Jiraud Slapper JFDT フルディスクリートプリアンプ

ジラウドのプリアンプ『JFDT』をアウトボード仕様にしたのがスラッパー。

 

名前からの印象だけだと、そのものずばり「スラップ専用」みたいに思われそうですが、実際は非常に幅広く対応可能な「高性能プリアンプ」として使用することが可能です。

 

純粋なバッファである同社の『アクセラレータ』とまではいかなくとも、スラッパー自体の入力インピーダンスが1MΩもある為、こちらもパッシブ楽器にかなり効果的。

ツマミがセンターでブーストもなにもしてない状態でも、通すだけで音は確実に生まれ変わる。

 

 ド派手な音のエフェクターとして使うのもそれはそれで潔くて分かりやすいですが、前述のように、パッシブ楽器に対するバッファとして使うのも凄く美味しい。

ちなみに、そのアクセラレータを搭載した『スラッパー2』という物もあるので、パッシブ楽器に対してはそちらの方がよりベストな選択になりそうです。

 

そして、2バンドのEQをより効果的に活用するなら、実は、カットした音も良いのがJFDTの魅力。

ドンシャリだのミドルがなくて使えないだの、よく勘違いされがちな気もしますが、それは過剰にブーストした音づくりを主にしてるからなんじゃないかと想像します。

ベースとトレブルのカットにより、ミドルを強調したサウンドをつくることも普通に可能。

 

すでに変な物を通して音が崩れていたり、楽器自体がそもそもおかしかったり、そんな状態ではどんな物を追加したところで、解決はしないんじゃないかと思います。

 

特にJFDTは、EQを動かす事による音量変化・素の音色変化が少ない印象な為、ピンポイントでどこかを特出させた音作りを狙うのは、逆に難しいかもしれません。

特定の帯域に強烈なピークを持たせたかったり、固有の音色を期待したり、そういった方向を求めるのであれば、扱いは難しくなる可能性も考えられます。

 

しかし、それはもはやただのエフェクターと言うか、他人がかってに作った音と言うか、ちゃんとしたプリアンプを求めるのなら、似て非なる物なのではないかと。

 

EQをカットしてもちゃんと使える音になるプリアンプがどれぐらい存在するか、極端なキャラやブーストで個性を主張する必要も無いことがどれほど実用的か、その扱い方が分かってくるほど、素晴らしい物だと気付くことができるはず。

 

プリアンプに対し、ついつい過剰な効果を求めがちになるのも分かりますが、あまり固定観念が強すぎたり視野が狭くなるのもどうかと感じるところ。

特に、縦振動のタッチの習得に興味があったり、すでにタッチにこだわりがあるのなら、機材側による過剰な味つけや音づくりに依存すべきではないでしょう。

 

と言いつつ、スラッパーの名が示す通り、分かりやすく超強烈なサウンドにするのも醍醐味だったり。 

スラップモードのスイッチを入れれば、尋常ではないブーストと音づくりも可能です。

一般的なプリアンプではなかなか実現できない伸び方をしてくると言うか、楽器本体も鳴っているなら、本当にとんでもない音が飛び出てくることになります。

 

自分は20年以上ベースを弾いていますし、20本以上のベースも所有してきました。

これまでの試奏本数についても、100~200本程度ではとても済まない身ですが、それでもいまだにジラウドとそのスラップモードを超えるような音には出会ったことがありません。

 

それぐらい次元が違ったし、それを体験したことがないってのはなんとも勿体ない話。

 

毎度言ってるようですが、実際に一度はジラウド店内で体験してみるのをおすすめします。

ネットで動画を見ただけとか、そこらに転がってるレビュー見て判断なんてつまらないですよ。

 

電気的なことに無知だったり、教養もなかろうがなんだろうが、とにかく一回弾いてみれば本格的なディスクリート回路の素晴らしさというのがよく分かると思います。

再生システムが良ければ超絶スラップ用セッティングでも耳に痛くない音になるし、低音も信じられないぐらい伸びてくると同時に高速に飛び出てきてくれます。

 

レンジが狭かったり立ち上がりが悪かったりするから、結果的に妙なピークが生まれると言うか、そういう物を基準に考え、「JFDTは扱いづらい!」とか「あのプリアンプは癖が強い!」なんて考えるのは、正直、かなり違和感を覚える次第。

 

元々の基本特性が悪いところをスタートにするのはどうなのかと。

 

そもそも、スラップモードにしても、単純なドンシャリサウンドを作るのが目的ではないのが本当のところ。

どうやっても中域山なりの波形になってしまいがちなマグネットPUの特性、それをワイドレンジにフラットな波形にするという働きをするという。

 

だから実を言えば、ピエゾとはまた違うアコースティック感が得られる物だったりもするわけですね。

ピエゾ特有のシャリシャリした印象とは異なり、非常に力強い音なのが魅力的ですし、ベース弦の倍音というのはこんな綺麗なものなのかと驚くかもしれません。

 

高品質なバッファとして使うも良し

実用的で渋いプリとして使うも良し

派手なエフェクターとして使うも良し

内蔵して手元で多目的に使うも良し

 

とにかくこれほど奥深く凄いプリアンプも他にありません。

 

巷に存在するドンシャリサウンドとか、いかにレンジが狭いかしょぼいか、無闇やたらに「パッシブ」という言葉に固執することがどれほど理にかなってないか、JFDTの扱い方の研究をするだけでも、実に様々なことに気付ける。

 

スラッパーを持ってるなら、ネオパッシブの楽器などと組み合わせて使っても面白いし、シンプルに見えるようだけど、本当に幅広い可能性を持っているんじゃないかと。

 

個人的な話で言えば、よくある冷蔵庫系のアンプが苦手だったりするのですが、それもJFDTを使用することでかなり助かっています。

リハスタやライブなどで、あれ系のアンプに遭遇する可能性が高いと考えると、JFDTの使い勝手の良さとワイドレンジで癖のない特性は心強い。

 

タッチレスポンスに優れている意味でも、これ以上の物はないと思うし、あれこれ繋げたりいじったり、そうやって後付けで何とかしようという気もなくなってくるかなと。

 

荷物は軽くなるし、セッティングも楽だし、経済的だし、とにかく美味しい。

繰り返すようですが、『スラッパー』という名から敬遠するのは絶対もったいないです。

 

「オリジナルハンドメイドフルディスクリートベースプリアンプ!」

 

そんな感じで認識すると、何だか無条件に凄い物な気がして良いかもしれません。

と言うか、誇張でもなんでもなく、実際そうじゃないかと。