パッシブベースと上達の思い出 (3) 高級ベース信仰・木目信仰が崩壊した瞬間

先日から続くパッシブベースの話。

音楽学校の卒業後もショックな体験は続いていくことになります。

 

再び悩みはじめる

 

バッカスのジャズベはフレットレスだった為、やりたいことにちょっと限界があったんですよね。

いくら良い楽器だとは言っても、スラップをやりたい時なんかにはどうにもいまいちだったのが正直な話。

 

そういうスタイルも面白いものだとは思いましたが、マーカス・ミラーとかの真似をしてみたくなったりするとやはり辛い。

 

しかし、アンチフェンダーだった人間らしくジャズベなんか持ってませんでしたし、多弦が好きなこともあって、スタンダードな楽器への抵抗がどうしても抜けなかった。

 

「ジャズベを買えば解決? いやいや・・」って感じなわけです。

 

とは言え、現実問題、所有していたベース達ではどうにもしっくりこない。

フェンダー嫌いが災いしてか、音づくりにふたたび困り果てることになった次第。

 

衝撃の一本

 

そんな中、「そういや兄貴の家に埃かぶったジャズベがあったよな?」と思い出し、すぐ連絡をとることに。

 

で、「もう使わないし持ってっていいよ」と、あっさり譲り受けることができました。

 

このフェンジャパのジャズベース、何年ほったらかしだったのか分かりませんが、とにかく汚い状態で一見はジャンク品って感じ。

 

その為、ほとんど期待はしなかったかもしれません。

少しでもそれっぽい音が出たら儲けもんぐらいなノリ。

 

正直に言って「ジャパンだしなぁ・・・」みたいなのもあったかなと。

 

そんな偏見もありありに、とりあえず家に持ち帰りまして、まずは簡単な掃除。

そして、何の気もなしに音を出してみたところ、ま~、超ガッカリしました。

 

「今まで弾いてきた中で一番いい音しとるやんけ!!」

 

と、そのあまりの衝撃に気が抜け、しばらく放心。

 

【スポンサーリンク】

 

 

遠回りに気付く

 

このベース、自分が音楽学校へ行く前どころか、ベースを始める前から知っていた物なんです。

要するに、その気になればいつでも手に入れることができたわけですね。

 

あれこれ悩んだり高いベースを買う必要もなかったし、これを早くもらっていればベースの出費はバッカスの5万円だけで済んでいたのかなと。

同モデルを買うにしても当時の定価で7万円前後だったかという、実に恐ろしい話。

 

「これ弾いてればもっと上手くなってたんじゃ・・」と考えてしまうのもけっこうきつい。

「俺がやってきたことって・・こだわりって・・・」と打ちひしがれました。

 

敗北を認める

 

まぁほんと、アンチフェンダー、アンチスタンダードみたいなのを気取っていたのも、ここで終わりを告げることになった次第。

 

「良いものは良い!」と素直に認めようと。

 

それにしても、このジャズベース。

ほったらかしなのにやたらと状態が安定してましたし、弦高も所有ベースの中で一番下げられたり、凄く作りが良くてびっくりさせられました。

 

ジャパンってのがポイントなんでしょうかね?

それも時期によるのか分かりませんが、いずれにせよ、当時の自分が所有していたベースの中で一番レベルが高かったのは確実です。

 

高級の意味ってなに?

ハンドメイドの意味ってなに?

派手な木目の意味ってなに?

ラミネートの意味ってなに?

スルーネックの意味ってなに?

アクティブの意味ってなに?

ハムの意味ってなに?

 

と、頭の中が混乱の極みになっていたかもしれません。

 

つくりあげたはずの価値観はいとも簡単に砕け散り、大金を無駄にしていた事実に気付いたのもショック。

大袈裟ではなく、あのジャズベとの出会いも一つの転機だったんじゃないかと思います。

 

あまりにも音が違うし、状態も安定してるし、持っていた他のベースはすっかり弾かなくなってしまいました。

 

続く