縦振動のタッチ (再)

一番やりたかった縦振動に関する記事の修正を始めました。

 

やはりと言うか、自分で読み直してみて、「うわぁ、こりゃねーわ・・」なんて思うところも多かったり。

 

「何が書いてあるかよく分からんぞ!」ってなりましたね。

しかも結構な数、あれが読まれたと考えると、何だか申し訳ないような気もするかも?

 

ただまぁ、このブログを読んだ程度でぜんぶ分かった気になっちゃうとか、極めた気になっちゃうような人がいるのだとしたら、それは正直、ちょっと痛いんじゃないかと思うのも本音ではあります。

 

今の時代、本当に便利になってて情報も簡単に手に入りますが、ほんの数分触れただけでもう分かったつもりになったり、奥深い真髄を掴んだつもりになったり、そりゃ勘弁してくれってものではないかと。

 

「縦振動、宗教くせー!」みたいな意見を見たことなんかもありますが、何と言いますか、こっちとしては笑ってしまう話かも?

 

そんなにタッチで音が変わるのが怖いことなのか、異次元の価値観なのか、ヤックデカルチャーって感じなのか、逆に興味が湧いてしまうような?

 

演奏の仕方を考えると宗教認定されてしまうとか、楽器上手くなって楽しくなることが異常に見えるとか、個人的にはそっちの考えかたの方がよっぽど怖い気がしますが・・・

 

「楽しい」って感情を持っちゃいけないとか、「絶対こうでなければならない!」なんて固定観念に縛られるみたいな、そういうありがちな思考に染まっていると、音楽はどんどんつまらなくなっていくように思えます。

 

何でわざわざそんな頭固くしたり、自らすすんで不自由になろうとするのかなって。

 

自分、ピックで弾くのも好きですし、横に引っ張ってブンブン弾くのも好き。

優しく軽くつま弾くのも好きだし、3フィンガーでバキバキさせるのも好きです。

 

弾き方も縦振動に限定して演奏するつもりは全くありません。

 

言ってしまえば、縦振動も表現方法の一つにすぎないわけですから、何でそれしか使っちゃいけないみたいな考え方をするのか、その思考と判断が不思議でならない。

 

「え? 縦か横、絶対どっちか選ばなきゃいけないの?なにその宗教?」って逆に聞きたくなるような?

何とも視野の狭いカルトな思考と言うべきか、魔女狩りとか異端審問でもやるつもりなのかって言いたくなるところ。

 

何度も話すようですが、ベースが好きな人だったら、縦振動の研究を一度はしてみることをおすすめします。

 

楽器を弾くのが上手くなればそれだけ楽しくもなるって当然の話ですから、敷居が高いとか怪しいとか変に構えたり、大袈裟に考える必要もないでしょう。

 

思ったように自由に弾けるようになるのがタッチコントロールを身につける醍醐味。

それでベースが楽しくなるか、人生もっと面白くなるか、その人次第ではないかと。

 

やってて楽しいし価値を感じるから取り組んでいるわけで、最初からつまらない方向に考えてちゃ、そりゃ何やってもつまらなくなって当然ですよ。

 

「あんなの嘘だ!僕が正しいんだ!」なんて結論ありきで疑ったり、情報を胡散臭く思うこと自体が目的になっていては、物事はなにも面白くならないでしょう。

 

「ブッとい音が好き!」

 

縦振動やってみる理由なんて別にそれだけでもいいじゃないですか。

実際、音太くなりますよ絶対。

 

www.pompombass.com