個性の方向性と疑問 普通のベースを弾いたら普通に喜ばれた話

普通に弾いたら無個性?

 

「普通に弾くのはつまらない!」

「人と同じは嫌だ!」

「ベースって凄いんだぞ!」

 

と考えている人がどんどん増えているのか、地味~で普通なベースを弾くと意外なぐらい喜ばれたりすることがあるのが面白い話。

 

特に意識するでもなくただルートをキープするだけでも、

 

「ベースらしいベース!」

 

なんて評価されたりもするのだからまぁ、ある意味では皮肉のような気がするところ。

 

そしてそれは一度や二度の話ではなく、強い傾向として感じるぐらいな印象もあったりします。

そう考えると、今は逆に普通が普通じゃなくなってきてるのかと興味が湧くかもしれませんね。

 

派手なベース

 

友人に急遽サポートを頼まれた時のことですが、これもなかなか面白い体験でした。

 

前任者は大手の楽器店か何かのイベントなどで優勝経験のある方だったみたいでして、相当な凄腕だろうと安心して頼んだところ、予想に反して大変な事態になってしまったそうな。

 

なんでも、派手なテクニックや客席に向けたパフォーマンスばかりを意識するスタイルだったらしく、時にはバッキングを一切放棄することも珍しくなかった様子。

 

出音やタッチに関してもソロベース用に特化してるのか、いざバンドの中に入ってみると一瞬でかき消されてしまったり、ベースとしての存在感がまったくない。

 

とにかく周りの音を聴かない合わせない、タイムもグルーブもクソもない。

どうやってもバンドサウンドにならないなど、かなり酷い目に遭ったみたいです。

 

【スポンサーリンク】

 

 

実話普通

 

で、それに凝りたらしく次に自分が呼ばれたわけですが、

 

「あ~そうそう」

「ベースってこうだよね~」

 

と妙に納得されてしまった次第。

 

派手なことをやったわけではなく、斬新で面白いことをやったわけでもありません、

 

むしろ「つまんねー!」って言われそうなことを弾いたかと思いますがまぁ、それが一番正解だったり、それを多くの場面で求められるのがベースって楽器の性。

 

フレーズのバリエーションが増えたり指がよく動くようになったりした場合、ついつい何かやりたくなってしまうものですが、そこをあえて抑えるか攻めるか、そのあたりが実に面白くもあり、非常に難しいバランス感覚を要求されるところだと痛感する次第。

 

この辺の問題は本当、何かを悟りでもしない限り、一生悩み続けそうな気がします。

 

ベースの可能性=高音域の疑問

 

ベースにまだまだ多くの可能性が眠っていることは分かりますし、それを追及していく姿勢は素晴らしいものだと思います。

 

一方、そんな新たな何かを無理に求めなくてもベースは十分に良い楽器であり、地味に弾いたって楽しいものだなと満足してしまうのも本音だったり。

 

ギターや他の楽器へのコンプレックスみたいなのを丸出しにするのもどうかと感じますし、それだとかえって魅力を見失ってしまう恐れもある。

 

超多弦ベースなどに関してもそうかもしれませんが、それ自体を使うことが目的になってしまったり、特殊なものであることをアピールするだけになってしまうと、楽器としても音楽としてもよろしくない結果になるのかなと感じるところ。

 

「ベースはベースでいいじゃん」

 

なんて年々、思うようになってきたかもしれません。