Jiraud Black Cloud 5 Limited 真ん中の存在

f:id:bakibakibass:20170714122603j:plain

 

ブラッククラウド最大の特徴、センターにはめ込まれたシャム柿材の存在。

これがないとJ-BASSというモデルになってしまう為、非常に重要なポイント。

 

とは言え、3ピースのボディやスルーネックのものとは異なり、1ピースのボディに1cmほどの厚みの板をはめ込んでいる構造の為、主材になるのはあくまでマホガニー(またはアッシュ)の方かもしれません。

 

このへんはこちらの裏側の画像も見てもらうと分かりやすいはず。

 

f:id:bakibakibass:20170714122656j:plain

 

ジラウドオリジナルのベースであるJ-BASS。

それを木工的に独自の発展をさせたのが、このブラックラウドになるんじゃないかと思います。

 

さて、このシャム柿をはめこむことによってどんな変化が起こるのか?

まず明らかにタッチレスポンスの向上している印象。

「マホガニーの弱点を補う」とかそんな理由ではなく、さらなる高速性を求めての仕様と言えそうです。

 

先日の話の通り、ホンマホ自体がそもそも異常なレスポンスを持っている印象なので、正直言って、やりすぎなぐらいの領域にまで来てる気もしたりして?

 

そして、このブラッククラウドならではの利点か、トップ全体にベタッと貼るのでもセンターブロックにするわけでもない為、ちゃんと豊かにボディ鳴りしてくれるのが素晴らしいところ。

 

多重構造にしたり硬質な材を無闇に貼ると、音もレスポンスもどんどんおかしくなったり重くもなってくるものですが、そういったものとは異なり、ベースらしい実用性とトータルバランスが非常によく考えられている。

 

かなり大型に見えるボディと、実際に太かったりするネックではありますが、重量は意外とそこまででもなかったりします。

中には5弦にもかかわらず、3kg台に納まった個体などもあったそうな。

 

もちろん、軽量で厳選された材を使用していることも大きいのでしょうが、トータルバランス無視の無闇な大型化とは全く異なります。

硬質な木材を組み合わせることによって得られるメリットをほぼデメリット無しで実現できるという、恐ろしく実用的で贅沢な仕様と言えるかもしれません。

 

また、高密度で重量のある材がボディに使用される為か、音の重心が下がる効果もある様子。

ボトム豊かかつレスポンスは向上しているという、弾いてて本当に気持ちいいベースです。

 

「弾かなきゃ分からない!」と言うのも月並みかもしれませんが、でもほんとにその通り、この素晴らしさは実際に弾いた者でなければ分からないんじゃないかと。

 

見た目的には、高級家具調ベースの類と同じような印象を与える可能性もありそうですが、表面的なアピールばかり考えているようなものとは、音へのこだわりの次元が異なる楽器でしょう。

 

色々な意味でとにかく贅沢です。