BOOWYのコピーで印象に残ってる曲 初心者・中学時代 (2)

B・BLUEとLIKE A CHILD

 

先日の【NO.NEW YORK】はもちろんですが、この2曲も自分としては外せません。

けっこう必死に練習してたのを思い出します。

 

B・BLUE

 

この曲に関しては、イントロにあるギターとベースのユニゾンフレーズでつまずきました。

 

前回に続き、これまた誤解を承知で言うならば、左手をあまり動かさずともコピーできていたのがNO.NEW YORK。

 

そこに、指を広げて細かく動かさなければいけないフレーズが来たものだから、本当に凄まじい難易度に感じた次第。

 

「小指まで使えないと駄目だ!」

 

なんて意識をし始めたのは明らかにこの曲の影響からでして、無我夢中で練習していました。

 

笑い話のようですが、自分の右腕をネックに見立て、学校でも指を動かす練習をしていたのを思い出します。

 

LIKE A CHILD

 

この曲についても、Aメロ前のフレーズで大苦戦した記憶があります。

 

弦飛びと言いましょうか、一本の弦をずっと連続して弾いていれば良かったのが、3弦から1弦まで忙しく動かす必要があった為、これも本当にきつかったなと。

 

他にもこの曲ならではと言うか、単純な8ビートの刻みと違うパターンに慣れるのも大変でした。

 

「ドドドド・・」と刻んでいれば良かったのと違い、「タタッタタタッタ」と小さい「ッ」が入る感覚を覚えるのにも悪戦苦闘。

 

絶妙に休符を入れる、歯切れ良くタイトにベースを弾くというのは、本当に重要なポイントです。

そのあたりもこの曲から教わりましたし、原点とも言えそうです。

 

16分音符を使った刻みなども部分的に求められたり、そんな音価のコントロールが面白く、やはり印象に残ってる曲ですね。

 

思い出の3曲

 

他にもコピーした曲はもちろんありますが、先日から含め、BOOWYのこの3曲は凄く思い出深い存在です。

 

ベース人生の始まりと言うべきか、 とにかく毎日楽しく弾いていたなと。

 

いきなり全部弾けってのは流石に無理だけど、コツコツやってれば絶対弾けるようになる。

通して弾けるようになればそれだけ練習時間も増えるし、どんどん上手くもなる。

 

そういう大切な感覚を学んだ気がする次第。

 

中学一年の後半、13歳でベースを始めましたが、なかなか良いスタートを切ることができたんじゃないかとBOOWYに感謝。