ベースと左手 (8) 速く滑らかに弾きたいなら指は動かさない方が良いんじゃないかって疑問

脱力の権化

 

個人的にそんな存在だと感じているのがリチャード・ボナ。

 

ボナさんのあのプレイを見て、指がバタバタしているとかガチガチに力んでいるとか、そう認識する人は皆無なんじゃないかと。

 

高速なフレーズでも恐ろしいほどスムーズに弾き切ってしまいますし、とにかく身体能力やそれに伴う瞬発力が違う印象を受けます。

 

しかしまぁ、天才だなんだと言って「モノが違うから・・」で済ましてしまうのもどうなのかってところ。

 

ここは一つ自分なりに考察をしてみたいと思います。

 

高速フィンガリングと脱力の源

 

なぜ、あんなプレイができるのかと考えてみたところ、

 

「そもそも指をあまり動かしてないのでは?」

 

と疑問になった次第。

 

「いや、メチャメチャ速く動かしてるだろ!」と、ツッコミが来そうな話のようですが、瞬発力のある音を求めたり、速いフレーズを弾くために指自体を激しく動かそうとするのは、実は矛盾なのかもしれません。

 

その強い意識や行動が力みの元になるのはもちろん、無駄な暴れやバタつきを生む原因でもあるんじゃないかと想像するわけです。

 

分かりやすいような分かりにくいような例えになりそうですが、ボナの50m走とこっちの100m走のタイム。

それをそのまま比較しているような状態とでも言いますか、そもそもの条件が違いすぎてるのが現実なのではないかと考えます。

 

要するに、

 

・指と弦との距離をつくりすぎている

・指が弦に触れるまでのタイムロスがある

 

という、非常に不利なことをやってしまっているように感じる次第。

 

【スポンサーリンク】

 

 

押弦の工程を省く

 

例えば、薬指や小指が弱い人の場合、勢いをつけて押弦しようとしたり、そのためにやたらと指を弦から離してしまうことなどがあるかもしれません。

 

しかし当然、それでは前述の100m走側の人間になってしまっているのではないかと。

 

振りかぶったり助走をつけたり、そんな一生懸命に弦を押さえ付けようと頑張らなくても、「スッ」と押せばそれで押弦はできるものです。

 

それならばやはり、そんなに無理をして指を動かそうとする必要はない。

 

いざ音を出すのに、

 

【反動をつけるために指を遠くに離す→弦に近づける→弦に触れる→弦を押す→音を出す→音を切る→指を離す→反動をつけ・・以下ループ

 

と、そんな複雑な工程を必要としているようでは、非効率になって当たり前。

そりゃ演奏が大変になるし、音が滑らかになるわけもありません。

 

最初からもう弦に触れていて押弦も即完了。

後は好きに音を出して切ってそれを繰り返す。

 

そうやって工程を色々省いているからこそ、あんなプレイが可能になるのかと想像する次第。

 

100mと50mの違いどころじゃ済まない?

 

弦高が強烈に低いということもあるとは思いますが、まぁ、ボナって人は恐らく、どんな楽器でも異常なレベルで弾きこなしてしまう達人でしょう。

 

道具のクオリティやセットアップに重点を置いて見るのは、ちょっと通用しなそうです。

 

とは言え、楽器選ばず何でも弾けるであろう一方、本番では当然、自分用に特化させたものを使うわけです。

こうなると50m走どころか、10mとか1m走ぐらいの差が生まれている可能性も考えられます。

 

こっちが必死こいて100m走ってる間に、向こうは1m足を広げて終わりというのが現実でしょうかね?

大袈裟ではなく、cm単位で指が離れてしまうって、そういうことなのではないかと想像します。

 

ボナのような人はmm単位の動きで済ます運指をしているのだとしたら、やっぱり比較になるわけがない。

 

【スポンサーリンク】

 

 

指のスタート地点

 

そう考えると、「いかに速く弾くか」とか「瞬発力のある音を出したい」と意識した場合、指のスタート地点について研究した方が効果が出るように思えます。

 

右手にせよ左手にせよ、大きく弧を描くような弾き方をしているのは無駄と言えば無駄なわけですから、その動きをなくすだけでも効率が驚くほどに上がる可能性があるはず。

 

もちろん、そういった距離を無意識にでも計ったり、それに伴う動きがあるからこそ、独特のリズムの取り方やグルーブが生まれることも否定はできないところ。

 

スラップにおいては、ごく短距離で強い打音を得ようとするのは難しいなんてモンじゃありませんし、理想論とか綺麗事ばかりになってしまうのが違うのも確か。

 

しかし、無駄のないスピーディーなフィンガリングや脱力を心掛けるのであれば、これはやはり、指は弦から近い位置にある方が良いに決まってる。

 

遠回りしまくっておいて、「才能には勝てない」と思考停止するのは如何なものか。

 

教えない・考えないでは納得できない

 

やはり、「そもそもの身体能力が違う!」みたいな感じで済ましてしまうことには反対です。

そこには必ず理由があるはずだし、それを研究することにも意味がある。

 

「どう指を速く動かすか?」

 

という一つのテーマにしても、「とにかく全力で走れ!遅い奴はやめろ!」みたいな、クソ体育とか部活みたいなノリで終わらせてしまうのは愚かというものでしょう。

 

それだとほんと、先天的な身体能力のみの世界と勝負になってしまいますし、そこを競い合ってたら自分なんかじゃどうにもなりません。

 

「才能ない・・」で済ますと楽器って本当につまらなくなります。

「苦労」とか「根性」なんて言葉も嫌いですし、それを前提にするのも抵抗がある。

 

理屈っぽいだのなんだの言われようが、あーだこーだと色々試行錯誤して楽しんでいきたい次第。

それで少しでも上手くなれるのであれば万々歳ではないかと。