウンドを実現できる状態を目指すことが重要ではないかと考えます。

 

そして、それをコントロールできるタッチを身に付けることも重要ですし、やはり、トータルで作っていくべきものでしょう。

 

ダウンだけやたら強くてアップが貧弱ということでは困るわけですが、その解消を図ったにもかかわらず、奏法も意識もそのままなのでは、まずいことが起きてしまう可能性があるわけです。

 

いくらアップが強化されても、ダウンの方がさらに強く出てしまうようでは意味がない。

それでは結局、アンバランスな状態になんの変わりもないことになってしまう。

 

「電気的に強化された信号をいかに上手く扱うか?」

 

アコースティックな鳴りや側面だけではなく、エレクトリックな要素もしっかり把握、理解、利用してこそですね。

 

PUフェンスを付けてみる

 

「1フィンガー」と言えば、まず思いつくのは『ジェームス・ジェマーソン』

そのプレイもサウンドもユニークの極みであり、フォームについても本当に独特でオリジナル。

 

普通は外してしまうか、スラップがしやすいように付けてあるPUフェンス。

それを1フィンガーに利用してしまうのだから面白い。

 

中・薬・小指をフェンスに乗せて弾くという、このフォームとスタイルが実に興味深いです。

このへんは写真や映像などを見ると分かりやすいはず。

 

親指を弦に乗せたり支点にしても、そこで手首がふらふらしているようだと、それだけで音は細く痩せてしまいがちなものです。

 

ところがこのフォームでは、それが簡単かつ劇的に変わる印象。

これはほんと、自分で実際にやってみるのをおすすめします。

 

真似するだけで縦振動のタッチ的に弦を押しこみやすくなることもありますし、力強いアップストロークを試みても、フォームがぶれにくくなるのが分かるはず。

 

また、アコースティックな面から太い音を得ようとした場合、ネック寄りのポジションで弾くのが有効になりますし、実際にそうしている人も多いかと思います。

 

そのネック寄りで弾くポジションの維持にもフォームの安定にも貢献してくれるのが、PUフェンスを利用したジェマーソンのスタイルですね。

 

加えて、プレベに極太のフラット弦を張り、ブリッジ付近にスポンジを詰め、そして1フィンガーで弾く、ま~、これが超気持ちいいわけです。

 

アップストローク抜きにしても、ジェマーソンスタイルには強い魅力がありますね。 

極めればコントラバスなどに対する憧れもなくなるかも?