ベース初心者・中学時代 (16) 文化祭本番の話

いよいよ本番

 

トップバッターがミスチルバンド、自分のバンド、助っ人で参加した突貫イエモンバンドがトリって順番に決定しました。

 

あまり好きになれなかった例の先生ですが、この順番を考えるとけっこう気を使ったのかなと感じるところだったり。

 

なんせ、前年度のバンドが酷かった為、あの冷めた空気が流れるのは御免だったんだろうなと想像。

 

自分のバンドがトップバッターかトリだった場合、そんな空気になる可能性が高かったかもしれません。

 

なんだかんだ出場させてくれたし、実は良い仕事してくれたんじゃないかと。

 

ミスチルバンド

 

そんなわけでトップバッターはリア充系バンド。

 

先日の話の通り、流石の安定感とまとまりっぷりと言いますか、なんの危なげもなく見事な仕事っぷりだった印象。

 

「去年とは違うぜ!」ってアピールをするには十分すぎるインパクトであり、バンドとしてのクオリティが段違いだったなと。

 

タイムマシーンって曲だったか、イントロのギターとか相当に美味しかったですね。

やはり、見せ場があると人の印象にも残るらしく、もちろん自分も覚えています。

そして、それだけ周囲の評判も良かった様子。

 

ドラムも思い切りが良く音もデカかったですし、凄い迫力と説得力があった。

 

ベースに関しても、自分とはまったく違うサウンドとスタイルで曲に貢献していて、あれは本当に凄くいい刺激と体験になりましたね。

 

恐らくですが、自分があのバンドに入っても邪魔なだけだったろうなと想像。

あんな音は出せないし、あんなフレーズも弾けない。

 

それらしいグルーブも絶対出せなかっただろうし、「まさかあいつがあんなに上手かったなんて・・・」と影の努力ってのものを凄く感じたかもしれません。

 

驕り高ぶり、人をナメちゃいけないなと痛感した次第。

 

自分のバンド

 

と、そんな評判も良かったであろう、よくできたバンドの後ってのは嫌なものですが、時間は無情に過ぎ、自分のバンドの出番がやってきます。

 

まぁ、何度も言いますように、クオリティに関してはお察し。

3バンド中、断トツ最下位の仕上がり。

 

また、まずいことに、自分を含め皆も緊張丸出しだった為、本番はさらによろしくなかった。

 

「歪みを知らないんじゃ?」って感じのどクリーンなギターサウンドが寒々しく響いていたかもしれませんし、ベースだけ張りきって音を主張するのも変な感じ。

 

何より、誰も知らないような曲でいったのが不味かったのか、「し~ん・・・」とした雰囲気を強く感じましたね。

 

まさに兄貴の忠告通りになったかなと。

覚悟していたとは言え、なかなかの体験をしたと思います。

 

【スポンサーリンク】

 

 

意外と無力だった自分に気付く

 

ただ、ボーカルがマスコット的に女子に人気だったことがあってか、キャーキャーとそれなりに盛り上がったのも確かなので、それは本当に救われました。

 

シャウトもどきも頑張ってやってくれて歓声も湧いたり、結果的にそこまで悪いものにはならなかった。

 

まぁほんと、「明らかにド素人だろ!」ってやつの方がよっぽどバンドを盛り上げ貢献してくれたという事実。

一人がちょっと上手いだけとか、不愛想に格好付けたり粋がってるとか、そんなことではバンドは成り立たない。

 

人間そのものの魅力と存在感、その重要性、ライブならではのお祭り的楽しさや難しさなど、一曲だけの短い時間ながら凄く学べましたね。

 

正直、バンドとしてのクオリティは相当に低かったですし、ライブの印象としても物凄く薄かっただろうなと想像するところ。

 

兄貴の言いなりみたいになってしまった自分にも反省しますが、しかし、それでもやっぱり、やって良かったなと心底思います。

 

受験もクソもなく巻き込んだ自分の我儘に付き合ってくれたメンバーには本当に感謝だなぁと。

 

そして、もはやすっかりメインになってしまった突貫バンドの出番が来たわけですが、続けると長くなるので、それはまた次回。