D級アンプは便利だけど・・ 小型軽量の悩み

超小型軽量大出力だけど・・・

 

昨今、コンパクトなアンプがどんどん増えていますが、正直、音的には難があるものも多い印象。

 

大音量でスラップなんかするとよく分かりますが、「ズドンッ!」と来てほしいのに「ドムゥン・・」って感じになまってしまうと言うか、強烈なピークに反応も対応もしきれず、音が頭打ちになってしまうのが辛い。

 

良く言えば「コンプ感があって落ち着く」なんて見方もできるのかもしれません。

しかし、ガツンと言わせたいのにこの特性は非常によろしくないところ。

 

また、実際に自分でやりましたが、大出力をうたってる癖にスラップのサムピング一発で飛んじゃったやつなんかもあったので参りました。

 

これはまぁ、D級云々とは別問題な可能性も高いですが、いずれにせよ、あれは良い印象がまったくありませんでしたね。

 

耐久性に難があるのはその時点で論外ですし、音に関してもいまいち感が強い。

とにかくレスポンスが遅いな実際のレンジも狭いような、ダイナミクスも希薄で弾いてて何も面白くなかった。

 

スペックはあてにならない

 

「このサイズ、重量で1000W!?」

 

今の世の中、こういう驚くようものも普通にあったりします。

 

が、実際に使ってみると意外と大した音量にはならなかったり、メリハリもなく押し出しも弱かったり、「こりゃ厳しいなぁ・・」と手放してしまうことも多い。

 

特にエレクトリックベースというのは、瞬時に大量のエネルギーを必要とする楽器。

そこで供給が追いつかず変な溜めがあったり、常にいっぱいいっぱいなのでは、当然こまります。

 

スラップにこだわる人に限らず、低い帯域まで歯切れの良さをしっかり求める人などにおいては死活問題ですよね。

 

いちいちアタックがなまってたり、音が遅れるような詰まるような感覚があったり、そんな鳴り方をしていては気持ち悪くて仕方ないと。

 

しかし残念ながら、軽量小型アンプの多くにそんな癖を感じるのが現実でしょうか。

出力ほどのパワー感も押しの強さなどもないのが寂しいところ。

 

価格の安いものほど、それと比例するようにクオリティの方も落ちる印象であり、それこそ、前述のように耐久性にも難がある場合、実用的にもかなり厳しくなってきます。

 

前述の飛ばしたアンプなどは確か、ブリッジ出力で800W以上の出力を売りにしていましたが、その半分もないような音量しか出ない感じ

 

残念ながら、カタログスペックなんて本当に当てにならないものだと痛感した次第。

 

これからに期待

 

軽量小型に厳しい印象があるのが現時点での正直な感想ですが、先日も話したD.markが製作するヘッドアンプなどについては、また話が違ってきそうです。

 

5kgほどの小型軽量でも非常に高いクオリティに仕上がっていて驚かされます。

それを考えれば、まだまだ進化する余地も大いに感じるところ。

 

もちろん、それなりに高価になりますし、超ヘヴィ級のアンプと比較してどうなのかってのは分かりません。

しかし、そういった新しいものが出てきてくれる、増えてきてくれるのは大歓迎なことではないかと。

 

先日からの繰り返しになるようですが、良いシステムや環境が充実してきてくれればそれが何よりだと思います。

 

「やっぱ小型なんて駄目だぁ~!

「無理無理!諦めよう!」

 

と終わらせず抵抗し、進化したものが出てきてくれた方が絶対に面白い。

 

新しいアンプのこれからに期待!