フレットレス 選び方のポイント 楽器探しについて考える (3)

フレットレス選び 目次

 

 

まず分類してみる

 

一口に「フレットレス」と言っても、これまた好みがさまざま分かれるものだと思います。

 

例えば、

 

・ジャコ系

・ぶっとい系

・ウッド系

・エレアコ系

・独自系

・フレットがないだけ

 

など、ぱぱっと適当に分けてもけっこうな種類が存在するんじゃないかと。

 

定番はやはりジャズベースだと思う一方、フレットレスという時点ですでに定番からは外れている気もする為、自由度が非常に高くなるとも言えそうです。

 

「オールラウンドなフレットレス」を求めるというのは正直、矛盾な感じもするところ。

 

その為、自分の好みや目的用途をはっきりさせておかないと、そのユニークさや個性の強さに呑まれてしまうことにもなるかもしれません。

 

例えば、自分が持っているW-BASSというフレットレスの場合、弦はフラットワウンドのみを張り、ウッドのような音以外は狙わないことにしています。

 

世の中、ブラックナイロン弦を張ることを前提としているような楽器もあったり、目的に特化させた仕様にした方が唯一無二の強い武器になるのではないかと。

 

そういう意味では、短いスケールの楽器も面白い響きを持つ存在になりますし、その最たるウクレレベースとかだって侮れません。

 

基本的にはライン入りがおすすめ

 

余程に慣れているか専門の人でもない限り、フレットラインはあった方がとっつきやすいです。

ただでさえ正しいピッチで弾くのは難しいわけですから、ガイドがないと悲惨なことになる可能性が高くなります。

 

しかし、ここで実は注意な点もあったり。

指板サイドのポジションマークの位置には気を付けた方が良いでしょう。

 

フレット数を表しているだけなのか、音程ピッタリのところにあるか、それで感覚が意外なほど変わってしまう為、これは絶対に確認すべきポイントではないかと。

 

自分の場合、普通のフレッテッドと同じところにあってほしいタイプなので、前者の方が好み。

後、ポジションマークも絶対にあってほしいところ。

 

ラインレスなら後者の方が良いんですが、このあたりは本当に好みと感覚の問題ですね。

 

1PUのサウンドがおすすめ

 

これは自分の好みが多分に入った話ではありますが、フレットレスの場合、2PUのミックスサウンドを主にするより、1PUの方がそれらしさが出たり、弾いていて気持ち良い印象があります。

 

例えば、前述の「ジャコ系サウンド」を狙うとしたら、ジャズベースのような2PUの楽器の場合、バランスはリアPUに寄せた方が絶対に良いでしょう。

 

実際、1PU仕様のフレットレスというのも結構あったりしますし、ブリッジ寄りのポジションとまた相性が良かったり、それが意外とスタンダードな仕様とも言えるかもしれません。

 

故に、スティングレイのフレットレスなんかも意外と良い感じだったりしますね。

フレッテッド時の無骨なイメージとは趣を変え、甘くメロディアスに使えたりもするから面白い。

ジャズベのリアとは異なるニュアンスがまた独特で美味しい印象。

 

そう考えると、1PUの力だけでも成立するような、それで十分に良い音が出せる楽器を選択することが大事ではないかとも思う次第。

 

ジャコ系なんかを狙うなら特に、リアだけでもまったく問題なくイケるぐらいに楽器が鳴っててくれないと厳しい。

 

60年代前半のジャズベをフレットレスにしたものを弾いたこともありますが、「なんでリアだけでこんな良い音するの!?」 と驚愕。

 

ま~、そのあまりの別物感にひっくり返りそうになりました。

もちろん買えなかったけど、あれは本当に超良かった。

 

パッシブ・シングルコイル1発・リアオンリーだけでも最高の音が出るとか、そんな個体があったら間違いなく当たりですね。

 

【スポンサーリンク】

 

 

1弦の音詰まりには特に気を付ける

 

音詰まりも味わいと見るか完全な欠点と認識するか、それは好みによりますが、「このポジション伸びないんだよなぁ・・」なんて考えながら弾くのは、かなりのストレスになるものです。

 

たとえば、サスティーン豊かにメロディックなプレイをしたいのであれば、デッドポイントが沢山あるような楽器は論外になるはず。

 

しかし、フレットレスの世界、そういった厄介なデッドが目立つ楽器が多かったりするのが現実。

 

音詰まりが酷いものとか普通に存在するので、試奏する際はゆっくりと一音ずつ弾き、デッドがないかを確かめた方が良いでしょう。

 

ポジションによって音の出方が露骨に変わるとかサスティーンが異なるとか、いくら音色にも魅力があったとしても、それでは実用は難しくなってしまう。

 

特に、1弦のサスティーンが壊滅的なものには要注意。

びっくりするぐらい音が伸びないやつが本当にあるんです。

 

指板をコーティングするかどうか

 

耐久性の確保はもちろん、より分かりやすいアタック感やサスティーンなどを求めるなら、これはコーティング指板の方をおすすめします。

 

特にラウンド弦をメインにしたり、プレイ時間が長く使用頻度も高いなんて場合、指板のメンテを考える意味でも、コーティングした方が安心感があるでしょう。

 

一方、明るく軽い傾向になるサウンドがあだになったり、 硬質な触り心地が気に入らない可能性も十分にある為、そのあたりが難しいところですね。

 

前述のような音詰まり対策などにも大きな効果を期待できる反面、これもまた強力に好みが分かれるポイントかもしれません。

 

「気に入らなければ剥がす」と、安易に考えるわけにもいきませんし、コーティングするか否かというのは、意外なほど大きな問題になると言えそうです。

 

ホロウ系の楽器には気を付ける

 

「アコースティック感を演出しよう!」という意図で作ってるのは分かるけれど、正直、失敗だと言いたくなる物も多い印象。

 

大体の場合、ほんの僅かにホロウスペースがあるだけとか、アンプを通すとまったく効果を感じないとか、Fホールなどの見た目の演出だけで終わっているような感じ。

 

逆に、不要な共振を生む原因になる可能性があるし、音が腰砕けになってしまうことも考えられる。

ソリッドとホロウのメリットを両方ころしてしまっているようなものには要注意。

 

音は詰まるわ、軽くなるわ、ボヤけるわ、抜けてこないわ、そういう楽器は悲惨です。

  

アコースティックでもエレクトリックに

 

ウッドのようなサウンドを狙う場合、アコースティック楽器の方に目が行くかと思いますが、本当にそのままアコベを買うのは個人的にはあまりおすすめしません。

 

と言うのも、エレアコギターを元にしているようなものばかりなので、実際は音がめちゃくちゃ軽かったり安っぽかったり、ウッドのような量感や柔らかさを求めることは困難な印象が強い。

 

また、サウンドホールもギターそのままな感じだと、当然、ハウリングにも弱くなりますし、アンプから再生するには不向きになってしまうでしょう。

 

やや極論になるようですが、生音の充実度は諦め、アンプからの出音がリアルでアコースティックに感じられるという方が実用性も高く、アンサンブルでも強いかと想像します。

 

まぁ、このあたりも結局はその人の目的用途によりますが、低音も音量もけっこう出したいのであれば、単純なエレアコベースを弾くのはちょっと厳しいかもしれません。

 

「ピエゾをのせればいい!」なんてそんな単純なものではありませんし、アコースティックなサウンドで楽器が欲しいのなら、その方面に特化しているか、相当な研究を積んでいるブランドを選んだ方が無難ですね。

 

【スポンサーリンク】

 

 

まとめ・雑談

 

フレットレスに関しては正直、「これが最強!何でもこい!」みたいな一本を見つけるのはちょっと無理かなと考えています。

 

汎用性で言えば、自分はジラウドのブラッククラウドの5弦フレットレスを持っている為、それでもうどうにでも出来るとは思ってますが、一歩届かない面があるように感じるのも確かだったり。

 

あくまでもシングルコイルである為、片方に寄せるとどうしてもノイズが出てしまうんですよね。

一方、ハムだと好みとは違ってしまうかもしれないし、そのあたりが非常に悩ましい。

 

後、前述の話のように、コーティング指板には良い面も悪い面もあるので、ここも悩みどころ。

 

耐久性はもちろん、立ち上がりの良さやサスティーンなどの安定感を求めるのであれば文句なしなんですが、まぁ、フレットレスってもうちょい柔らかい感じだったり、温かみのあるニュアンスが欲しくなるものです。

 

やっぱり、「木に直接触れる感じ」ってのは気持ちいいですよね。

コントラバスとかの指板がカッチカチにコーティングしてあったら、たぶん、相当がっかりするんじゃないかと思います。

 

いくらその方が実用性に優れてると言われても、なかなか受け入れられるものではないでしょう。

 

逆に、コーティング無しの分厚いエボニー指板で作られたW-BASSの音色と弾き心地なんかはもう、最高に気に入ってます。

使いこんだフラットワウンドで鳴らすのがめちゃくちゃ気持ちいい。

 

しかし、特化したサウンドとセットアップゆえ、どの場面でも気軽に使えるとは限らない。

このベースで細かいフレーズをやれと言われても、ちょっと勘弁かなと。

 

そういう意味では結局、フェンダースタイルの方が安心感があって使いやすいと言えそうです。

プレベのフレットレスとか、ロックでも普通に使えるはず。

 

ちなみに、自分が今まで手に入れてきた・試してきたフレットレスの中で魅力的を感じる傾向にあったのは、「指板が分厚く高密度な物」だった印象。

 

ヤマハのサイレントベースとかにしても、通常のSLB200とリミテッド仕様の方とでは全然違いましたからね~。

 

後者の真っ黒なエボニー指板による音色、サスティーン、感触の良さは特筆もの。

トラ目で詰まったメイプルネックということもあったとは思いますが、指板が良いと楽器全体が凄く締まる感じがします。

 

前に持ってた6弦フレットレスなども、安定したバーズアイネックに分厚いエボニー指板とかでしたが、これはほんと、全音域にわたるほぼ完璧なサスティーンとバランスの良さが素晴らしかった。

 

ジラウドで簡易ネオパッシブにした際にも、このフレットレスのクオリティはかなり認められていましたし、手放したことをちょっと後悔していたり。

 

そう考えていくと、ネックそのもののクオリティが大きく問われるのが、フレットレスの難しさとも言える気がしてきます。

 

もちろん、フレッテッドでもそれは同じことですが、材料から設計から精度から何から、よりシビアにその全てが求められてくるのではないかと想像。

 

それでいて楽器ならではの曖昧な感覚や、人間が心地よいと思うポイントが直接的に求められるという、何とも難儀な楽器と言えるかもしれません。

 

ま~、本当にこれもまた奥深く面白い世界ですね。

 

フレットレスがメインだったりするというのはやっぱり、ちょっと変わった人だと思いますし、それだけ独自のものを築き上げていたり、真似できない何かを持っている存在でもある印象。

 

自分の体験談を言うのであれば、フレットレスを手に入れたことでタッチに対する感覚が劇的に変わったこともあったり、それがフレッテッドに対する良い影響にもなるから、それがまた楽しい。

 

ここまで長く語っておいてなんですが、触ったことがない人がいるとしたらまぁ、あまり深く難しく考えず、「とりあえず何か面白そう!」って感じのものを見つけて弾いてみる事をおすすめします。

 

【Godin】とか【Rob Allen】とか、ああいうエレアコベースも面白い楽器ですし、普通のエレクトリックベースと弾き心地も大差ないはず。

  

いつもとは違う新鮮な何かを感じることができるのもフレットレスの醍醐味。

そのままメインにしちゃっても良いぐらい、ベースならではの魅力ってやつが沢山つまってます。