プレベとスティングレイを一本にまとめようとした話 (後編)

まず動画。

 

確か7~8年ぐらい前に撮ったものになります。

PBの音は誰でも知ってると思うのでハムの方だけを。

ちなみに配線はパラレルにしてあります。

 

まず乱暴な刻み。縦振動云々については全く考えていません。

www.youtube.com

 

 綺麗目なアルペジオとジャズギターのバッキングの真似事を。

www.youtube.com

 

あくまで実験

 

ミックスまで使えるようにすればさらに色々できそうではありますが、まぁ、このベース、そもそも実験に使うためだけにあるような物だったので、仕様を詰めようとか配線にまで凝ってみようとはならなかった次第。

 

「プレベとスティングレイを同居させることは可能なのか?」

それが興味の対象だった為、実用化についての関心はそこまでなかったりも。

 

本当にスティングレイそのもののサウンドを求めるのであれば、楽器本体はもちろん、オリジナルのプリまで用意する必要があるのでしょう。

 

徹底的に追いこみでもしない限り、フェンダーの音もミュージックマンの音も完璧に両立しようってのは、やっぱり厳しいんじゃないかなと。

 

誰か真面目に作ってみて欲しい

 

ただ、これはこれで面白い楽器になったので、最初からもっと真面目に作ったものなのであれば、けっこう良い結果になるんじゃないかと想像。

 

PBフロントにリアJの場合、リアの方が繊細すぎるかキャラが違いすぎると感じるような場合、リアだけでもゴツイ音を出すことが可能な今回の仕様は、なかなか面白い存在になるかもしれません。

 

また、これとは逆に、スティングレイにPBのPUを追加ってのでも面白そう。

 

しかしこのベース、先日からの流れ同様、すでに手放したものだったり。

推測でものを言うのが嫌だったのか、やってみないと気が済まなかったのか、この頃はとにかく実験衝動に駆られてたなぁと。

 

こだわりが有るんだか無いんだか、フラフラしまくりでした。

 

www.pompombass.com