ベースと左手 (1) その絶大な権力と重要性について考える

音程の選択

 

と言うのも淡泊なようですが、それを操る権利を持っているのは、ほぼ左手です。

 

開放弦って選択肢もありますが、それも結局、「押さえない」という選択を左手がすることによって生まれているものなのかもしれません。

 

ライトハンド、タッピングなどで抵抗する術も一応はあるけれど、基本的にはやはり、右手にそこまで強力な権利は与えられていない印象。

 

音程を自由に変えたいならほぼ左手主導、一任するしかないのが現実ではないかと。

 

音価の決定権

 

音の長さの選択も左手に強く握られているんじゃないかと思うところ。

 

どれぐらい伸ばすかまたは切るか、その絶妙さや重要なニュアンス付けなど、これまた左手には相当な権利が与えられているはず。

 

より歯切れの良い音を求める場合でもやはり、左手は大きな鍵を握っています。

 

逆に思いっきり音を伸ばすにしても、左手が働くからこその選択だと思いますし、本当に恐ろしいぐらいの支配力を持っているのが現実でしょう。

 

どんなに頑張って右手で弦を鳴らしたとしても、左手の妨害があれば呆気なく止められてしまう。

 

実際、ライブでやりましたこれ。

開放弦が重要な場面で左手がひっかかって台無しに。

 

【スポンサーリンク】

 

 

右手だけの特権ではないミュートサウンド

 

音の太さや立ち上がりに関しても、大きく関与してきたりするから困りもの。

 

ブリッジ付近をミュートしながら弾くというのは、ギターでもベースでも一般的に認識されている方法だと思います。

 

しかし、左手でも独特なミュートサウンドを実現することが可能であるという事実、それを知らない人も意外といる気がします。

 

弦を人差し指で押さえ、そこに他の指を被せるようにしたり、包むようにして弾いてみるこの方法。

 

タワー・オブ・パワーのロッコ・プレスティアなどが用いることで有名な奏法でもあるかもしれませんが、これの効果は本当に絶大な印象。

 

確実な押弦と組み合わせると、太くキレの良いサウンドを実現できるようになるはず。

 

また、音価のコントロールも非常にしやすくなる為、左手の権力をより増大させることができるようにも感じます。

 

責任重大

 

ただしかし、そんな絶大な力を握っている分、その責任も影響力も尋常ではありません。

 

特に音程的なミスに関しては、左手の方に大きく原因があるように感じます。

 

冗談抜きに、音を外すとかそういったミスを激減させたいのであれば、左手を確実に動かせることが何より重要なポイントになるんじゃないかと。

 

「たった1フレット間違えただけ」なんて言葉を聞くことがないように、それだけの話でも致命傷を負う事態になります。

 

そう考えると左手のミスというのは、「決してあってはならないもの」とすら言えそうです。

 

大事なメロディを半音間違えるとか、肝心なところでルートを半音間違えるとか、これをやった時の恐ろしさったらない。

高速フレーズ上でのちょっとしたミスなんてのならまだしも、それが全く許されないような場面でやると本当にトラウマ一直線。

 

ベースが分かりやすくミスった時のあの「ざわっ・・!」とした感じと緊張感。

 

もはや逆に快感になるものすらあるかもしれませんが、当然のことながら、そんなものは無いに越したことはない。

 

その日が天国になるか地獄になるか、左手が一生を左右する可能性が多分にあるわけですから、もっと真面目に議論すべき問題であると言えます。

 

続く