ベース初心者・中学時代 (19) 文化祭が終わってメタルモードに戻るがSLAYERで挫折を味わう

さらに燃える

 

幸か親不幸か「文化祭が終わったから今度は受験だ!」なんて気持ちには全くならかった自分、ますますベースにのめり込んでいく事になります。

 

「やっと好きなものに戻れる!」ってのもありましたし「もっとゴリゴリのベースが聴けるアルバムを教えてくれ!」と兄貴に頼み、また色々と教えてもらった次第。

 

その中でも印象的だったのは『Anthrax』『Persistence Of Time』と言うアルバムに入ってる【Got The Time】

 

この曲はもう、のっけからゴリゴリの刻みが聴けますし、分かりやすい疾走感も実に心地よい。

ヘヴィで分厚いサウンドとはまたちょっと違うかもしれませんが、それが逆に新鮮で記憶に残りました。

 

他には『Skid Row』『Slave to the grind』に入ってる【Monkey Business】って一曲目も印象的。

 

兄貴が欲しがってたのがSpectorのベースなんですが、それを弾いてるって事もあり、これもまた記憶に残っています。

 

ちなみに、永野護氏の『フール・フォー・ザ・シティ』って漫画の最初の見開きのカラーページに、Spector NS-2の写真がでかでかと載ってますが、当時あれにかなり憧れたり。

 

始めての挫折

 

そんなこんな、ベースサウンドだけではなく、さらに過激なバンドサウンドはないものかとそっちにも興味が湧き、『Slayer』『Reign In Blood』と言うアルバムを教えてもらいました。

 

しかし、「うぉぉ・・これは無理かもしれない・・・」なんて感覚に初めて襲われたのをよく覚えています。

 

容赦の欠片もないそのサウンドと世界観、刃物で切り付けられているような感覚と言うか、圧倒的な窒息感とでも言いますか、アルバムを通しで聴く事をギブアップしてしまった次第。

 

四大スラッシュメタル中、メタリカ、メガデス、アンスラックスは聴けても、スレイヤーはちょっと次元が異なっていた気がして、とても踏み込めませんでした。

 

まさに四天王最強の存在って感じ。

 

そしてここで、「どうやら自分は結構軟弱だったらしい・・・」と気付く事に。

 

少し好みが変わり始める

 

まぁほんと、それで力が抜けてしまったか、文化祭で色々経験した事もあってか、好みが少しずつ変化していき、「メタル以外も聴いてみるかなぁ」なんて感じで、また何か今までと異なるスイッチが入ったかもしれません。

 

後、これはまた別記事にする予定ですが、助っ人を頼まれた方のバンドのギターとの交流が頻繁になった為、それも大きかったんじゃないかと想像するところ。

 

そいつの親父さんに譜面を渡されてベンチャーズのコピーなんかもしましたし、一緒に合わせたりCDも借りたり、メタル一辺倒な感じとは明らかに異なる事もやるようになったわけです。

 

聴くものの幅が広がりつつあるのを実感していましたし、視野が広がりつつもあったような気もしますし、演奏面においても指弾きに興味が湧いたりなど、何だか忙しく変化が起きていましたね。

 

続く。