飽き性・根性なしだから楽器が続いた気がする話

ベースを始めて20年以上

 

面白いことに、「才能ない・・もうやめよう・・」なんて考えた記憶がまったく無かったりします。

 

唯一、ジャコのドナ・リーを初めて聴いた時に、

 

「これが天才ってやつか!ベースやめろって言われてるみたいだ!」

 

なんて感じたことはありますが、実際にはベース熱がより燃え上がったところ。

やはり、やめようなんて考えたことは一度もありません。

 

と言うより、「やめる」って意味が分からないかもしれない。

 

Lv1で魔王に挑もうとする疑問

 

変な話だと思いますが、初心者なほど大きな敵や絶望と闘っている人が多い印象だったり、なんでそんなシリアスで自分に厳しいのかと疑問になります。

 

どんな選ばれた勇者でもLv1で魔王に挑んでたら、そりゃすぐゲームオーバーになりますよね。

 

地道にやるにしても、「選ばれた人間しか楽器を弾く事は許されない!」みたいな空気や掟を自分でつくっても息苦しくなるだけです。

 

ましてや、

 

・段階・過程をすっ飛ばし、いきなり完璧なところに辿り着ける

・なんの積み重ねがなくても一瞬で理想の自分になれる

 

そんな能力が自分に備わってると期待するのは、あまりにも現実的ではありません。

創作の世界ですら「えぇ・・」と引かれてしまう設定でしょう。

 

「まずは地道にレベル上げ!」ってのがゲームの王道な楽しみ方ではないかと。

 

裏技や超能力的に上手くなる方法を求めたりするから、すぐ破綻するんじゃないかと感じます。

 

好きこそ物の上手なれ?

 

この言葉が間違いないと思う一方、好きすぎるからこそ悩み苦しんだり、気持ちが途切れた時に綺麗さっぱりしたくなったりもするから、人間ってのは不思議だなと。

 

実際、一点だけを見て突き進もうとした人の方が案外、すぐ折れてやめてしまったりなんてのを見ますし、自らに厳しい掟を課したり、重い選択を強いて潰れていくという。

 

「凄く才能豊かで素晴らしい曲を作れる。プレイもオリジナルで魅力的。」

 

それだけ聞くと理想的なようですが、その一方で、

 

「完璧主義で思い詰める。そして結局は音楽から離れてしまう。」

 

など、そんな例も珍しいものではないでしょう。

 

「死ぬほど好き」って言葉の通り、最悪は命を絶ってしまう人なども実際にいます。

 しかし、それを美談にしたり称賛するのもどうなのかって個人的には疑問になるところ。

 

皆が皆、そこまで行かなきゃならないのか、目指さないといけないのかと。

そもそも、それで本人は満足だったのか、幸福だったのかなって。

 

そういう意味では、命もかけずダラダラ続けてるだけの自分なんかは、大して音楽もベースも好きではないと言えるのかもしれません。

 

「志も夢もない人間」と見なされそうですが、でもまぁ、死ぬまで楽器も音楽を続けられ、ずっと楽しむこともできそうなのだから、皮肉と言えば皮肉。

 

思い詰め壊れていく人間と自分みたい適当なのと、果たして、どちらが好きなことをやってると言えるのか考えるべきなのか、なかなか興味深いテーマです。

 

飽き性だから常に新鮮 

 

中学時代だけでも、あれやこれやと色々と忙しく詰め込んだ身ですが、逆に言えば、ほとんどがニワカで終わってしまってるのも否定できないところ。

 

「幅広い音楽性」がどうとか「ジャンル関係なく」とか、良さげな言葉に聞こえそうではありますが、疑問になる点もあるわけです。

 

言い換えてみれば、

 

「何も極めたものがない。深く入りこんだ事もない」

 

そんな弱点でもあるのかなと。

 

「このバンドのアルバム全部集めるわ!」なんて気合もなかったり、誰か個人を徹底的に研究したこともないし、曲を深く分析するなんてこともしませんでした。

 

文化祭でやったバンドなんかにしても、突貫工事のその場しのぎって感じだったり、悪く見ればかなり音楽を舐めていると言うか、やはり、ニワカ気質で深みがない。

 

しかし、それが功を奏してか、常に新鮮な気分でいましたし、飽き性だったからこそ、色々と知ろうとすることができたとも考えられます。

 

根性がないから弾けそうな曲からやったり、壁を感じたら勝手にハードルを下げる。

難しいのは後回しにして他から進もうとしたり、そういうのが良かったのかなぁと思ったりも。

 

【スポンサーリンク】

 

 

成功体験がある

 

物事を楽しむには結局はこれなんだと思いますが、この基準をいきなり異常なところに持っていこうとするから、話がおかしくなってしまうんじゃないかと想像します

 

自分の音楽体験で言えば、最初の成功は中学の文化祭になります。

このあたりについては、過去記事の方を見てもらえば分かりやすいでしょう。

 

たかがガキの遊び。されど、その一歩があってこそ。

 

逆に、その程度のことすらも体験したことが無いとなると、楽しさ・面白さがいまいち分からないものなのかもしれません。

 

もしくは失敗の体験がなく、成功があまりに大きすぎたが故、後に苦労することになるとか。

 

武道館だの東京ドームだの世界ツアーだの、そこまで行って成功したと見なされるのであれば、これはまぁ、自分なんかカスみたいなもの。

 

そして、ほぼすべての楽器奏者がそんな扱いになってしまうことになるし、観客からその場に関係ない人まで含め、人生を失敗していることになってしまう。

 

しかしまぁ、普通に考えて、これは無茶苦茶な認識だと分かるところ。

そもそもの基準値がブッ壊れてるというのは恐ろしい話です。

 

小さなことでも何でも、それを成功・成長と肯定し、積み重ねることが重要だと考えます。

 

千里の道も一歩から

 

お約束なことわざのようですが、まさにこれだと思います。

 

「一曲弾けるようになった!」なんてこともなく完璧を目指しても無駄というものでしょう。

 

上ばかりを見て自虐超人になるのは避けたいし、あまりに遠すぎる夢想家になるのも勘弁。

 

・飽き性だから新鮮さを求める。

・体力がないから技を身につける。

・根性がないから我慢せず休む。

・才能も華やかさもないからシンプルに徹する

 

 なんでも考えようであり、楽器は地道に長く楽しんでこそですね。

 

「一日一小節!」なんて低い志と目標でも、長く続ければ確実に上手くなる。

少なくとも、すぐやめてしまう人とは比較にならない積み重ねの差が生まれるでしょう。