超多弦ベースに感じるデメリット、あまり惹かれない話

自分は多弦派

 

多弦ベースについて以前に話しましたが、自分は17歳の時に4弦から6弦に行った人間です。

不思議なぐらい5弦には興味がなかった為、いきなり6弦に飛びました。

 

これまた以前にも話した通り、そもそも6弦でないとコピーができない曲があったので、5弦を弾くことはまったく頭になかったかもしれません。

 

そして多くの人がそうだと思いますが、自分も多弦に慣れるのには時間がかかりました。

今でこそ4弦の方に違和感を抱くような身になりはしましたが、最初はやっぱり大苦戦しましたね。

 

長く多弦に触れていた甲斐あってと言うべきなのか、感覚的には7弦までなら問題なく弾けると考えています。

 

結局のところ、慣れの問題でもあるんでしょうね。

好きなら自然と弾けるようになるはずですし、自分もそうである自信があります。

 

超多弦にはほとんど利点を感じない

 

7弦までならOKですが、そこから上はさすがに厳しいしほとんど興味もない、それが正直な感想かもしれません。

 

何より音楽的な必然が薄い印象が強いですね。

身体的にも窮屈になり、かえって自由を失ってしまう。

 

結局、人間である以上はどうやったって身体的な問題からは逃れないということか、超多弦ベースに関しては「人類向きな楽器ではない」ように感じるところ。

 

タッピングがメインになってしまったりするのも辛いですし、それならチャップマンスティックみたいな形状だったり、まったく別の楽器のように仕上げた方が良いんじゃないかと思います。

 

9弦とか11弦をバリバリ弾きまくれる人を実際に目の前で観たりもしましたが、たとえ同じ低い音域であったとしても、楽器としての響きがベース的にかなり厳しくなってくる印象。

 

やはりもう、「完全に違う楽器」って気がしました。

 

その人の実力であれば、恐らくは何でもこなすのだろうと想像もするけれど、このスタイルがスタンダードになることはまず無いだろうと感じもした次第。

 

【スポンサーリンク】 

 

 

人間が弾くには様々な面で厳しくなる

 

自分の中に「新しいものに対する偏見」というのもありそうですが、超多弦に関してはそれでは済まされない厳しい現実が絶対に存在するでしょう。

 

単純に楽器の構造として苦しい、響きとして無理がある、見た目にも不自然、異質でしかない、そんな印象が強いですね。

 

繰り返すようですが我々が人間である以上、身体的な制限が少ないことのメリットというのは計り知れないはずなんです。

 

4弦というのは弦の本数や音域こそ狭くなれど、全てのポジションが美味しく使えたり、弾くのも楽だったりする。

 

そして「無理がない」という意味では、楽器の設計についても同じことが言えそうですよね。

「機能美」というものについても、そういった感覚から判断できる可能性はあるかと思います。

 

正直に言って超多弦はあまり美しく感じない、何かが破綻している、そんな印象を受けるものが非常に多いです。

 

弦の本数自体に意義を感じるのは寂しい

 

超多弦の根本的な問題点がこれなんじゃないかと考えます。

 

「音楽的に」と言うよりは、楽器の存在自体が意義や価値になってしまっている、何か変なことをやって目立ちたいという、あまり良くない性質を感じるところ。

 

もっと言えば、楽器が人間に勝ってしまっているようにも思える。

多弦であること自体が自慢であったり主張なのであれば、それはやはり色々疑問になるところです。

 

6弦ぐらいなら普通に見かけるようにもなってきた世の中ですが、一方、10弦とかそういうのがスタンダードな存在になることはやっぱり無いかなって想像します。

 

脳の認識的にもそうなのかもしれませんが、単純に大変そう、複雑そう、面倒そうで拒否したくなってしまう面がありますし、このあたりについては前述の機能美の話とも繋がりそうですよね。

 

奇異に見えることはあっても「弾きたい!良い音しそう!」とはならないなと。