ポングとベース

ベース楽しむ人生を

Jiraud Black Cloud 5 Limited  使用パーツなどについて

ブリッジはヒップショットの軽量タイプの物になります。

音の違いとかそういうのは自分はあまり気にしないので分かりませんが、弦を引っかけて張るタイプなので交換が楽で良いです。穴に通す物だといちいち面倒臭い。

 

ペグはゴトーのこれまた軽量タイプ。

小型で軽いけれどハンドル(?)に厚みと丸みがあるのが非常に良い感じ。とにかく小型なのもあったりはしますが個人的にはあまり好きではない為、このタイプが気に入ってます。

ただ、現在では生産が終了しているらしいのが残念なところ。今後また何か新たにオーダーする事があったとしたらどうしたものかと困る次第。

 

そして地味に便利で助かるのがこれまたゴトーのロックピン。

研究した訳ではないので他と比べてどう優れてるかなんてのは言えませんが、やはりストラップが外れる心配が減るというのは良いものです。

また、他に所有している個体もこのピンで統一している為、ストラップが一本で済むのも何気に美味しいポイント。

取り外しを繰り返したり使い回す事によってストラップの穴が痛んだりガバガバになるなんて心配もありませんし、これが有ると無いとでは意外なぐらい使い勝手や安心感が違ってくるかもしれません。

 

使用弦はリチャード・ココのステンレス。

色々と試してきましたが、結局はこれに落ち着いた次第。

ちょっとくたびれ気味になっても良い感じに弾けると言いますか、ただ単に劣化して死ぬのとは違うのが嬉しいところ。

ステンレスではあるけど独特の弾力があって指で弾いても普通に美味しく弾けるし、過剰にシャリシャリになる事が無いのもナイス。

 

今の時代、凄く凝ったパーツとかコーティングを施した弦なんかも一般的になっているのかもしれませんが、自分としては極力シンプルな方が好みな気がしてます。

それこそ、フェンダーそのままでも特に問題は感じないし改造したいともならないので、そんなに語る事も無かったりして?

広告