GARY MOOREの衝撃 カウボーイビバップからの影響 初心者・中学時代 (22)

初の号泣

 

とにかく兄貴から情報を仕入れていた中学時代。

メタルに限らずジャンル広かったのも良かったかなと思うところ。

 

その中でもゲイリー・ムーアは衝撃的な存在でしたね。

【Still Got The Blues】などは音楽を聴いてて生まれて初めて涙を流した曲だったりもします。

 

「何だこの泣き叫ぶようなギターは!?」

「こんな感情を込めて楽器を弾けるのか!?」

「この音の良さも何なんだ!?」

 

と心底ブッ飛ばされましたね。

 

スティル・ガット・ザ・ブルース

濃いアニメ、漫画が好きだった

 

言わずと知れた傑作アニメ『カウボーイビバップ』

 

そのエンディング曲である【The Real Folk Blues】の泥臭い感じとか歌詞とか、装甲騎兵ボトムズみたいな世界観とか雰囲気が大好きな自分。

 

その流れでゲイリーのブルース路線にも意外と抵抗がなかったのかもしれません。

 

当時はルパン三世の再放送なんかもよくやってたり、物心が付くか付かないかの内から大好きでよく見ていましたね。

 

また、ちょっと痛い感じの話をするのであれば、子供の頃からガンダムやらベルセルクなどの凄惨な世界にハマってたりもしました。

 

そう考えていくと精神的にはやはり、軽いロックやポップスに行くより、メタルとかブルース、ジャズなどに行く方が必然なのかなと思う次第。

 

カウボーイビバップは音楽にもハマった

 

ビバップについては幻の最終回である【よせあつめブルース】なんかもリアルタイムで見てましたし、サントラも買ったりかなり入れ込んでいた思い出があります。

 

非常に幅広く色々なものを聴けるので、視野を広げるにも良かったんじゃないかと。

 

たかがアニメと侮るなかれ、ビバップの為に集められたシートベルツのメンバーの錚々たる顔ぶれを見ると笑ってしまいます。

 

もちろん、当時はそんなこと知らずに聞いていましたが、良いものにはそれだけの理由がちゃんとあるってことなんでしょう。

 

今考えてもやはり、中学時代の自分がチャラいものに行くことを考えるより、ビバップの方に行った方が遥かに自然だと確信するところ。

 

中学時代から変わらぬ想い

 

アニメの話にちょっと脱線したので話を戻しましょう、

 

ま~、ゲイリーのギターは本当に衝撃でしたね。

 

「こんなベースを弾きたい!」

 

なんて意味もなく思うようになったりもしました。

 

具体案やイメージなどまったくありませんし、どうしたいんだかどうするべきなのか、本当になにも考えずに漠然とそう思っていた記憶。

 

でもこれに関してはやっぱり、今でも強く持っている気持ちのように感じますね。

 

・どうしたら人を感動させることができるのか?

・どうしたらそんな演奏ができるのか

・どうしたらそんな音を出せるのか?

 

などそんな理想を追い求めた結果、縦振動やタッチの研究にも繋がっていったのかもしれません。

 

そう思うとまぁ、先日の話の通り、中学時代からやってることがずっと変わってない気もしたり。

 

もっと言うと、このブログと似たようなこともやってたのも本当の話。

ノート数冊分、ベースと音楽について書きまくるなんてこともしてた次第。

 

よくある『黒歴史ノート』ってやつと同じ感じですが、それが今でも続いてると考えるとちょっと笑ってしまいますよね。

 

良くも悪くもオタク気質。

痛くて気持ち悪いことに向いているのでしょう。

 

そんなこんな、ゲイリー・ムーアを聴くことでまた意識の変化が生まれたわけですが、そこでさらに兄貴に教えてもらったのが『ジョン・サイクス』

 

ここでまた色々と衝撃を受けることになるのですが、その話についてはまた後日。