ポングとベース

ベース楽しむ人生を

Jiraud Black Cloud 5 Limited  アクセラレータとアクティブバランサー

f:id:bakibakibass:20170728223546j:plain

ジラウドならではと言えばオリジナルのバッファであるアクセラレータの存在は外せないかと思います。

入力インピーダンスが3.2MΩにもなる物ですが、これが本当に素晴らしい。

 

超絶派手なサウンドが好きとか渋いパッシブサウンドが好きとか、音というのは様々好みが分かれるものですが、両極端そうなそのどちらでも恩恵を受ける事が可能であり、正しくバッファとして作られている物なんじゃないかって印象。

PUからの信号をハイインピーダンスで受けローインピーダンスで出力する、ただそれだけの事なのかもしれませんが、高性能な物で実行するとこれ程の効果が得られるのかと驚かされる次第。

 

そして、そのアクセラレータを二基搭載したアクティブバランサーと言うのも、これまた非常に素晴らしいです。

 

フロントとリアと各PUに対しバッファを通すという何とも贅沢な物ですが、PUからほぼ最短でインピーダンスの変換を行う事で、とにかく劣化の少ない音になる印象。

勿論、バランサーとしての性能も素晴らしく、センターにすると音量が落ちるとか通すだけで音が曇ったり痩せるなんて心配もありません。

先日の微電流トグルの話ではありませんが、PUの微弱な信号を如何にロスなく届けるか、如何に妙な加工などせずそのまま出力するか、それに見事に答えてくれる物ではないかと。

入力インピーダンスの低いアンプを使用しなければならない場面に遭遇しても安心ですし、シンプルの極みな様でもとにかく実用的です。

 

ま~、高速タッチレスポンスが魅力のブラッククラウドにこのアクティブバランサーの組み合わせは本当に強烈。

木工的にすでに高速な事に加え、電気的にも超高速仕様になる為、レスポンスにおいてこれに勝てるベースは恐らく存在しないんじゃないかと感じる次第。

高域がただやかましいのが速い音だと認識されがちですが、そういった類の物とは根本的に異なると言うか、全音域にわたり凄まじいレスポンスの良さと音抜けを実感出来ます。

 

これに慣れちゃうと他のベースは弾けなくなるかも?

広告