ポングとベース

ベース楽しむ人生を

Jiraud Black Cloud 5 Limited  弦高調整・セットアップについて

指板Rに律儀に合わせる様に駒を調整する物がよくある印象ですが、個人的にはあれはあまりよろしくないと思うところ。

特に、低音弦側の方を過剰に下げてしまうと余裕のある振幅が得られなかったり、弦の張りも弱くなり立ち上がりも悪くなる気がします。

楽器店で試奏した中には頑なまでにRに合わせて完全に音詰まりしている酷い物なんかもあったり、製作側も販売側も弾き手の事など考えてないんだなと失望した経験も。

 

自分が持っているベースのセッティングを大雑把に言うと、低音弦側は上げて高音弦を下げるという状態にしています。

12フレット上での弦高などをこれまた大雑把に言うと、ローB弦が一円玉二枚分入るぐらい、G弦が一円玉一枚分ぐらいって感じ。

 

テンション感と言う呼び方が適切かどうかはともかく、実際に演奏する感覚としては非常に大事だと思います。

どの弦を弾いても同じぐらいの張りを感じられる様に調整していくと驚く程に弾きやすくなる印象。

張力の数値だけを見るならば、絶対に均一になるはずなど無いのも確かではありますが、やはり自分の感覚が大事と言いますか、ここをしっかりセットアップするかどうかで演奏性は大きく変わると感じます。

 

また、駒をベタベタに下げるとこれまた不思議なぐらいに楽器は鳴らなくなる気がするので、まずはネックの調整をする事が大切だと思うところ。

個人的には超真っ直ぐよりもほんの軽く順反りしている感じが好みでして、そこが良い具合になる様に調整してから駒の方を動かすかもしれません。

ネックの仕込み角の問題なんかもありますし、弦高が高いからといきなり駒を下げるのは色々アウトかなと。

 

そして少し意外な様かもしれませんが、ジラウドはナットの溝はかなり低く削っている方ではないかと感じるところ。

タッチに拘るだの太い音に拘るだのと言うと根性論的なものをイメージしがちになりがちですが、闇雲に演奏性に悪影響を与えるとかピッチも気にしないなんて事はやらない印象。

「Fが押さえられない!」なんて言うギターのお約束じゃありませんが、ああいう心配は無いと思います。

 

力まずに済み尚且つタッチにもしっかり応えてくれるセットアップを経験すると演奏もグルーブも意外なほど変わってくるんじゃないかと。

広告