4弦パッシブ・アンプ直のメリット

今まで食ったパンの枚数

 

がどうたらとか、そんな台詞が世の中にあったりしますが、これを聞いてひとつ思ったこと。

 

『今まで使ってきた弦代や電池代』

 

これを合わせたらどれほどのものになるのか?

真面目な話、ちょっと笑えないことになるんじゃないかと青くなります。

 

特に自分なんかは4弦歴が僅かな人間。

ず~っと多弦を使用している為、正直、いまだに弦の購入が憂鬱で仕方なかったり。

 

交換のたびに4千円前後が飛んでいくのかと思うと、ま~、気が重いですね。

ハズレなんか引いた日には一日中、気が滅入ってる可能性もあります。

 

電池代だって馬鹿にならない

 

電池に関しても18V駆動のプリなんかを使う人は大変だと思うところ。

それで長持ちもしないんじゃ、心配も面倒も増えるだろうなと。

 

「電池なんかこだわる必要ないだろ?」

 

なんて思う人もいそうですが、これが困った話、意外と無視できないものなんです。

音的なこともそうですが、何よりトラブルが怖い為、変なものは使わない方が良い。

 

最近までずっと使用していた某社のものなどは、急激に信頼度が落ちたと言いますか、品質に疑問を感じることが多くなったので他のものに切り替えてしまいました。

 

自分の印象だけでなく、よろしくない評判も聞くようになった為、完全に使用を諦めた次第。

 

定番製品だっただけに残念で仕方ないですし、「今が安い!チャンス!」と買い溜めしておいたのも無駄になってしまったという。

 

消耗品にスペシャルを求めるのは考え物

 

ほんと、こういう必需消耗品の問題って厄介ですね。

 

こだわるのも良いけど、あまりにコストがかさむのも考えもの。

かと言って、安物買いの銭失い状態になるのはもっといただけない。

 

とにもかくにも、品質が安定していて欲しい。

 

前回話したリチャード・ココの弦から他の弦にきりかえてみた時なんかも本当に笑えませんでした。

あれも駄目だこれも駄目だと実験と交換を繰りかえしていく内、数万円が簡単に吹き飛んでいったのを思い出します。

 

「これは良い感じかな?」と手応えがあっても、数日弾いたらもう音が変わってしまう。

新品の時は最高だけど劣化してからはグズグズになるとかそれも困った話。

 

そんな経緯があって結局、元のココ弦に落ちつくことになってしまったという。

 

【スポンサーリンク】

 

 

一本で勝負するとなお経済的

 

こう考えていくと当然、ベースの本数が多いと維持するのがさらに大変なことになりますよね。

神経質に全ての面倒を見るなんてのはあまり現実的ではない気がしてきます。

 

・コンスタントに弦を交換してあげる

・電池もマメに交換してあげる

・時にはリペアに出す・改造する

 

それでどれほどのコストがかかるのかと思うとやはり、無視できない話になってくるはず。

たまに触るような楽器だとそれだけ管理もおろそかになってしまうし、それだけメンテも大変になるかもしれない。

 

色々使いこなしたり、あれもこれもやりたいと思うのもいいけど、長い目で見れば恐ろしいことになっていく可能性も普通にありそうです。

 

やはり、こういった資金面との闘いというのは結構な痛手でしょう。

 

10年単位のコストで考えてみる

 

経済的に考えるのも変と言えば変ですし、ちょっと極論なようではありますが、色々な意味でシンプルな4弦パッシブって良いものだと思う次第。

 

ジェマーソンみたいな人とかスタイルならともかく、さすがにまったく弦を交換しないってわけにはいかなそうですが、それでもそこまで新品弦の音にこだわらないのであれば、それなりに長持ちはするはず。

 

本当にそれが好きでそれ一本で勝負もできるってことなら、こんな良い選択肢もないですよね。

 

年間の出費が数千円で済むような人と数万円どころかもっと上を行く金額になる人。

長い目で比較して考えた場合、やはり、結構な差が生まれるのは確実でしょう。

 

それに加え、エフェクター代やらケーブル代なども合わせると、これまた面白い話になってきそうです。

 

「10年で見たら100万円の差が出る」

 

こんな話になってくる場合もあるとしたら、これは本当、真面目に考える価値が出てくる。

と言うか、割とマジで笑えません。

 

それでものすごく良いベースを買える可能性なんかも出てくるわけですね。

それを弦や電池、足元の小物に潰されてしまうというのは、つまらない話なんじゃないかって思えるような?

 

消費・浪費すること自体に快感を覚えたり、音に対して過剰に神経質になるのも考えもの。

やはり、「お金がかかる!」という現実を見ることも大切ではないかと。

 

当然、自分は今まで使った弦の本数も電池の数も覚えてません。

いざ計算したら震えがくるほど怖くなるかも?

 

今になって「失敗したなぁ・・」と思うことがいろいろ出てきます。