【ベース談義】太い音の出し方を考える (10) 爪を切る 指をつくる すぐ弾けるようにする

基本中の基本

 

あまりに基本すぎて忘れていましたが、爪の手入れは大事なポイント。

 

どんなに素晴らしいタッチを持っていたとしても、爪が当たって「コリ~ン」という音になってしまっては台無し。

 

弦を鳴らす最後の瞬間に爪が当たると、それだけで音は別のものに変わってしまいます。

 

そういうスタイルってことならともかく、「太い音を出したい!」と思っているなら、無意識に爪が当たってしまうのを放置するのは論外ではないかと。

 

これは本当、「たかが爪くらいで・・」なんて済ませられるものではなく、ベースにとっては死活問題にもなってくる話でしょう。

 

自分で自分の音をころしてしまう、意図せずミュートしてしまう、太い音を求めるのに対しそれは、あまりに不毛な行為であるとしか言えません。

 

良い指をつくるのも大事

 

楽器を弾くための良い手・良い指をつくり上げるのも、これまた大事なポイントです。

 

努力や根性を押しつけるのは好きではありませんが、一方、最低限の体づくりってのも必要になるのが楽器の世界。

 

ちょっとスライドするだけで指が痛くて嫌になるとか、すぐ豆ができて弾きたくなくなるとか、そういう段階でつまずいてる限りはどうにもならない。

 

地道に積み重ねていけば指の形も質も変わってきます。

本当に肉厚になったり弾力が出てきます。

 

継続は力なり

 

たとえば自分の場合、左右の小指を比べてみると明らかに形が異なっているから面白い。

 

「弦をより効率よく押さえられるように」と体が判断したってことですかね?

続けていけば勝手に別物になっていくものなんだなと。

 

爪の手入れもそうですが、太い音を出したいならばやはり、地道に鍛えていく必要がある。 

激しい練習をするのもいいですが、短期間の特訓では専門的な身体というのは、なかなか生み出せないものなのかもしれません。

 

たとえ一日の練習時間が少なかったとしても、それも結局は積み重ねでしょう。

才能云々の問題ではなく、長い目で見ていくことが大切です。

 

手の大きさや指の長さについて悩むぐらいなら、良い指をつくり上げることに真剣に向き合った方が音は太くなるはず。

 

 すぐ弾ける場所に楽器を置く

 

これが意外と重要なポイントだと感じます。

いちいちケースを開けてとか、押し入れを開いてとか、こんな面倒な話はありません。

 

「あ、これちょっと試したいなぁ」とか「なんかベース弾きてぇ~」なんて気分になった時、上記のような手間を必要とする場合、「面倒という感情」の方が意外と勝ってしまうものだったりもするわけです。

 

練習・演奏を習慣づけようとするのであれば、

 

・楽器をすぐ手にすることができる

・即、音を出すことができる

 

そういう環境をつくることが大切だと考えます。

弦も緩めませんし、いちいちグルグルとペグを回してチューニングから入るとか勘弁というもの。

 

継続を必要とするからこそ、生活の一部のようにすることに意味が生まれるはず。

 

【スポンサーリンク】

 

 

積み重ね練り上げる

 

もちろん、「さぁ弾くぞ!集中するぞ!」と身構えて取り組むのも良いことですが、これも環境によっては問題がある。

 

「いざ!」って時に邪魔が入るのは物凄いストレスです。

その為、外部からの妨害をシャットダウンすることが重要。

 

不思議なもので、やる気になった時に限って、何かつまらないことが起こるんですよね。

 

人によるのでしょうが、やる気やモチベーションというものは、その程度のことでも揺れてしまうような案外もろい存在なのかもしれません。

 

太い音を出したいなら、いちいち体づくりとか楽器の完璧な調整とかせずとも、そのまま自然に強烈な音を出せるようになっている方が望ましいのではないかと。

 

機械的に安定して良い音を出せるかどうか、それも一つの基準づくりと言えそうなところ。

 

多少の体調の変化や感情の起伏などに影響されることがないぐらい、普段から積み重ねておくことが大切だと考えます。

 

ベースという楽器は特にそれを試される、求められる楽器だと感じる次第。

 

www.pompombass.com