パッシブベースと上達の思い出 (6) トラウマを植えつけられたOPB

縦振動のタッチ

 

この言葉をこのブログでよく使いますが、これはジラウドの福田さんに教えてもらったものです。

 

その研究を始めてもう軽く10年以上になりますが、いまだ完成になど至りませんし、まだまだ先は長いと感じる次第。

ベースという楽器は本当に奥が深く、また、それだけ面白いものだと実感する日々です。

 

ただまぁ、ここだけの話、この縦振動との出会いの衝撃度を考えると、自分にとって明るい話ばかりでもない気がしたり。

 

最初はどちらかと言うと、トラウマの部類に入る体験だったのも、実は否定できないところかもしれません。

 

ジラウドのパッシブ開発への疑問

 

同社からJFDT-HAというプリアンプが発売されてから程なくして、パッシブのOPBとJBが発売されることにもなったと記憶しています。

 

しかし当時、この発表が自分の中ではどうも腑に落ちないものだったりしました。

 

「あんな凄い音出せるのに何でパッシブ?わざわざ性能落とすの?」

 

みたいな反感すら持っていたような気がします。

 

例の工房系5弦をまだ持ってたか手放したか、時期についてはちょっと曖昧になっていますが、とりあえず、ジラウドを絶対視してなかったのは事実です。

 

同社のメビウス5などに惹かれることはあっても、OPBなどパッシブの方には興味がなく、試奏なんかもまったくしませんでした。

 

パッシブやフェンダーへの抵抗は薄れつつあったけど、その当時は、「今はとにかく6弦が欲しい!」って欲が出ていたこともあって、4弦については興味がまったくなかったんでしょうね。

 

【スポンサーリンク】

 

 

OPBは全然良くなかった

 

それである日、ジラウドで5弦かなにかの試奏をしていたら、「あれ?縦振動のタッチって教えてなかったっけ?」と福田さんにたずねられ、「・・え? なんですかそれ?」となった次第。

 

そしてそこで初めて、タイトルにもある『OPB』を弾くことになったわけです。

いわゆる、オリジナルプレシジョンベースってやつですね。

 

プレベよりもさらに以前のスタイルであるこの楽器。

パッシブでシングルコイルPUが1発というシンプルの極み。

小僧の身では魅力なんかまったく感じず、試奏なんてする気にもならなかった一本です。

 

実際、音を出してみても、「うわ、なにこれ最悪・・ぜんぜん良い音しないわ・・・」とガッカリした思い出。

 

前述の通り、「なんであんな凄いベース作れるのにこんなの出したんだろ?意味分かんないな。」と首をかしげました。

 

圧倒的なサウンドと敗北感

 

結局、何もピンとこないまま、「古いことやりたいならいいんですかね~?こういうのも。」なんて感じに福田さんにお返ししまして、あっけなく試奏もやめてしまった次第。

 

そして、おもむろに福田さんがそのOPBで音を出したところ、

 

「ブンッ!」「ドンッ!」「バンッ!」同時に出てくるような、今まで聴いたことのない低音とアタックの固まりが飛び出してきまして、マジでひっくり返りそうになりました。

 

「バドゥンッ!」なんて音のイメージで書こうかと思いましたが、これだと立ち上がりやアタックにタイムラグが発生しちゃってる気がしますし、あの音を言葉で表現するのは自分には無理かもしれません。

 

とにかく低音も一切の遅れなく、全部が同時に出てくるんですよね。

 

自分が弾くと「ボゥ~ン、ボゥ~ン」とか「ゴイ~ン、ゴイ~ン」って感じの情けない音しか出ないのに、福田さんが弾くと上記のようなサウンドになるわけです。

 

大袈裟でもなんでもなく、何が起きてるのかさっぱり分かりませんでした。

 

「なんか隠しスイッチでもあるんじゃないの?」とか疑ってしまいましたねほんと。

 

タッチの研究に目覚める

 

現実は残酷と言いますか、OPBにも福田さんの手に種も仕掛けもなにもなく、ただただタッチの差であるという事実を突きつけられてしまうことに。

 

「なぜジラウドがパッシブを作ったのか?」

 

そこでようやく、その理由を知るに至りました。

そしてそれと同時に、「俺、ゴミじゃねぇか・・・」と落ちこみ、泣きそうになりながら店を後に。

 

ま~、今思い出してみても、あんなに悔しく絶望的な気持ちになった体験は、なかなか存在しないかもしれません。

 

「俺はベース上手い!」なんて調子に乗ってた分だけ、その反動が凄まじかったと言いますか、まるで楽器を始めた頃のような、綺麗な心になってた気がします。

 

この体験があまりに衝撃的すぎたゆえ、基礎の見直しをすることになったのは当然、縦振動のタッチの習得に挑むことも決意した次第。

 

続く