生まれて初めて試奏したベースはSPECTOR 初心者・中学時代 (29) 

一歩踏み出す

 

前回の続き。

 

スペクターを発見したはいいけどやはり、とても手を出せる代物ではありませんでしたね。

中学生に20万オーバーの壁はあまりに高すぎ厚すぎました。

 

しかし、憧れ・幻のベースがそこにあるという事実に諦めきれず、その店に何度も通うことに。

自転車で片道30~40分ぐらいですかね。

放課後であたりが暗くなっていようが関係なく、スペクターを見に行ってた記憶があります。

 

で、そうなると嫌でも店員さんと顔馴染みになる為、 自然と会話もできるように。

良いか悪いかは別にして、そんなガツガツ来る感じの人じゃなかったのが助かりましたね。

 

そして、スペクターに憧れてる旨も伝えた結果、念願叶って試奏をさせてもらえることになった次第。

 

好奇心が人見知りを凌駕する

 

まぁ、「買ったんじゃねーのかよ!」ってツッコミたくなるしょぼい話でもありますが、試奏とかまったくやったこともなかった人間としてはこれでもかなりの大ごとでしたね。

 

大袈裟ではなく、一つの事件と言ってもよい出来事だったんじゃないかと思います。

 

お金を持ってない中学生、それが20万オーバーの楽器に触れるってだけでも、ちょっとした覚悟が必要になるわけです。

 

世間知らず&人見知りを好奇心と憧れが突き動かしたということを考えれば、意外と馬鹿にしたものではない話なんじゃないかと。

 

ただし緊張ガチガチだった

 

なんだか格好いい風に話していますが、正直言うと、緊張しまくってロクに弾けなかったのが情けない事実だったりします

 

その為、楽器のクオリティも何もまったく分からなかったという。

 

触れただけで満足したのか、恐れ多く申し訳ないって気持ちもあったのか、いずれにせよ、なんとも気の小さいつまらないやつだと恥ずかしくなる次第。

 

店員さんも「えぇ・・あんだけ弾きたがってたのにこれ・・?」と困惑した感じになってた記憶がありますね。

 

【スポンサーリンク】

 

 

されど一歩 その一歩が大事

 

でも真面目な話、これが偉大なる一歩だったと言いますか、この経験があったからこそ後の工房巡りなどにも繋がったり、ベースのオーダーをするまでに到ったのかと思うところ。

 

「うぇ!ここ入んのかよ!?」ってなりそうな雰囲気の店とかにも普通に行けるようになりましたし、恐怖や不安よりも好奇心や探求心が勝るってのは実に素晴らしいことですよね。

 

この体験がなければ後に数百本のベースを試奏をする事なんかも有り得なかった気がしますし、色々研究したり現在のメインであるジラウドに行きつくこともなかったのかもしれません。

 

スペクターに触ることができたあの経験。

今考えてみても本当に意味があるものだった良い思い出ですね。

 

スペクターの謎

 

ちなみにそのスペクター。

ヘッドをよく見てみたら漫画にあったものとはなんだかロゴが違うことに気付きました。

 

情報もなく知識もなかった為、

 

「え?まさか偽物?」

「でもそんな雰囲気ないよな?」

「これ高い楽器だよな?」

 

なんて感じに悩むことに。

試奏させてくれた店員さんもよく分からなかったようで、しばらく謎でしたね。

 

今はネットで情報が簡単に手に入るから『Spector SSD』とかで検索すればすぐ分かるかと思いますが、当時はそういったことが分からず困惑しました。

 

とは言え逆に、その手探り感とか手当たり次第の情報収集なんかが面白かったりもするんですよね。

あれはあれで良い時間を過ごしたし、それが今現在においても続いているのかなと思うところです。

 

とにかく全力でベースを楽しんでたなと。

 

「上達と発見しかなかった!」

 

という感じですね。