ポングとベース

ベース楽しむ人生を

Jiraud Black Cloud 5 Limited  JFDT-C 内蔵プリアンプ

ジラウドと言えば、みたいな話が続く様ですがこのJFDTもその代表と言うか、それこそ象徴の様な存在なんじゃないかと思います。

このプリアンプがある事がどれだけ便利か役立つか助かるか無駄遣いが減るか、その恩恵を考えるとキリが無いぐらいかもしれません。

自分の場合、もうあれこれ考えずケーブル1本でも良い気がしてるところだったりしますし、例え嫌いなアンプを弾かなければならない場面とかでも今のこのブラッククラウドならどうでにもなるかなと感じてます。

 

JFDTを外付けにしたスラッパーと言うペダルもありますが、同じ回路の様でも楽器本体に内蔵するとまた使い勝手や印象が変わるんじゃないかとも想像。

使い道がありすぎて逆に難しい面もあるのかもしれませんが、そのクオリティや扱い方が分かってくると他の物に手を出す気とかも失せてくるんじゃないかと。

 

誤解しているなと感じるレビューなんかを見る事もよくありますし、そう言ってる自分自身がどこまで理解出来ているのか何とも言えないところだったりもしますが、このプリアンプについてまた改めて色々考えていきたいと思います。

広告