K&R GROOVE DRIVE ベースに使える歪み 原音とミックス

f:id:bakibakibass:20171114002823j:plain

 

まずは動画

 

セッティングは上記の画像を参照。

 

エフェクターの操作はON/OFFを切り替えるだけになります。

効き方が分かりやすいように、全弦同じフレーズで弾きます。

タッチはあえて荒くバチバチ言っちゃってる感じで。

 

www.youtube.com

 

ベースに使える歪み

 

最近になってようやく選択肢が増えてきましたが、ベースで使用して音痩せしない歪みを探すのはなかなか難しいところ。

 

色々と試してみた結果、個人的には、ジラウドとK&Rがあればそれでもういいかなと思ってます。

 

・全音域を音やせも遅れもなく歪ませたいならジラウド。

・原音をブレンドしたりギター的な歪みやニュアンスを作りたいならK&R。

 

って感じですね。

 

また、価格的な事を言うならば、グルーブドライブはすごく手に入れやすい。

ずっと使える一台にもなるクオリティを持っているのは勿論、とりあえずの一台にもおすすめ。

 

K&Rの共通項

 

実際に使っている印象、個人的に嬉しいポイントは、ツマミが少なくて操作が楽ということです。

ベース用に特化させる場合ブレンドのツマミはフルのままでもいいですし、実質、3つの操作だけで済む感じ。

 

で、その3つの操作にしても、

 

・音量をどうするか?

・どれぐらい歪ませるか?

・高域をどうするか?

 

と、それぐらいの話なので、特に悩む必要もないはず。

 

これでほんと、ベースだのミドルだのEQが沢山ついていたり、モード切替とかブーストスイッチがあったり、至れり尽くせりでごちゃごちゃしてたら、ちょっとうんざりしてしまいます。

 

自分のような面倒くさがりの横着者とか、古い思考の人間はまず使ってなかったでしょう。

 

グルーブコンプの方もですが、「あ~そうそう、これでいいよ。」って感じに楽にセッティングが完了するところがいい。

 

元を変にいじらずそのまま出してくれるって感じが良いですし、これもK&Rの優れている点ではないかと。

 

【スポンサーリンク】

 

 

ド派手じゃないけど実用的

 

一方、とにかく強烈な個性を発揮したり、シミュレーターじみたサウンドが欲しいなんて場合、それはちょっと合わない可能性なんかもあるかもしれません。

 

ただ、そういうペダルは大体、大きな音では腰砕けになったり、ベースとしては使い物にならなかったりするため、このシンプルなスタイルが正解だと感じるところ。

 

ちっこいアンプとか、しょぼいヘッドホンとか、そういうもので鳴らしたらイマイチに感じるかもしれないけど、それで良い音がしちゃうみたいなのってのは、自分はあまり信用していません。

 

原音と歪みのブレンドが出来るとか、今では特に珍しくもなさそうですが、専用のブレンダーを用意したりだの何だの、以前はけっこうな手間がかかる方法だったので、こういう一台があるってのは、実にありがたいことです。

 

K&Rはプレイヤーの声を聞いてくれる

 

ここだけの話、このグルドラの開発に関わったベーシストさんと知り合いな為、プロトタイプの試奏をしたことなんかもあります。

 

こうして商品化まで実現してくれたという、その情熱と行動力に尊敬の念を抱く次第。

 

その流れで入手が早かったこともあり、K&Rのサイトにあるグルドラの最初のレビューをしたのは自分だったり。

 

そして、そこに書いたのと同じような声が多かったのか、その後、入力ゲインの切り替えが出来るようになったのが、また凄いと思うところ。

 

プレイヤーの声を受け入れ改良してくれたってのが実に素晴らしい。

通販で試奏OKというその自信の表れといい、なかなか出来ることではないはず。

 

こういう工房があるというのは本当に嬉しい限りです。 

 

※後にカスタム品をオーダー。

www.pompombass.com