Jiraud Black Cloud 5 Limited ディープジョイントに慣れる

f:id:bakibakibass:20170715022856j:plain

 

非常にメリットが多いディープジョイントですが、やはり、ある程度の練習と慣れは必要になりそうです。

 

自分はもう完全にこれに馴染んでしまった為、通常のジョイントだと逆に違和感がある体になってますが、苦手に感じるのも確かに分かる話。

 

特にハイポジションを多用する人には、なかなか受け入れられない可能性もあるかと思いますし、これが嫌でジラウドを避けるなんて人も中にはいるんじゃないかと想像します。

 

しかし先日の話の通り、このディープジョイントによるボディ鳴りの豊かさとサスティーンやバランスの良さは本当に魅力的。

 

ブラッククラウドは他に類を見ないほどタッチレスポンスやトータルバランスに優れていますが、それもやはりこのジョイントあってのものだと感じます。

 

ローポジションがメインであり、ハイポジションの演奏性は実はそんなに関係ないなんてことだったら間違いなくおすすめ。

 

そうでなくとも弾いてみる価値はあります。

 

最初は違和感があっても、ちょっとしたコツさえ掴めば問題なく弾けるようになりますし、握力に頼らないフィンガリングを身につけるきっかけにもなるかもしれません。

 

弾き込むほどにボディ鳴りを実感できるのが素晴らしいところであり、その成長スピードが早いのもディープジョイントならではの魅力とメリット。

 

ベースにおける技術水準がどんどん高まっている昨今、それに合わせるようにジョイントが貧弱になってる感がありますが、それによって失っているものも非常に多い印象。

 

それが標準になってしまうのもどうかと思いますし、そこから逆行するようなディープジョイントのベースは面白い存在です。

 

ちょっと取っ付きにくいのは確かですが、得られることが沢山あるはず。

 

www.youtube.com

 

以前に撮った動画ですが、こんな感じで練習すれば慣れていくんじゃないかと。

分かりやすいようにちょっと極端目にしてますが、何か参考になれば。