ポングとベース

ベース楽しむ人生を

初心者向け楽器の疑問

レッスンをしたと言うのも大袈裟なようですが、先日の体験で改めて感じたのは、「初心者向け」とか「入門用」なんて位置付けされている楽器への疑問。

これから楽器を始めようって人に本当におすすめなのかどうか、疑問になったと言うより、悲しくすらなりました。

 

とにかく弾きづらいし、音も抜けない、良くない。

あれじゃすぐ心が折れそうになってしまいます。

 

それに加え、あれを安物のベーアンで鳴らすとなるとどうなるのか?

何とも恐ろしい話だなと。

 

あれではベースの良さや面白さなど分かるわけがないと思うし、ある意味、初心者どころか上級者すら扱いが厳しいものと言えるような気がします。

 

楽器に文句を言うと、「音楽はそんなに甘くない!やる気がない奴はどうせ駄目!楽器を弾く資格がない!」みたいな、そんな説教じみた話や辛辣な声なども聞こえてきそうなところ。

 

ですが、無根拠な根性論やそれを過剰に美化した思想とか、さすがに時代遅れではないかと。

音楽の勉強や楽器の習得に大変な積み重ねが必要なのは確かです。

でもだからこそ、もっと効率的だったり、楽しく取り組むべきではないかと自分は思います。

努力の結果が出てこないとか、それがぜんぜん見えてこないもので一生懸命に頑張るのはつらい。

 

先日、ベースを教えた友人も、自分の部屋の環境ではこんな差など出ないだろうと言っていましたし、環境による上達速度の差というのは、ものすごく大きな問題のはず。

初心者であるならならばこそ、そういった環境づくりというのを軽視すべきではない。

「安物でいいや」となげやりになったり、店側も変なものを売りつけるのは反対です。

 

とは言え、楽器を始めるとかその入門に大金が必要になると言うのも酷な話。

 

無責任におすすめするとなると、「ジラウドがいい!」だの「バグエンド最高!」だの「PAアンプ買え!」とか言っちゃいそうですが、10万円程度では収まるはずもない金額になるのが難しい。

 

まぁ、それでも一応アンプに関しては、PA用のパワーアンプもスピーカーも今は安く買える為、音量を出せる環境を持ってる人であれば、かなりおすすめな選択肢になるんじゃないかとは思います。

サウンドハウスあたりにいくらでも選択肢があるでしょう。

 

一方、ベース本体に関しては、「手頃かつ良いものを!」と言うのは、なかなか厳しいところ。

ネックがフニャフニャとか、フレットがおかしいとか、ペグがひどいとか、これは辛い。

状態も安定せずピッチもいい加減なんてのは相当厳しいです。

やはり、ある程度の投資はした方が演奏は楽しくなるし、それだけ上達も早くなるはず。

 

でも、これについても幸い、今の時代は自分が楽器を始めた頃なんかに比べれば、比較にならないような良いものも沢山あるんじゃないかと思います。

 

個人的な好みで言えば、軽めのアッシュボディのパッシブJBとかが良いかなと。

それも、変にネックジョイントを削ったりしていないものが良い気がしますし、過剰に薄いネックなどを売りにしているものがあったら、それは避けた方がいい印象。

 

表面的な弾きやすさばかりを意識して音を犠牲にするのは何と言うか、長い目で見たら遠回りだったり、結局は損をすることになるように思える。

JBのネックならそもそも、ナット幅は狭いのがスタンダードだったり、そんなにネックが太いわけでもないし、無理に余計なことをする必要もないし、それを求める意味も大してないんじゃないかと。

 

ちなみに自分の体験談で言えば、アンチフェンダー体質で本当に苦労しました。

17~18歳の頃から定価が20~30万の物や多弦を所有して弾いていた身ですが、アンサンブルでは存在感が無かったり、扱いにくいものばかり買ってたと感じるところ。

 

そうやって悩んでいた中、兄が持ってた埃をかぶった古いフェンダージャパンのJBを借りてみたら、自分が欲しいと思っていたベースサウンドが素直に出てきて、心底がっかり。

 

こだわって楽器を選んでいたつもりが、10万以下の楽器にいとも簡単に敗北したわけですね。

その後、工房系のアクティブ5弦JBなども手に入れたのですが、当時やってたバンドの中では、上記のフェンダーの方が評判が良くて悲しくなりました。

 

変なアクティブサーキットや小細工など音の劣化にしかならない、意固地に無根拠に定番を否定するのも幼稚な話なのかもしれないと反省した次第。

 

ベースアンプに関しても、今は憧れなどほとんどなくなってしまいましたし、対価に見合っているものがどれだけだけあるのか、本当に疑問になります。

ベーアンよりはるかにフルレンジなPAスピーカーや数百Wのパワーアンプなど、それが5万円にも満たない条件でも手に入ってしまう恐ろしい時代。

余程に良いものか便利なものでもない限り、ベースアンプには興味が湧かないなと。

 

ハイファイだのオーディオ的だの言っても、CDを鳴らしたら音はボロボロもいいところだったり、そういったレビューや宣伝文句などもあてにしない方が良いと思います。

エフェクターやプリアンプ探しなどにハマったり凝るのもいいが、それで欲しかったベースが買えるような金額になるのは避けた方がいいかもしれません。

 

何の世界でも、良いものを求めればどこまでも金額が上がっていくのは確かですが、それが実用性や汎用性につながるのかどうか、それはまた話が違ってきます。

「これが最高!」とF1マシンとかピカソの世界を押しつけられても困るし、逆に、子供だましなものに妥協するのもどうかと思うところ。

 

初心者ならばこそ、いきあたりばったりではなく、先に繋がる可能性と柔軟性のあるものを選んだ方が良いでしょう。

まぁ、それが何かとは具体的には言えませんが、賢く楽しく選ぶ方法は絶対にあるはず。

安く済ましたいのであればこそ、初期投資とその選択が大事なんじゃないかと。

 

とりあえず、先日のようないい加減なものは本当に勘弁ですね。

広告