ポングとベース

ベース楽しむ人生を

ギタリストにベースを教えてみた

友人のギタリストがベースを教えて欲しいと我が家を訪問。

 

なんでも、ギター教室の発表会で生徒をサポートする為、ベースを弾くことになったんだそうな。

一応は弾けるんだけど完全にギターの感覚と延長でしか練習してないから、本職の人にチェックして欲しいという話。

また、今から指弾きを身につけるのはきついので、「あくまでもピックで!」ということでもありました。

 

そんなわけで、いざ目の前で弾いてみてもらったところ、これがびっくり、正直言って自分よりも真面目にカッチリ弾いてるんじゃないかという印象。

カッティングのような弾き方もパーカッシブなニュアンスを出すのも上手く、「おぉ、こうやって弾くのか」と、こっちが参考になる点もあったかもしれません。

当然と言うべきか、ピックの扱い方の上手さにおいては自分など比較にならないと感じましたし、短期間の取り組みでここまで弾けるものなのかって驚かされました。

 

しかし不思議なもので、やはりまったくベースらしくないと言うか、これだとバンドの中では厳しいんじゃないかと強く思った次第。

いくら細かいニュアンスをつけるのが上手かったり、演奏自体が凄く上手いとは言え、決定的になにかが違うと言うか、その違和感は本人も自覚していた様子。

どんなにパーカッシブにタイトに弾けていても、肝心の低音や実音に乏しい印象は否めず、恐らくは他の楽器とも噛み合わない可能性が高いんじゃないかと。

 

生徒のサポートとなると、ボトムがフワフワしちゃってるようなベースが活きる場でもなさそうだし、このまま行くとシンプルなフレーズやビートになるほど、ベースとしては辛くなる気がしました。

 

そして、その友人の全体的なフォームや弦の振動のさせ方など、3時間ぐらいにわたってああでもないこうでもないと研究していったところ、これまたびっくり。

別人のように太い音になったり、それだけグルーブも変わっていったり、互いに驚かされました。

 

やはり、ピックにおいても振動方向を意識することで音はかなり変わるし、押弦の甘さや楽器のホールド感の見直しをするのも凄く大切なことだと改めて感じましたね。

ギタリストならではのピックの使い方は非常に面白かったのですが、ベースでそれそのままやろうとしても、なぜなんだかしっくりこないという。

逆に、不器用なようでもベースらしさがある弾き方をした方が、はるかに良かった印象。

 

右前腕のボディへの当て方のちょっとしたコツや角度に手首の使い方、楽器自体を安定させ左手の押弦もより強力に確実にする方法、それこそ立ち方や姿勢、首や頭の位置など楽器に触れない部分も見直したり、足の使い方やリズムの取り方なども考えたり、その場で気付いたことはそのまま伝えてみた次第。

 

勿論、課題は色々と見つかりましたが、それだけにその効果も早く確実に出たように思います。

まぁ、その影響や癖が本業のギターの方にも出ちゃって困る可能性などもありますが、とりあえず、「ベースを弾く」という事に関しては、明らかにレベルアップしてたはず。

 

ちなみに、悪い意味で興味深かったのは、その友人が所有していたPJ仕様のベース、

「高音弦側と低音弦側で音が違うのが気持ち悪い」と言ってるのが面白かったかなと。

 

この現象ってほんと、いまだに放置されている問題と言いますか、位相特性やそのミックスの不自然さを考えれば当然な気がするんですよね。

今回の件でもやはり、PJのベースにはこういった違和感やデメリットがあるのだと再確認しました。

 

ジラウドのアクティブバランサーのような高性能なものが内蔵されていればいいんですが、インピーダンスの問題やそんなことなどまったく考慮されてないものでは、どうしても音がおかしくなってしまうのが現実です。

異なる種類のPUとPU位置とで完璧なミックスを実現するのは非常に難しい話。

音の好み以前に、PJ仕様のベースにはこういった注意すべきポイントがあるかと思います。

 

そして、さらにひどかったポイントは、アクティブなのにもかかわらず、インピーダンスの処理が適正にされてないことでした。

皮肉と言うべきか、「アクティブだからと安定・安心」だと油断するのは危険かもしれないと証明された事案のような気がします。

アンプ側の入力インピーダンス切り替えの影響が明らかでしたし、外部機器の影響を強く受けてしまっている事実にがっかりしました。

 

PJ仕様だったというのもありますが、こうなると音づくりも相当に難しくなりますし、初心者向けの価格だと諦めるにしても、あまりにも関心も良心もないものだなと失望した次第。

 

「音楽は理屈じゃない!魂だ!」と言うのは簡単ですが、残念ながら、実際に楽器を演奏するには様々な困難や課題も伴うわけです。

音が細いのには細い理由があるし、太い音には太い音の理由がある。

単純で簡単に思える8ビートの刻みなどでも驚くほどにグルーブは変わるし、むしろ、シンプルな方が奥が深く難しいとも言えるかもしれません。

 

ベースを人を教えてみると、その上達に驚くことが多かったりしますが、今回もやはり、短時間であんなに変わるものなのかと本当に驚かされました。

「これが俺のやり方だ!」とか、そうやってどこまでも自己流を貫くのもいいですが、素直に吸収して練習する人間が強いのも確かな気がした次第。

変われる人は短期間でも驚くほどに変われるものだと思います。

 

いやほんと、無闇な練習や遠回りばかりしてる自分にも、なにかが刺さる一日だったかもしれません。