ベースと左手 (3) ワイドストレッチや1フレット1フィンガーフォームの疑問

本当に指を広げるべきなのか?

 

1フレットに対して指を1本ずつ当てるやり方。

 

これがフィンガリングの基本のように言われているのではないかと思いますが、年々、この方法に疑問を抱きつつあります。

 

ベースってギターより長いです大きいです。

そのノリや感覚をそのまま持ち込むのは正直つらい。

 

たとえば、教則物によくある「これが悪い例でこっちが正しい例です!」という写真や動画。

「いや明らかに無理してるでしょ!?」とツッコミたくなるような姿を後者がしていたりすると、ちょっと微妙な気分になります。

 

「とにかく指を広げなさい!」とか「合理的な運指を身に付けなさい!」とは言うけど、それを目指して指が「グキキ・・!」って感じになってるのはどうなのかなと。

 

それが本当に人体にとって理にかなっているのかどうか、やはり疑問になるところ。

 

右手だって左手だって同じ自分の手

 

本当に指を開き続けることが理想なのか?

 

ちょっと極端なようですが、右手側の指を開きっぱなしで弾こうしてみれば分かりやすい。

 

タッピングやら人工ハーモニクスなどについてはともかく、常識的に考えて、ここでワイドストレッチとか意識する人なんていないはず。

 

「役割が違うから関係ない!屁理屈!」なんて意見もありそうですが、本当にそうでしょうか?

 

そもそも、楽器を持ってない時点で試しても結構キツイわけですから、これが自然な姿勢で理にもかなっているとはまったく思えません。

 

「右手は楽してもいいけど左手は無理をさせるべき!」とか、そんな理屈があるわけがない。

 

指を伸ばすってのは意外なぐらい力が必要だったり、想像以上の負担もかかる印象。

 

そこに加え、親指まで変な風に使ってたりしたら、真面目な話、腱鞘炎などの怪我を招くことにもなるんじゃないかと。

 

【スポンサーリンク】

 

 

練習不足はまた別問題

 

指の感覚がまったく育ってないとか、押弦が甘すぎるとか、そういった段階を全然クリアできてないなんてことだったら、それは確かに問題だと思います。

 

フレーズの為にどうしても必要になるから練習しておく。

とにかく楽器に慣れるために練習しておく。

 

そういった目的があってごく短時間の取り組みで済ますのであれば、指を広げるトレーニングを意識するのも良いことかもしれません。

 

綺麗事だけでは済まされないことが多々あるのも楽器演奏の世界ですね。

 

怪我は100%敵

 

しかしやはり、毎日のように必死に伸ばし続けたり、本番でも律儀にそれを守って弾くというのは、個人的にはかなり微妙な気がするところ。

 

先日からの話で言うならば、ロッコのような左手のミュート技術もあるわけですし、「指を広げて弾くのが正義!」とか「絶対的なルール!」なんてことはありえない。

 

「脱力が大事!」という声が増えつつある今の世の中だからこそ、左手の使い方や基礎についてもっと真面目に考えたり議論されるべき。

 

そして、ベースに合った技術がもっと研究されていってもよいのではないかと考えます。

 

怪我してなんぼ!無理してなんぼ!

 

こういうのはもうやめましょう。終わりにしましょう。