文化祭に向けバンドの苦労と楽しさを味わう 初心者・中学時代 (10)

メンバー集め

 

「さあ文化祭でライブだ!」

 

となると当然、メンバーを集めなければいけないわけですが、軽音楽部なんて洒落たものがあるはずもなかった為、人選は本当にいいかげんでした。

 

こう言ってしまうのも自惚れか嫌味な様かもしれませんが、自分と同じぐらい音楽にのめりこんでると感じる人間が一人を除き存在していなかったのと、そいつはもう違うバンドをやってるときました。

 

その為、同じクラスだったからとか仲が良かったからとか、言うなれば、志も何もないテキトーな理由で寄せ集めた為、当然のことながらそんな上手いわけもない。

 

正直、文化祭に向けたメンバー探しや選曲には不安しかなかったことを覚えてます。

 

・ボーカルは上手も下手もクソもなく近所の同級生に無理矢理やらせる

・ギターの二人も何となく始めただけで大した練習はしていない

・ドラムはほんの少し触ってたぐらいで真面目に始めるのは今回の話があってから

 

など、本当にそんなレベルからのスタートでした。

 

曲選び

 

この状況ではもちろん、メタルをやるどころの話ではありませんでしたし、Xとかやりたくても出来るわけがありません。

 

「バンドやるのに色々順番がおかしいだろ!」

 

ってのもその通りな気はしますが、まぁでも、ありがちな見切り発車とか計画性の無いグダグダ具合にまとめ方など、そういったものを早くに経験できたって意味では、それも貴重な体験だったかなと

 

とは言え当然、「このままではどうにもならんぞ!」って流れになりまして、毎度の如く兄貴に相談。

そしてその結果、『LADIES ROOM』【So Many So Sweet】という曲をやることになった次第。

 

「バンド初めてやるならとりあえずこの辺から試してみれば?」

 

みたいな感じのアドバイスだったと思います。

譜面も家にありましたし、これなら何とかイケるんじゃないかと。

 

【スポンサーリンク】

 

 

バンド活動は難しい・現実は厳しい

 

兄貴に選曲してもらったはいいですが、「知られてない曲は盛り上がらないだろうから覚悟しとけよ~?」と忠告もされたので、それがけっこう怖かったですね。

 

後はやっぱり、正直に言って大したバンドにもクオリティにもならないことを確信していた為、楽しみってよりは不安の方が大きかった。

 

「とにかくライブやってみたい!」

 

という気持ちで動いてましたし、練習も必死にやってましたが、「恥かいても仕方ないか・・」ってのも本音だったかなと。

 

また、困ったことに、練習場所にあてにしていた所から断られたり、時間も本当に限られていた為、忙しく焦ってた記憶しかないかもしれません。

 

とりあえず、ドラムを頼んだS君の家で練習できることになり、その点に関しては一安心でしたが、まぁほんと、この頃からすでにバンドの大変さってのを実感していたように感じます。

 

・自分一人弾けてても大した力にはならない

・多少上手なぐらいで何とかなるほど甘くはない

・誰かの助けがなければとてもやりきれない

 

など、勉強になることが沢山ありました。

 

やる気だけはある自分の空回りっぷりや世間知らずっぷりなど、今考えてもなかなか恥ずかしい話だなと痛感するところ。

 

バンドは楽しい!

 

とは言え、多少の苦労も何のその、一人でコツコツ練習してるのと皆と合わせるのとでは、やっぱり何もかもがまったく違う。

 

特に、ドラムと合わせると一気にバンドやってる感が出ると言いますか、その気持ち良さとか感動は格別なもの。

 

この感覚と快感に人は惹かれ、強く魅せられるんだろうなと実感しましたね。

 

下手なメンバーがいようが何だろうが、初めてバンドとして音を出す衝撃とか喜びは共有できるし味わえる。

ここに通ぶってケチをつける様なのはつまらないアホか愚物ってか、そういうモンじゃねぇだろと。

 

実に貴重で大切な時間だったと今でも思います。