ベース初心者・中学時代 (14) 完璧主義への疑問 文化祭リハでのちょっとした衝撃など

四の五の言わずとにかく動く

 

とにかく突貫工事ではありましたが、何とか形になった二つの我がバンド。

 

自分が好きなメタルをやるなんてわけには行きませんでしたが、これはほんと、上を見たらキリがないし、時間内にも絶対収まらなかったと思います。

 

これは学生もプロもアマも関係ない話と言うか、期限内にやるべきことをやる大切さってのを学んだように感じるところ。

 

特に、イエモンのコピーバンドの方に関しては、時間が本当に僅かしかなかった為、より強くそれを実感しました

 

色々な意見があることかと思いますが、中途半端なこだわりとか身の丈に合わない完璧主義なんてのものは、無駄に足を引っ張るだけなのかなと。

 

理想だけはやたら高いんだけまぁ、グダグダのままライブもせずに終わったバンドなんかもありますし、そういうのは結局、何も進まず何も得られなかったりする。

 

見切り発車であろうと、目標と締め切りさえハッキリしていれば、人間ってのはそれに向かって動き出し、意外と何とかしてしまうものなのかもしれません。

 

完全なる自由の中で動くというのは、逆に難しかったりもする印象。

 

なめてた奴にびびらされる

 

そんなこんな、本番を向かえるにあたり、ミスチルをコピーしてたバンドの方とも連携を取ることに。

 

楽器店からアンプ(簡易PAもだったかな?)をレンタルしたり、自分が持ってたスタックのベーアンやS君のドラムセットを学校に運んだり、当日に向けていよいよ動き出したって感じになります。

 

で、ここで個人的にちょっとショックを受けたのが、音楽室でのリハーサルタイム。

ミスチルバンドのそのベースプレイとサウンドに肝を冷やしました。

 

使っていたのは恐らく、フェンダージャパンのジャズベだと思いますが、そのナチュラルな音の太さはもちろん、バンドになじむような混ざるような、そんな感覚に驚かされました。

 

メタルが大好きだった為、とにかくゴリゴリバキバキのアタックを出して目立とうと思っていた自分。

 

「こんなベースの音があるのか世界があるのか・・」と、自信の揺らぎと混乱を感じていた次第。

 

単純な指の動きの速さとか、そういう面で見たら自分の方がはるかに上だったのは確かですが、ベース的な敗北感を覚えたと言いますか、「やべぇ・・負けたかも・・・」となったのが正直な話。

 

意味もなくフェンダーやサンバーストの楽器を嫌っていたのもありますが、それだけにけっこう悔しくなった記憶があります。

 

バンドはトータル

 

ずっと地道に準備をしていたのか、バンドとしても非常によくまとまっており、言ってみれば寄せ集めにすぎないこっちのサウンドとはぜんぜん違ったのも衝撃。

 

同じ部活だったりメンバー同士の付き合いも長そうでしたし、常日頃から仲が良かったのだとも思いますし、とにかく安定感と仕上がりが違う。

 

これまた正直な話、助っ人参加の方ではない自分のバンドは完全に負けていたと言いますか、まったく比較になってなかったなぁと。

 

個々の力の差はもちろんの事、バンドはやっぱりトータルの勝負なんだと思い知った瞬間でした。

 

続く。