ポングとベース

ベース楽しむ人生を

Jiraud Black Cloud 5 Limited  シャム柿指板とタッチレスポンス

f:id:bakibakibass:20170721203124j:plain

このブログを始めて以来、しつこい程にタッチレスポンスについて話してきたんじゃないかと思いますが、このブラッククラウドはやはりその集大成と言うかその点について次元の異なる楽器なんじゃないかと感じます。

指板に関してはシャム柿以外の物を見た事が無くそれも強い拘りの一つなんじゃないかと。ブビンガ仕様のレッドクラウドと言う試作品も過去にはあったりした様ですが、トータル的に今の仕様に落ち着いたんじゃないかと想像します。

 

世間的なイメージではメイプル指板はアタッキーとか派手で立ち上がりの良い音と言われている気がしますが、正直言ってタッチレスポンス的にはかなり劣る様な印象。例えトラ目の高密度な物であっても根本的に質が異なるのかなと。

その密度や比重を考えるとそれも仕方ないのかもしれませんが、全音域にわたり最高のタッチレスポンスを追及するブラッククラウドにおいては全く使用されない様子。

ボディ材についてもアルダーが使用される事は無かったり、この辺については頑なまでの拘りがあるんじゃないかと感じるところ。

 

もしかしたら理想的にはエボニー指板などが良い可能性もあるんじゃないかと想像はしますが、残念ながら近年では入手が非常に困難な様子でオーダー可能かどうかは全く不明な印象。と言うかほぼ確実に無理そうです。

あったとしても真っ黒で高密度な物は期待出来ないのかもしれませんし、エボニーと言う名前だけに拘るのも確かに本末転倒に思えるところではあります。

ブラッククラウドの場合は指板だけではなくボディの方にも必要になりますし、厚みのある最高のエボニーを多く用意しなければならないというのは昨今ではあまり現実的ではないのかなと。

 

現在使用されているシャム柿がどんな特性なのかと言うのは他と比較した事が無いので分かりませんが、触った感じも弾いた感じもやはりかなり硬質な材なのではないかと認識しています。

ブラッククラウド全音域における圧倒的高速レスポンスを生む要因の一つである事に間違いはないんじゃないかと。

ベース的には普通(?)のローズウッド辺りの方が温かみもあり馴染みやすく扱いやすくもあるのかもしれませんが、フェンダー的な感覚とバランスにそのまま安易に甘んじるのも個人的にはどうかと思うところ。

ましてやブラッククラウドを遅くしたいとか普通のベースにしたいとも思いませんし、音を遅くさせる要素がとにかく存在しない楽器と言っても過言じゃないかも?

広告