パッシブ使うなら高いケーブル買うよりバッファ

論より証拠でまず動画

 

パッシブベースにバッファを通してみました。

前半と後半で明らかに音が違っていますが、言うまでもなく、後半はバッファONです。

 

www.youtube.com

 

パッシブ楽器に対するバッファの効果

 

前者の方がいいって人もいるとは思いますが、ま~、実際に聴くとひどい音なんですよこれ。

 

とにかくこもっちゃってるし、音がぜんぜん前に出てこない。

そもそも音量自体も小さくなるし、良いことなんか一つもない印象。

 

どう弾いても音が変わってくれなかったり、当然、ニュアンスなんかもまったく出てくれません。

 

一方、後者の方。

 

ジャリジャリうるさかったり、やたら癖が出てるように感じるかもしれませんが、それだけPUの特性とタッチの粗さがそのまま出てるのだと思ってもらえれば幸い。

 

ブランド不明の安物PUをジャックに直結、ネックは逆反り状態、低弦高にしてバズも気にせず弾く、それが正直に出てるのは果たしてどちらか?

まぁ、これも言うまでもないんじゃないかと。

 

ひどいのはバッファではなく、楽器本体と荒めに弾いたタッチという事ですね。

 

ケーブルやトゥルーバイパスにこだわっても・・・

 

ちなみに、使ってるケーブルはジラウドオリジナルでして、その価格以上にハイクオリティに贅沢に作られているもの。

 

楽器用に作られた数万円の製品などと比較しても、ジラウドのケーブルの方が個人的には圧倒的に好きです。

 

しかし、そんなケーブルを使っていても、アンプの入力インピーダンスが低いと、パッシブではこんな事になっちゃうという。

 

今回の場合、アンプ側の入力は100kΩになります。

パッシブだったらとりあえず1MΩは欲しくなるそうな。

そして今回使ったバッファに関しては、入力は3.2MΩだったり。

 

このへん、トゥルーバイパスの落とし穴とも言えそうですが、バッファ皆無の状態で長いケーブルを通してると、やっぱり悲惨なことになる印象。

 

案外、オールトゥルーバイパス状態より、「音痩せなんか気にしねぇ!エフェクターも通しまくりだぜ!」なんて方が、はるかに安定した信号が届いているものだったりして?

 

【スポンサーリンク】

 

 

パッシブ至上主義への疑問

 

アンプ自体の入力インピーダンスが高いのであれば、ここまで状況がひどくなることは無いかもしれません。

しかし、「パッシブ最高!」なんてその言葉とイメージに酔ってるだけだと、痛い目にあうことがあるわけですね。

 

「アクティブとパッシブを切りかえ可能!」なんて楽器でも、パッシブ時にローインピーダンスのボリュームポットなどを通ってしまうのであれば、同じく音は痩せてしまいます。

 

と言うか、楽器内部ですでにインピーダンスのアンマッチングを起こしてしまうことになる為、状況はより悲惨なことになるのではないかと。

 

少なくとも、音抜けやらレンジの狭さなどに悩んでいるのだったら、それを高級ケーブルやら後がけのエフェクターなんかで解決しようとするより、もっと元になってるところから何とかした方がいいでしょう。

 

音に元気がないからと、パワーのあるPUなんかを使おうとすると余計に高域が出なくなったり、音が詰まって抜けてこなくなることも考えられる。

 

そして、そうやって悪循環が始まっていく可能性があります。

 

パッシブ楽器の本当の音と凄さを知ろう

 

パッシブ楽器って自分も確かに好きですが、「パッシブは音があたたかい」とか「レンジは狭いけどそれがいい」なんて言ってしまうのは、実はちょっと違和感もあるところ。

 

本当は凄くレンジが広かったり、アタックも強力かもしれないのに、何も考えず劣化させちゃったり、それをまったく知らないというのはもったいない。

 

適正な入力インピーダンスの良いバッファや良いアンプ、それを通してはじめてパッシブの本当の良さが分かることもある。

 

「ベースってこんなすごい音するんだ・・」と驚くことにもなるかも?