ポングとベース

ベース楽しむ人生を

能率の高いスピーカーの方が好きな話

「能率が3db違うと音量が倍になる」って話があるみたいですが、実際、高能率なスピーカーだと、小出力のパワーアンプでもかなりの音量が出る印象。

 

厳密にそのスペックと数値通りの大きさであるかはともかく、我が家のサーウィンベガなどは、ジラウドのヘッドホンアンプで鳴らしてもなかなか強力です。

ほんの数W有るか無いかぐらいのパワーでも、けっこう驚くような音量になります。

 

そのベガの能率をネット上で調べてみましたが、能率104dbという事になるそうな。

まぁ、この数値が本当かどうかはちょっと怪しいかなって気がするところでもありますが、いずれにせよ、能率80db台のものとは比較にならないのは確かな印象。

 

例えば、能率が15db違うと32倍の音量差が発生するとか、そんな馬鹿なと言いたくなる話にもなってくると。

同じアンプを使ったとしても、スピーカーによって数倍どころか10倍をもはるかに超える差が出てくるであろうと考えると、「オーディオに大出力のアンプが必要になるのだろうか?」と疑問も湧くかもしれません。

 

そして音量の問題だけではなく、能率が低くて許容入力を高くしてあるような物は、自分は本当に苦手です。

 可能であるならば、できるだけラージで高能率なモニターを使いたいかなと思いますし、スペック上のレンジがいくら広いとか優れていると言われても、肝心の音の出方にストレスを感じるのはきついです。

 

低音がだらしなくベタ~って鳴るのは本当に気持ち悪い!

スコーン!と抜けてきて欲しいのに、抑揚もなにもなくただ奥まって小奇麗に鳴るだけとか、そういう方向性の音には興味がわきません。

 

「BGM的に流してオシャレな空間を作りたい!」とか、逆に音の存在感を出したくないってことならともかく、こっちとしては演奏そのものが生々しく出てきてくれる鳴り方のほうが気持ちいいし、やはり、それを求めたい。

と言うか、そうじゃなければ困る話で、肝心のアタックやプレイヤーのニュアンスが死んでしまったり、音が団子になって引っ込んじゃってるようなのは勘弁して欲しい。

 

しかし、そういう物が低能率なスピーカーに非常に多い印象。

無理矢理にレンジを広げた小さなスピーカーを大出力のアンプでどうにかこうにか鳴らすみたいなスタイルは、どうにも好きになれないかもしれません。

定価20万以上はするスタジオモニターなんかも以前には所有していましたが、あまりにも音が前に出てこないし、解像度も低くてイライラしてしまった為、すぐに手放してしまいました。

 

一方、前述の通り、高能率なスピーカーはたとえ小出力のアンプでも良い感じに鳴ってくれたりするから面白い。

 

10Wぐらいのパワーアンプなんてのも持ってますが、その程度の出力でもかなり強力な音量になりますし、音の歯切れや分離感も非常に良い印象です。

また、アンプ側に過剰な出力を求めなくてもいいって意味では経済的かもしれませんし、それだけシンプルで余計なものがないアンプを選択できるということでもある気がします。

 

「こんな粗い下品な音なんか聴けたものじゃない!」

 

なんて感じる人も恐らくはいるかと想像しますが、だらしなく生っちょろい音のオーディオに疑問を持つ人であれば、高能率スピーカーとシンプルなアンプの組み合わせは一度体験した方が良いと思う次第。

 

クラシックやジャズなどを聴くにしても、演奏者のタッチがリアルに出てくる方が迫力も臨場感も絶対あるし、それだけ感動もするんじゃないかと。

 

pompombass.hatenablog.com

pompombass.hatenablog.com

pompombass.hatenablog.com

広告