ベースと左手 (6) そんなに握力が重要なのか?って疑問

非効率な演奏とその負担

 

以前から何度か話題に出していますが、スムーズなプレイについてだけでなく、強力な押弦を実現しようとするならば、握力に頼ろうとするフィンガリングはやめた方がよいでしょう。

 

強く押さえようと無理に握ろうとするのは怪我の元にもなりますし、当然、ものすごい負担にもなります。

 

先日の話に出てきた小指と他の指を連携させた押弦にしても、指先だけはもちろん、指だけを使おうとする意識は変えるべき。

 

楽器をしっかりホールドして腕を引きつけてみたり、自分の胴体と右腕も利用してテコの原理を意識してみたり、地道に一つ一つ考えたり実践していくことで、効果がより確実なものに変わる。

 

特に、脱力を意識するのであれば、握力の問題だけで何とかしようというのは絶対に無理があるし、すぐに限界も来てしまいます。

 

アスリートの意外な話

 

これと似たようなことを楽器とは別のところで感じたのが、体操の内村航平選手。

興味深いことに内村選手、握力が強いどころか平均以下かもしれないのだそうな。

 

素人目には尋常じゃない力を使っているように見えてしまいますが、そんなに力んでたら技なんか出せないと言われてみればなるほど、確かに納得だったり。

 

鉄棒競技などについては、「指をひっかけてるだけ。グルグル回れるのは白いハンドプロテクターがあるから。」なんて話をしているようでもありますし、やはり、そう単純なものではないのだと感じる次第。

 

最強なイメージのある女子レスリングの吉田沙保里選手などにしても、実は、握力はそれほどでもないらしいです。

 

強い握力が必要そうな競技である柔道の野村忠宏選手でも、握力は40kgぐらいなんて話だったり、意外とこういった事例が多く存在している。

 

まぁ、その単純な数字だけで判断するのは安易だし、もちろん、尋常ではない筋力を有しているはずだとも想像します。

 

でも、とりあえず、「ベースは握力!」みたいなイメージからは解放されていいんじゃないかと。

 

「トップアスリートをはるかに超える力が必要!」とか、それはありえないでしょう。

 

【スポンサーリンク】

 

 

握力は万能でもなんでもない

 

そう考えるとやはり、特定の筋力だけを意識したり鍛えたり、それが本当に正解なのかと疑問になります。

 

もし、握力が100kgを超すような化け物だったとしても、「その力で楽器を弾け!」と言うのは、なかなか無茶な話。

 

逆に興味深くもあるけれど、どう考えても常識的な人間の範疇には入らないですし、やはり、単純に握力を求めるのは違うように感じます。

 

そういえば、某サイトで見たコントラバスの奏者の動画などでも、「握力いくつだよ!」みたいなコメントが流れてたりしましたが、「いやいや、なに言ってんだ。」とツッコミたくなりましたね。

 

・親指で押弦してる場面でどうやって握力を使うのか?

・ガチガチに固定してどうやって美しいビブラートをかけるのか?

・ネックを思いっきり握りながらどうやって素早いポジション移動をするのか?

・手をがっちり閉じて合理的な運指をどうやって実現するのか?

・自分で自分を緊張・硬直させてどうやって良い演奏をするのか?

 

など、色々と認識がおかしいでしょうと。

 

この広い世の中、常識はずれの馬鹿力で楽器を弾いている人も中にはいそうですが、演奏に対してあまり変な幻想を抱くのもどうかと思います。

 

使う力を握力だけに限定する必要はない

 

逆に、そんなに握力やら身体的な強靭さが必要なのだと言うのであれば、手の力とか指の力ばかり意識してないで、背筋とかもっと強力な部分を利用することも考えるべきでしょう。

 

「楽器に対していかに効率的に力を加えるか?」というのが重要なわけであり、それを小さな部分だけに限定して解決しようとする必要はない。

 

体重のかけ方やら圧力のかけ方やら、考えるべき方法は沢山あるはず。

 

少なくとも、あごを突き出し猫背で弾くとか、眉間にしわをよせ歯を食いしばって弾くとか、それで効率的な演奏ができるとは思えませんし、単純に体に悪い。

 

どんなに優れた筋力を持っていたとしても、力を入れる方向が悪ければ、実際に働く力はそれだけ弱くなってしまう。

 

加えて、ガチガチに固まってるのが基本状態になってしまっていたりする場合、無条件に消耗を強いられることにもなってしまいます。

 

日常生活を健やかに送れるのはもちろん、ちょっとしたハードな場面でも耐えられる体力があるに越したことないのは当然ですが、やはり、筋力に対して過剰な幻想を抱くのは違うんじゃないかと。

 

言うなれば、演奏を握力程度の問題でどうにかできるとか、どうにかしようとするとか、そう考える方がかなり無理がある話。

 

範馬勇次郎でもあるまいし、やはり、そんな万能な力のわけがありません。