ポングとベース

ベース楽しむ人生を

オーディオの軽視、オカルト視に対する疑問

やたらとオカルト扱いされたり、実際、ネタとしか思えないような話も多いオーディオの世界。

 

しかし、それを馬鹿にしておきながら、圧縮音源に抵抗を持たなかったり、大した数のCDも持ってなかったり、そもそもスピーカーシステムすら持ってないなんてのはどうかと思うところ。

なんでもかんでも宗教あつかいしたり色眼鏡で見たり、それで価値が分からなくなってしまっては本末転倒な気もするような?

 

たとえばの話、美味しい物を自分で作るにはどうしたらよいか?

 

まず美味しい物を食べる、それを記憶する、分析することが重要だと思うのですが、そこで安いインスタント食品とか即席調味料だけしか知らないのでは不味いはず。

研究を重ねた末、そういったものを作り出したり辿り着くのではなく、そもそも他のものに触れたことがない、関心を持ったことすらないなのはどうなのかと。

 

「飯なんかなんでもいいし腹に入れば一緒!」なんて認識とか主張とか、べつに人に自慢にすることでもなんでもないように思えます。

 

特にベースサウンドなんてのは、しょぼいシステムではなかなか再生が難しいところ。

ベースを弾いてるのにベースを聴いたことがない、なんとなく程度でしか聴こえたことがない、存在感がなさすぎて実はよく分からないなど、それはあまりに寂しい話。

加えて、「ベースなんか別に聴こえなくてもいい。何ならいなくてもいい。」とその楽器を弾いている人間が堂々と言うのは、かなり恥ずかしい話になってしまうんじゃないかと。

 

「自分なんか存在しなくてもいいんだ・・」

 

なんて格好つけて語るのはちょっと痛い感じに思えますし、オーディオにこだわらないとかベースは聴こえなくもいいとか、それを自慢する節があったら、まぁ正直言って、その痛い人と同類のような気が。

 

とは言えこの世の中、環境的にヘッドホンを使うしかない状況に置かれている人が沢山いるのも確かだとは思います。

アパートでいつも爆音鳴らしてるとか、普通に事案でしょう。

 

しかしだからと、「オーディオシステムなんかどうでもいい」とか、「凝ったシステムで聴く必要なんかない」なんて、放置していい理由にはならないはず。

ましてや、「何で聴いても音なんか一緒」とか、「オーディオに拘るなんて全部オカルト」なんて考えは、非常に危険だと感じるところ。

 

オーディオに対して悪意と偏見に満ちた記事をよく見かける印象がありますが、ああいった類のものを鵜呑みにしてしまうのも、それはそれで一つのカルト的思考と言うか、同じく悪意と偏見にまみれた幼稚で排他的な見方なのではないかと。

 

とにかくライブをやりまくったり観に行ったり、生の凄い音に触れるというのは大切なことですし、それが何より耳を鍛えることにも糧にもなるものだとは思います。

 

しかし、「過去のものなんてどうでもいい」と、録音物を切り捨てるのは、やはり無理がある話。

極論して、「名演だろうと録音なんて所詮は偽物!リアルタイムじゃない存在なんかス必要ない!」と言うのも、あまりに暴論ではないかと。

 

四六時中、生の音にどっぷり浸かれる人なんてのがどれだけいるのかも疑問ですし、だったら素直にオーディオシステムを見直してみた方がいいんじゃないかって気がするところ。

実際に使うかも分からなかったり、一過性の趣味になる可能性もあるエフェクターやサブの楽器に大金を投じるぐらいなら、良いリスニング環境の方が長く使える後の財産にもなってくれるはず。

 

そもそも、オーディオはバッサリ切る一方、エフェクターについては疑問を感じないとか、それもどうなの?って思う話かもしれません。

「良い音と良い演奏の追求だから別物だ!」とかそう美化されしまうのかと、これまた疑問な次第。

 

エフェクターの世界ってのもほんと、変なモディファイが横行してることなんかもあるようですし、そんな物に凝るより、ちょっと良い感じのスピーカーでも買った方が価値的なんじゃないかと。