ジラウド ディープジョイント (再)

今回はディープジョイントに関する記事を3つ修正。

 

ジラウド特有のこのジョイント方法が合うかどうか、やはり、賛否がどうしても分かれるのではないかと思います。

自分はもう完全に慣れてしまった為、ほとんど問題を感じませんが、ハイポジションでの演奏性を重視する場合、拒否反応が出るのも分かる話かもしれません。

例え音が気に入ったとしても、「何でこんな余計な事するの?」とガッカリする可能性もあるんじゃないかと想像するところ。

 

しかしまぁ、そこで安易に折れたりプレイヤーに露骨に媚びるなんて事はしないからこそ、ジラウドには魅力があるんじゃないかなと。

余所で見る事がほぼ皆無というこの仕様、それだけに、他では味わえない美味しいポイントだと感じます。

ボディ鳴りを実感出来ないとか、オカルトだと思っている人がいるのであれば、使い込まれたディープジョイントのベースを弾いてみればいいですね。

 

よくあるハイエンド系とか鳴らなすぎるの多くて弾く気が失せますよ。

 

pompombass.hatenablog.com

pompombass.hatenablog.com

pompombass.hatenablog.com