安い楽器、初心者を狙った価格帯の楽器に対する疑問

安物楽器の疑問 目次

 

 

安物買いの夢失いでは笑えない

 

ギタリストにベースを教えてみた - ポングのベースブログ 

 

レッスンをしたと言うのも大袈裟なようですが、先日の体験で改めて感じたのは、「初心者向け」とか「入門用」なんて位置付けされている楽器への疑問。

 

これから楽器を始めようという人に本当にそれをおすすめできるのかどうか、疑問と言うより悲しくすらなりましたね。

 

とにかく弾きづらいし、音も抜けない、良くない。

あれじゃすぐ心が折れそうになってしまいます。

 

それに加えて、あれを安物のベーアンで鳴らすとなるとどうなるのか?

いや、何とも恐ろしい話だなと。

 

あれではベースの良さや面白さなど分かるわけがない。

余程の情熱でもない限り、先に進むのは難しいでしょう。

 

ある意味、初心者どころか上級者すら扱いが厳しいものと言えそうです。

 

いきなり根性論を押し付けるべきではない

 

こうして楽器のクオリティに文句を言うと、

 

「音楽はそんなに甘くない!」

「やる気がない奴はどうせ駄目!」

「楽器を弾く資格がない!」

 

みたいな、そんな説教じみた話や辛辣な声なども聞こえてきそうなところ。

 

ですが、無根拠な精神論やそれを過剰に美化した思想とか、さすがに時代遅れではないかと思います。

 

確かに、音楽の勉強や楽器の習得に大変な積み重ねが必要になることに間違いはありません。

どんなに良い楽器を弾いたところで、本人にまったくやる気がないのでは成長は難しい。

 

でもだからこそ、もっと効率的だったり、楽しく取り組むべきではないかと自分は考えます。

努力の結果が出てこないとか、それがぜんぜん見えてこないもので頑張ろうとするのは辛い。

 

先日ベースを教えた友人も、「自分の部屋の環境じゃこんな音は出ないし差も出ない」と言っていたように、環境による上達速度の差というのは物凄く大きな問題です。

 

初心者であるならならばこそ、そういった環境づくりというのを軽視すべきではありません。

 

「安物でいいや」と投げやりになったり、それに乗じて店側も変なものを売りつけるのは反対です。

 

手頃で良い物は確実にある

 

「安物を買うのはやめなさい」

 

と言いたくなるところですが、一方、楽器を始めたりその入門に大金が必要になるというのも酷な話だとは思います。

 

無責任におすすめするとなると、「ジラウドがいい!」だの「バグエンド最高!」だの「PAアンプ買え!」とか言っちゃいそうですが、10万円程度では収まるはずもない金額になるのが難しい。

 

それでもまぁ、アンプに関してはPA用のパワーアンプもスピーカーも今は安く買えるのが今の時代。

音量を出せる環境を持ってる人であれば、かなりおすすめな選択肢になるんじゃないかとは思います。

 

サウンドハウスあたりにいくらでも選択肢があるでしょう。

そんな大金をかけずともかなり強力なシステムを構築できるはず。

 

【スポンサーリンク】

 

 

ベース選びは難しいけど今は良い時代

 

手頃に良いアンプを手に入れることができても、ベース本体に関しては「手頃かつ良いものを!」と求めるのはなかなか厳しいところ。

 

ネックがフニャフニャ、フレットがおかしい、ペグがひどいとか、こういうのは辛い。

 

状態も安定せずピッチもいい加減なんてのは相当厳しいです。

やはり、ある程度の投資はした方が演奏は楽しくなるし、それだけ上達も早くなるはず。

 

でも、これについてもさいわい、今の時代は自分が楽器を始めた頃なんかとは比較にならない良いものが沢山あるんじゃないかと思います。

 

個人的な好みで言えば『軽めのアッシュボディでパッシブのジャズベ』とかがおすすめですね。

 

それも変にネックジョイントを削ったりしていないものが良いですし、過剰に薄いネックなどを売りにしているものがあったらそれは避けた方が無難でしょう。

 

表面的な弾きやすさばかりを意識して音を犠牲にするのは何と言うか、長い目で見たら遠回りだったり、結局は損をすることになるように感じます。

 

ジャズベのネックならそもそもナット幅は狭いのがスタンダードだったり、そんなにネックが太いわけではありません。

 

無理に余計なことをする必要もないし、それを求める意味も大してない。

 

高級なベースを買って失敗した話

 

自分の体験談から言えば、アンチフェンダー体質で本当に苦労しました。

 

17~18歳の頃から定価が20~30万のものや多弦を所有して弾いていた身ですが、アンサンブルでは存在感がなかったり、扱いにくいものばかり買ってたと感じるところ。

 

そうやって悩んでいた中、兄が持っていた埃をかぶった古いフェンダージャパンのJBを借りてみたら、ま~、ショッキングです。

 

自分が欲しいと思っていたベースサウンドがそのまま出てきて心底がっかり。 

こだわって楽器を選んでいたつもりが、10万以下の楽器にいとも簡単に敗北したわけですね。

 

その後、工房系のアクティブの5弦ジャズベなども手に入れたのですが、当時やってたバンドの中では上記のフェンダーの方が評判が良くて悲しくなりました。

 

変なアクティブサーキットや小細工など音の劣化にしかならない、意固地に無根拠に定番を否定するのも幼稚な話なのかもしれないと反省した次第。

 

高級な物への憧れなど必要ない

 

ベースアンプに関しても今は憧れなどほとんど無くなってしまいましたし、対価に見合っているものがどれだけだけあるのか本当に疑問になります。

 

ベーアンよりはるかにレンジが広いPAスピーカーや数百Wのパワーアンプ。

それが5万円にも満たない条件でも手に入ってしまう時代なんです今は。

 

余程に良いものか便利なものでもない限り、ベースアンプには興味が湧きませんね。

 

ハイファイだのオーディオ的だの言っても、CDを鳴らしたら音はボロボロもいいところだったり、そういったレビューや宣伝文句などもあてにしない方がよい。

 

エフェクターやプリアンプなどにハマったり凝るのもいいけど、それで欲しかったベースが買えるような金額になってはつまらないですね。

 

なんの世界でも良いものを求めればキリなく金額が上がっていくのは確かですが、それが果たして実用性や汎用性に繋がるのかどうかと言うと、意外とまた話が違うものです。

 

「これが最高!」とF1マシンとかピカソの世界を押しつけられても困るし、逆に子供だましなものに妥協するのもどうかと思うところ。

 

初心者ならばこそ行き当たりばったりではなく、先に繋がる可能性と柔軟性のあるものを選んだ方が良いでしょう。

 

それが何とは具体的には言えませんが、賢く楽しく選ぶ方法は絶対にあります。

安く済ましたいのであればこそ、初期投資とその選択が大事なんじゃないかと。

 

とりあえず、先日のようないい加減なものは本当に勘弁ですね。

あれじゃ楽器やめちゃいます。