ベースとEQ グラフィックイコライザーで遊ぶ 

ジラウドサウンドの真似をしてみる

 

ARTの31バンドのグラフィックイコライザーを手に入れた時にやってた遊び。

 

動画自体は6年ぐらい前に撮ったものなのでさすがに詳細はおぼえていませんが、JFDTのスラップモードのような音をつくれないかと色々いじってたのは記憶にあります。

 

動画ですが、最初はプリスルーでベースそのままの音、次にジラウドのスラッパー、最後にグライコを通した音って感じの流れで弾いていたはず。

 

www.youtube.com

 

パライコではなくグライコが面白い

 

パラメトリックタイプだと任意のカーブがつくりづらいと言うか、特に、31バンド使ったような波形にするのは無理なんじゃないかと。

 

それこそ、ジラウドのプリアンプのようなものでないと実現は難しいはず。

 

特定のピークが出たり嫌な癖が出たりしやすいんじゃないかと思う為、このあたりやはり、グライコを使った音づくりの方が感覚的にも自然で面白い印象。

 

もちろん、それも目的用途と好みによる問題ですが、グライコ遊びを知らない人は実際あれこれ試してみると多くの発見があるかもしれません。

 

ART ( エーアールティー ) / EQ351

f:id:bakibakibass:20180218131730j:plain

 

使ったのはPAスピーカー

 

ちなみに当時使っていたスピーカーは『ワーフェデール』という会社のもの。

PA用でネオジウムの15インチウーハーとツイーターの組み合わせです。

 

手に入れたばかりなのとネオジウム製にありがちな特性か、重量が軽い一方、音もかなり軽いというのが難点でしたね。

 

ツイーターもちょっとパンチ不足と言うか、音抜けや音の飛び方がものたりない感じ。

 

もうちょい鳴らしてあげれば恐らく、鳴り方もかなり変わったのだとは思いますが、その前にベガの良い中古が出てしまった為、そこでお役御免。

 

「やっぱりベースにはガッシリしたものがいいなぁ」

 

という結論が出てしまったかもしれません。

軽くていいんですけどね。

 

ジラウドの凄さを改めて知る

 

グライコについて話しておいてなんですが、補正や音色づくりに有効なのはともかく、タッチレスポンスについて優れてるかは微妙なところ。

 

普通のベースに内蔵するものでもないですし、操作が簡単とは言えないのも難点。

それゆえに馴染みが薄くなってしまう面もあるのでしょうね。

 

そう考えていくとJFDTに代表されるジラウドのプリの凄さを改めて実感する次第。

2バンドどころかひとつのツマミでも絶妙な変化を実現できるのが素晴らしい。

 

「こんなことグライコでいちいちやってたら気が遠くなる!」

 

なんて言いたくなるような音づくりをいとも簡単にやってのけます。

本当にとんでもない楽器用プリアンプですねあれは。

 

グライコで鍛える

 

そんなジラウド製品でもそこに辿りつくまでの道のりと原点があるわけで、なんのルーツもなく音が完成したなんてことはないはず。

 

これは自分も意外でしたが、ジラウドの福田さんは昔はMXRの10バンドイコライザーなどを使用していたらしく、それで音づくりしていたというのが実に面白い話だと思います。

 

音づくりに利用するのは勿もちろん、帯域に対する感覚を養う意味でもグライコは優れていますし、勘も養えるようになりますね。

 

プリアンプ探しとかエフェクターを使ってあれこれ悩むより、具体的に帯域を操作し音づくりを研究してみるのもおすすめです。

 

闇雲な音づくりから何かが変わる可能性も十分にあるはず。