ポングとベース

ベース楽しむ人生を

脱力は大事だけど疑問もある

無闇な根性論や独学自慢なども最近では随分と減ってきた気がしますし、脱力することの重要性もよく語られているのではないかと思います。

 

縦振動のタッチの習得に挑むにも脱力が非常に大事であり、力任せに弾くのではとてもたどりつけない領域があるように感じるところ。

左手のフィンガリングにしても、握力まかせではすぐに限界がくる。

無駄な力を抜くことがいかに大切か、上達するほどにそれを意識していくことになるでしょう。

 

しかし、世にある脱力の話について疑問に思うことも個人的にはあります。

あまり理想論や机上の空論のようになるのもどうかなのと最近は思う次第。

 

「すぐ指が痛くなる」とか「皮膚が安定してない」とか「スタミナが全然ない」とか、そういった問題を脱力の意識だけでなんとかしようというのもちょっと難しい気がする。

 

もちろん、無駄な消耗をおさえたり、体への負担を減らすことには大きな意味があります。

でもやはり、根本的に厳しいぐらい体ができあがってないのでは、なかなか話も噛み合ってこないような?

 

「力はいらないよ」と尋常でないレベルで鍛えてあげてきた人が言ってるのと、見るからに虚弱だったり実際にそんな人が頼りない音を出しているのでは、その意味も説得力も全く違うものになってしまうでしょう。

 

また、「脱力しなければならない」と言っても、ストラップや立奏など、そのあたりの問題が抜け落ちてるような話などにも、個人的には強い違和感を覚えるところ。

 

どんな軽い楽器だろうと、無条件に肩に負担がかかることは避けられないものです。

そして残念ながら、肩だけでなく首や背中の方にも影響があるのも現実でしょう。

 

腹筋や足腰が弱っていたりすれば、その影響も当然あるだろうし、そんな中でただ力を抜くことだけを意識しても、問題は好転しないような気がします。

重いベースや多弦などを使うならなおさらと言うか、根本的な体力や筋力に余裕があるに越した事はないんじゃないかと。

 

そう言えば、ウッドとエレクトリックと両方弾ける某ミュージシャン。

その人が「最近はウッド弾いてる方が楽だ!」と語っていたのを思い出したり。

 

弾けない人間からすれば、「そんな馬鹿な!」と言いたくなるところですが、ストラップを使うエレクトリックの方と違い、ウッドにはその必要がないという。

その為、体が窮屈に圧迫されることも肩こりもなく、自然で楽に弾けるなんて話でした。

 

長年やっていてもそうなのか、長年やっているからこそなのか、その感覚は本人にしか分からないものですが、いずれにせよ、ストラップを付けてるだけでも負担が増すのは間違いないことなんじゃないかと。

それも長時間の演奏が常であれば、なおさらというものでしょう。

 

まぁ、ちょっと論点がずれてると言われれば、それも確かにそうかもしれませんが、でもやっぱり、「脱力!脱力!」とそこだけを意識したり強調するのも考えものだと思います。

 

また、例えばの話、「指の力を抜け!」と言っても、それが指先だけからくる問題なのか、手首や肘・肩など、さらには全身の力みからきてしまっているのか、その的確な判断は難しいものでしょう。

 

一部分だけを問題視したり、解決しようとしても上手くはいかない気がするし、ただ単に「力を抜け!」と言われても、正直、困惑するだけになることもよくあるかと想像します。

それこそ、先日の歯の話ではありませんが、無意識の内にでも異常な緊張を生んでいたり、ストレスや病気に蝕まれているような状態で本当に脱力ができるとは思えません。

 

そして、どんなに健康でありフォームも良く、理想的な運指・運動をしていたとしても、前述のようにストラップを付けた時点で緊張や負担は生まれてしまう気がしますし、そもそも楽器演奏自体がそういうものと言えそうです。

 

そういう意味では、極論、「真の脱力」なんてものは存在しないんじゃないかとも思えたり。

 

海外の超一流プレイヤーの演奏を見て、その力の抜け方に驚かされたりしますが、正直言って、その体格の差や根本的なパワーの違いというのも痛感するところ。

そりゃ変に力んだり無理する必要なんかないよなと思わざるを得ません。

 

これは「マッチョになれ!」とかそういう話ではなく、現実的な差を把握すべきかと思う話。

163cmしかなく手も小さい自分が力を抜くことだけ意識しても、恐らくは何をするにも厳しい。

ただでさえフィジカル面が貧弱なのに、さらに脱力ばかり意識してたらどうなるのか?

非常に悔しいですが、残念なことになるのは明らかな気がします。

 

縦振動のタッチで言えば、最初に必要な弦の押しこみすら満足にできないとか、テンションに指が負けてしまっているような状態ではそもそも厳しい。

やはり、あまりにパワーがなさすぎるのは問題だと感じます。

 

「脱力」というのを「ただ力を抜くだけ」と捉えるのか、または効率的な運動のことを指すのか、そのあたりのイメージの差や定義づけというのは、なかなか難しいものかもしれません。

 

「初心者がいきなり良い音を出した!」なんて話も世の中にはありますが、それそのまま成長できるとは限らないし、実戦的に弾けるのかも分かりません。

とりあえず、いきなり達人の領域に到達できるようなことはないと思いますし、正直言って、『楽器演奏』というのは想像以上に過酷なものなんじゃないって印象もあるわけです。

天才だろうと何だろうと、安定したコンディションを維持できるとは限らない。

どんな成長速度であれレベルであれ、上達や専門的な体づくりに時間が必要なことに変わりはないはず。

 

特に、ベース弦は太いし楽にチョーキングできるような張りでもありません。

軽くなでるぐらいのタッチやこするようなピッキングでは良い音が出てくれない。

 

脱力して効率のいい運動をするのが大事なのは言うまでもないけど、楽器に負けない体をつくることも重要ではないかと考える次第。

散々過酷なバッキングを要求された後、全力のベースソロまで求められたり、そういう状況はなかなか笑えないものですが、困った話、決して珍しいことではない気がします。

 

一切の無駄や力みを排除した漫画的達人スタイルを目指すのも面白いですが、現実的にはほんと、地道に鍛え上げていく方が確実で実戦的かと思います、

そして、そうやって余裕と自信を身につけるからこそ、脱力もできるようになっていくのかもしれません。

広告