ポングとベース

ベース楽しむ人生を

Moody Leather Straps ベースとストラップ

演奏において地味にポイントになってくるのは、ストラップのような気もします。

「絶対に座って弾く!」なんてこだわりでもない限り、ほとんどの人に必要になるはず。

と言うか、座って弾くにしても、あった方が絶対に安定するんじゃないかと。

 

安っぽく頼りないものは疲れやすいですし、演奏にも悪影響が出てしまう可能性があります。

特に、重いベースや多弦の使用においては、生命線にもなるぐらい重要にも思えるところ。

フォームが悪くなったり楽器がぶれてしまえばそれだけ音は細くなるし、座ってた時には弾けてたフレーズが立っては弾けないなんて話では困ります。

 

長い目で見れば、上達やパフォーマンスの妨げになることも否定できないし、その負担が体を蝕んでしまうことだって考えられるかもしれません。

楽器とフォームが安定しない弊害というのは、無視・軽視しない方がいいはず。

フォームを考慮せず、弦高を下げて解決しようとかタッチを弱くしようとか、そういう傾向があったら、それはちょっと不味い方向に行ってるように感じます。

 

野性的に本能で弾くのを目指すにしても、頑丈な物を選ぶにこしたことはないですし、激しく弾きたいのに途中で切れてしまって座りながら弾くはめになったとか、そうなったら絶対に恥ずかしい。

ま~、この広い世の中、そんな情けない話も本当にあったりするかもしれません。

 

そんなこんな、自分がいろいろと試してきた中で気に入ったのは、『Moody』のレザーストラップ。

もう何年使ってるのか分からなくなってしまいましたが、まったくへたれることなく頑丈で頼りになります。

 

最初は硬くて扱いづらい印象もあったのも正直な話ですが、使い込んでいく内に馴染んで柔らかくなってくるので、それがまたいい感じ。

ネオプレン製など、人工素材のものも以前は使っていましたが、伸び縮みする感覚が苦手になってしまい、結果的にシンプルで幅の広い本革製のものに落ちつくことになった次第。

 

ああいった人工素材で作られた物も、それはそれで確かにいいんですが、劣化してくるとひどいこちになるのを体験済みな為、最近はちょっと手が出なくなってしまいました。

長い目で見ればコスト的な面を考えても、良質な本革製品は価値ある買い物になってくれる印象。

どちらの素材にもメリットがあるとは思いますが、今の自分には本革が合ってるかなと。

 

使いこんで体に馴染んでいく感覚も味わいも素晴らしいですし、ずっと長く使い続けていることも考えれば、こんな安い買いものもなかったと言えるんじゃないかと。

この安心感と安定感を味わってしまうと、他になかなか手が出なくなります。

 

繰り返すようですが、ストラップの影響力は侮らない方が良い印象。

耐久性の面を考えるだけでもすごく重要な問題だと思うし、根本的なことを言えば、そこが怪しいようなものなんかには手を出さない方が賢明かもしれません。

 

実際、ライブ時にストラップが切れてギターが落ちたのを見たことがありますし、それがしかも、大きなイベントで一線のプロに起きたことだったりもするから怖い話。

「あの人にもああいうことあるんだね~。」と微笑ましく済まされればいいですが、全て台なしになって青ざめ冷めた空気になるのは誰だって勘弁なはず。

 

ストラップ自体は頑丈でも、取りつけ穴がやばいことになってる可能性も普通にありますしし、品質や価格問わず、本当に気をつけた方がいいポイントだと思う次第。

f:id:bakibakibass:20170615225542j:plain

広告