ポングとベース

ベース楽しむ人生を

Jiraud Black Cloud 5 Limited  24フレットじゃない理由?

f:id:bakibakibass:20170722205346j:plain

 

これもジラウドならではのこだわりだと思いますが、ほんの一部を除き、24フレットの楽器が存在していません。

自分の所有しているW-BASSなどはフレットレスであり、その中でもちょっと特殊な楽器なので大分条件が違うかなと。

 

一応、着脱式の延長指板による21+3フレットの試作品なんかを見たことがあったりもしますが、それも恐らく、一本限りしか生産してないんじゃないかと思います。

そして、今後も作られる可能性はほとんど無いんじゃないかと想像するところ。

 

この24フレットの問題点、実は意外なぐらい存在する印象でして、自分もできれば選択したくないし、苦手な感じだったりします。

得られるメリットに対して失われるものが大きいと言いますか、そのリスクを冷静に考えるとやはり、ちょっと手が出なくなってくる。

 

21フレットを標準とした場合、そこに3フレット分を追加することになるわけですが、たったそれだけでも馬鹿にならない影響があると自分は認識していますし、勿論、それ以上のフレット数になるとさらに大きな影響がありそうです。

 

詳しいことについては、以前に書いた縦振動の話を読んでみたりするのも良いかもしれませんし、今後、また改めて別記事で書くつもりなのでここでは省略しますが、簡単に言うと、音がかなり痩せる印象。

あまり深く考えず特に目的もなく24フレット以上の物を選択するというのは、個人的には考えもの。

本当にそれぐらい馬鹿にならない影響があると感じます。

 

感覚的な話をするならば、スラップ派などには伝わりやすいんじゃないかと思います。

20フレットのものでスラップするのと24フレット以上のものでやるのとでは、ニュアンスがかなり異なってくるはず。

これについては、弾くポジションが強制的に変わる問題が大きいことも確かですが、スラップの話だけでなく普通の2フィンガーで弾くにしても、実は結構な影響があると感じる次第。

 

縦振動のタッチの研究をしていくと、フレット数が多いことには厄介な問題が潜んでいるのだと分かってきます。

そして、そのリスクを取ってまで僅かな音域を増やしたいかと言うと、自分の場合、それはちょっと厳しいかなと思うところ。

 

そして当然のことながら、このブラッククラウドにも24フレットの物は存在しません。

やはり、ボディ鳴りやタッチレスポンスにこだわるなら、避けたい仕様なんじゃないかと。

広告