4弦=旧式ではない

先日からの流れの感じだと「4弦=旧式。多弦=最新式。」みたいな話になってしまいそうなところかもしれませんが、それはあまりに安易な判断か極論だと思うのが正直な話。

 

自分が考えるに、4弦の方が身体的な面で有利と言いますか、動作に制約が少ない気がするので、4弦を使ってる時点で技巧的に劣るだのそんな事は有り得ないと感じるところ。

むしろ、超人的なプレイは4弦がメインの人の方にこそ多い様な印象があるかもしれませんし、ステージパフォーマンス的にも多弦での自由度と4弦での自由度は確実に異なると思います。

 

そしてその意味で4弦を愛用している人も絶対に多いはず。

 

今の時代、6弦でもバリバリに動きまくって弾きまくってなんて人もいると言うか、実際にこの目で見た事がありますし、楽器の大型化からの制約など全く問題にしない人がいるのも確かです。

しかしやはり、シンプルが故に自由度が高いというのも絶対無視できない話なのではないかと。

単純に見た目がスマートで格好良いなんてのも十分すぎる拘りの理由になると思いますし、4弦の方が気軽に自由に暴れられるなんてのも立派に目的に沿っているはず。

 

例えばの話、ラリーグラハムやルイスジョンソン、ブーツィーコリンズの様な人達が6弦持って大人しく弾いているってのはあまり想像が出来ません。

自分としてもそんな姿を見たらガッカリしてしまうと思いますし「そうじゃねぇだろ!」と絶対ツッコミたくなります。

ビリーシーンなんかにしても、4弦だからこそのドライブ感や勢い・迫力なんじゃないかと感じますし、あれでちまちまと6弦を弾いていたらさぞかし格好良くなくなるだろうと想像するところ。

勿論、それでも素晴らしいプレイを披露してくれるとは思いますが、でもやっぱり「何か違うよなぁ・・」となるはず。

 

逆に、多弦じゃないと全然しっくりこなかったり、雰囲気が出ないなんて事もあるから世の中面白い。

自分の話で恐縮ですが、多弦歴の方が長い為、珍しく4弦を持って行ったりすると「何だそれ!?似合わねぇ~!!」と仲間に言われる事なんかがあったり。

『堂に入る』なんて言葉がありますが、結局、どこまでそれを自然に扱えるか感覚が行き渡っているか、そういう事が大切なのかもしれません。

 

そういう意味では「多弦なんて絶対弾きたくない!」と言うのも分かる話ですし、感覚的に全く受け付けない、自然な物として認識出来ないのであれば、それは仕方のない事だと思います。

どうやっても無理なものはそりゃ無理だろうと。

自分の良いところを殺してしまったり活かせなくなるのでは意味が無い、そういう直感って大事な気がします。

 

選択肢が無数に存在する様な世の中だからこそ、4弦が無くなるなんて事は絶対に有り得ない。

それを扱うのが人間である以上、実は楽器の進化なんてたかが知れているものかもしれませんし、弦を増やすかどうかなんてのはある意味、原始的な発想もいいところなのかなと。

音楽が無限の様に変化したり発展する事はあっても、道具自体は根本的にはそんなに変化しないんだろうなと思います。

 

なんぼ現代的に改良したところで野球のバットはバット、ゴルフのクラブはクラブとでも言いますか、それ自体や存在を否定したり古いと言ってもどうにもならない。

結局、コチコチの頭のままでいたり、視野があまりに狭いのが問題なのであって、4弦だからシンプルに渋くとか6弦だからテクニカルにとか、そんな風にイメージを限定しようとする事にやはり大して意味はない様な。

 

自分がやりたい事に合わせて道具を選べばよい、必要なサウンドを手に入れれば良い、それが何よりかと感じる次第。

 

pompombass.hatenablog.com