ベースと左手 (5) 一番強い指は実は小指なんじゃないかと思う話

小指は一番弱い?

 

常識的にはそんなイメージがありますが、実のところ、一番強力に押弦できるのは小指なのが現実。

 

確かに、それ単体で使うとなると厳しい面はあります。

それは間違いない。

 

しかし、人差し指・中指・薬指と他の指の力も借りることができる為、結果的に最も安定した押弦をすることが可能になるわけです。

 

3フレット4フィンガー

 

コントラバスなどでの基礎、先日の話のような運指をする場合、3フレット目に薬指ではなく小指を使うことになります。

 

しかしこの方法、薬指を全く使わないとか浮かせてもよいという話ではなく、小指の補助をするように押弦したり、そうやってより強い力を得るからこそ意味がある。

 

またこの際、人差し指と中指についても弦から露骨に浮かせるようなことはなく、全ての指を連動して小指の補助をするのがポイント。

 

あのでかい長いコントラバスに対し、一本一本の指の力で対抗しようというのはかなり無理がある為、こういった基礎が本当に重要になります。

 

まぁ、エレクトリックベースでここまでやる必要は無いのかもしれませんが、強力な押弦を実現するのであればやはり、全ての指を協力させるように地道に鍛えていく必要があるでしょう。

 

音の出方・伸び方も変わる

 

そんな全ての指を連動させた強力な押弦で面白いのは、サスティーンが豊かになったりデッドポイントに対しても有効なこと。

 

綺麗なフォームやピッチについてはとりあえず置いておいて、デッドを感じるポイントで思いっきり強くネックを握るように押弦してみると、効果が出るんじゃないかと。

 

この際、ヘッド側とネックの共振を押さえるように意識するのがコツと言いますか、上手くいけば通常は音詰まりしてしまう部分をサスティーンさせることが可能になります。

 

ネックが反りまくってるとかフレットがボコボコだとか、そもそも楽器がひどい状態にある場合はまた話が違いますが、ネック側の振動が大きな原因になっている場合、この方法がけっこう有効になる印象。

 

小指を使った方が強力な押弦を実現できる一つの例ですね。

当然、弦の不要な暴れも減るため、それだけ音も太くなります。

 

【スポンサーリンク】

 

 

小指は重要な存在

 

小指が弱いと感じるのは、小指そのものだけでなんとかしようと頑張っているからではないかと想像しますし、確かにそれだと頼りなく厳しい運指になってしまいます。

 

小指を上手く使おうと考えるならば他の指の力も借りたり、もっと言えば、手の側面や手首はもちろん、腕の筋肉や肘の使い方などまで意識してみると良いでしょう。

 

それ単体は当然のこと、指先だけを使おうとする意識などで済まそうとするのではなく、様々な力を借りることが重要です。

 

またはその逆に考えた場合、小指の力がなければ拳を上手く握れなかったりするように、他の指に対する影響も大きいことが考えられます。

 

そしてそれは恐らく、腕・肘・肩までで済む話でもなく、全身にすら影響があるものかもしれない。

 

小指をピン!と立てて強い握り拳を作ることはほぼ不可能だったり、そもそも体に力を入れること自体が難しくなるのが現実。

 

そう考えるとやはり、「一番強い指は実は小指である!」と言える可能性が普通にありそうです。 

このへん、刃牙を読んでいる人なら、あの件でなんとなく分かる話だったりして?

 

まぁ、それは半分冗談として、確かリチャード・ボナなんかも小指が一番強いというようなことを言っていた覚えがありますし、やはり、「使えない」とか「弱い」ってイメージとはまったく違うものに思えてきますね。

 

空手とかの拳の握り方などについて調べてみても面白いですし、想像とはかけ離れた強さと重要性を持っているのが小指という存在ではないかと。