ベースと左手 (4) 3フレット4フィンガーフォームに対する疑問

指を無理に広げない弾き方

 

正式名称やら呼び方は違いそうですが、コントラバスの世界などではスタンダードな3フレット4フィンガーのフォーム。

 

エレクトリックベースにおいてもこの方法を意識することによって、演奏が非常にスムーズになるかもしれません。

 

先日の話の通り、1フレット1フィンガーを維持するのはかなりの負担になる可能性があります。

その為、無理なストレッチなどをしなくても弾けるようになる意味は非常に大きい。

 

たとえば、1フレットに人差し指、2フレットに中指と、順に弾いていきます。

そこまではいつも通りとして、問題になるのは次の3フレット。

 

ここで薬指ではなく小指を構えることによって、無茶なストレッチや負担などを確実に減らせます。

 

フレットの無いコントラバスなどにとっては、正確な音程を維持するためにも重要な方法だと思いますし、これはエレクトリックベースのローポジションを弾くなどにおいても、非常に有効な印象。

 

素早いポジション移動が求められる面もありますが、指を不自然に伸ばすフォームを維持するよりは、常にリラックスして弾けるようになるはず。

 

【スポンサーリンク】

 

 

厳しい現実もある

 

非常に理に適っていそうなこの方法ですが、個人的に疑問になるところがあるのも本音だったり。

これを妄信して弾けないフレーズが出てくるというのも、ちょっとまずい話ですよね。

 

このあたり、メタルとか速弾きをやってる人なんかには、分かりやすく伝わるかと思います。

ギター基準の異常なスピードや複雑なフィンガリングなど、それを要求される世界は本当に過酷。

 

これについては、ジャズやフュージョンの世界でも同じようなものかもしれません。

 

複雑怪奇なユニゾンが求められたり、弦楽器以外から生まれたフレーズならではの理不尽な弾きづらさなど、そういうのが当たり前だったりします。

 

それを考えるとやはり、すべての指をちゃんと使えるに越したことはない。

 

理想論・実用外になってしまうのは疑問

 

上記のように、ローポジションでは薬指は使わないとか、指を広げる必要はないとか、とてもそんなことを言ってられない場面というのが多々あるのが現実。

 

律儀にフォームを守ってるだけみたいな感じだと、実用外の理想論になってしまう可能性がある。

 

もっと現実的に弾きやすくなる方法はないか、より実現に近付けるための良い方法がないか、それを自分なりに探していった方が良いはず。

 

「臨機応変」とまとめてしまうのも無責任なようですが、でも本当、明らかに実戦的に無理があるのに、それを律儀に守ったり頭固くガチガチに構えてしまうのは考えものです。

 

他の楽器の方法論をそのまま流用するのが理想とは言えないですし、エレクトリックベースならではの方法ってのがあって然るべき。

 

また、そのエレクトリック楽器だからこそ無茶が可能になるってことも絶対にあるんじゃないかと。

 

ギターからの流用だったり、コントラバスからの流用だったり、そこで止まってしまうのはどうなんだって話であり、それだと絶対キツくなる場合も多い。

 

やはり、「エレクトリックベースならではの弾き方」というのをもっと研究していきたいところですし、どんどん研究もされていくべきではないかと考える次第。