ベース初心者・中学時代 (15) バンドの個性の違いとその面白さ 初めての爆音の衝撃

正体不明VSリア充

 

音楽室でのリハで印象的だったのは、デモを審査した例の先生。

 

ミスチルコピーバンドの方のベースを「何だお前上手いじゃねーか!やるじゃん!」としきりに褒めていまして、こっちはバンド含めほぼスルー状態だったのが笑えるところ。

 

自分が人間的に合わなかったのもありそうですが、最初から最後まで「何か扱い違わね?」みたいなアウェー状態だった覚えがあります。

 

加えてまた、これも面白いシチュエーションと言うか、ミスチルバンドの方はいわゆるリア充系グループとでも言いますか、バスケ部とかで女子の人気もあり、表舞台で光り輝いている感じ。

 

 一方、授業はさぼるし全然勉強もしない、帰宅部でアニメ好きの漫画好き、ゲーマーでしかもメタルにハマってる自分。

 

そのオタクならではの負のオーラとリア充系オーラ、否が応にも真っ向対立する感じだった気がすると言うか、勝手に設定していたかもしれません。

 

おまけに突貫バンドの方がこれまた曲者ぞろい。

 

・裸で走り出したり何をしでかすか分からない奇行が目立つボーカル

・成績超優秀なのに芸人気質でノリが良く面白いドラム

・ファンクラブがあるほど女子人気は高いが意外とゲーマーだったり微妙に表からずれてるギター

 

など、何だかまとまりがなく得体の知れない集団になっていたなと。

今考えてもその個性のぶつかり合いってのが面白かったですね。

 

体育館でのリハーサル

 

そんなこんな、何だか微妙にアウェー状態な気がした音楽室でのリハを終え、今度は体育館に機材を持ち込んで本格的なサウンドチェックをすることになった次第。

 

自分達だけではなく、文化祭の準備をする為の生徒も普通にいたり、ギャラリーがいるとやはり別物になると言うか、ちょっと緊張もしたなと。

 

しかしそれも一瞬と言うか、いざ爆音を出したらま~ブッ飛びました。

こんな気持ちいいことが世の中にあるのかと物凄い衝撃。

 

ああなるとほんと、テンション上がりっぱなしで緊張もクソもないですね。

とにかく「もっとやらせろ!」ってなる。

 

特に、SPARKの盛り上がりが尋常じゃない印象でして、「こりゃイケる!」って確信が持てたかもしれません。

 

本当に楽しい貴重な原体験って感じでした。

 

バンドは楽しい!気持ちいい!

 

ああいう気持ち良さを知ってるか知らないか、それが滅茶苦茶大きいと言うか、全てにだってなる可能性があります。

 

まぁそれだけに、人生踏み外すやつもいるとは思いますが、それはそれで楽しくていいじゃんってことで。

 

でかいバンドサウンドってのはある意味、異世界にいざなうものと表現するべきか、やっぱり想像を超えて凄いもの。

 

あまり使いたくない言葉ですが、こればっかりは「理屈じゃない!」って言うしかない感覚かも?

 

続く。